スマホ月額料金を断捨離したいなら、ワイモバイルスマホにした方が圧倒的にいい理由

スポンサーリンク

私は以前スマホを使用していたのですが、料金の高さに嫌気をさしてガラゲーに戻していました。

ネット接続をしなければ、月に1,600円と格安なのですが、外出先で調べたいことがあるとき情報を調べられなくて不便さを感じていました。

そこで今回、格安スマホのワイモバイルに乗り換えを検討して、店舗で相談すると、ネットでのシュミュレーション通り、格安でスマホが持てることがわかりその場で乗り換えの手続きをしてきました。

スマホの料金が高く格安スマホに乗り換えを検討している方に参考になればと思います。

3大キャリアのスマホ料金は高すぎて、月の支払いが負担になる

大手スマホ会社のドコモ・au・softbankのスマホ料金が高いですね。

私はauを利用していて、子どもが生まれるまではスマホを使っていました。

ただ、月に7千円の料金が負担で3年ほど前にガラゲーに戻しています。

ネットを一切使わなければ、月1600円程と格安で使えるのですが、スマホ全盛のこの時代外で情報を検索できないのは不便極まりないですね。

スマホの一番安いプランにすれば安く使えないかと検討しましたが、基本料が高いため減らても、月額5千円はかかってしまいます。

ほとんどネット回線を使わない人にとってスマホ料金は高すぎると思います。これはauだけではなく、ドコモでもsoftbankでも同じことでしょう。他の携帯会社に乗りかえたら安くなるのではないか?と比較してみましたが、同じような料金プランでしたのでさほど変わりはなかったです。

これは当然のことで、3大キャリア会社はお互いにシェアを奪い合っていますので、料金もプランも比較的同じになりやすいです。なぜなら、1社が格安料金にすればそこにユーザーが流れていきます。他の2社がそれを防ぐには同じ料金に下げなければいけません。

利益の削りあいはどの携帯会社も避けたいので、同じような料金に暗黙のうちに落ち着くようになっています。これはネットを頻繁に使うヘビーユーザーなら高いスマホ料金でも仕方ない部分がありますが、ネットを大して使わないライトユーザーから携帯会社は料金を取りすぎではないのかと、私は思っています。

3大キャリアでスマホを持つのは月額料金的に難しいと考え格安スマホへの変更を検討してみました。

スポンサーリンク

格安スマホ会社は多すぎて比較してもどこがいいのかよくわからない問題

格安スマホ会社比較で検索すると多くの比較サイトが出てきます。現在16社の格安スマホ会社があり、そのすべてを比較しているサイトは少なく、ほとんどのサイトは数社を比較してその中でランク付けしている状態です。

これだと比較する会社がサイトごとに違っていて、実際どこの会社が一番お得なのかわかりづらいです。私は色々検索しましたが、結局よくわからないなという結論になりました。人は数個のうちから一つを選択することはできますが、10数個から一つを選ぶのはかなり大変です。

スマホの場合比較する基準が多岐にわたるのでなおさら混乱してしまいます。このままでは格安スマホに乗り換えるのが難しいと考え、自分の中で選ぶ基準を整理してみました。

  • 店舗で契約できる格安スマホ会社がいい
  • 電話とネットが必要
  • 通話は定額か数分間無料の格安スマホ会社がいい
  • データ量は最低でいいので月額料金を3千円以下におさえたい

始めての格安スマホへの乗換えです、やはり店舗で相談して納得して決めたいです。それに故障、不具合があったときネットだと端末を修理に出している間、携帯電話が使えない不安があります。

私はほとんどプライベートで電話をかけないのですが、それでもちょっとした用件で電話をすることはあります。格安スマホに乗換えても、月の電話料金が高くなっては意味がありません。できれば、定額制か月何十分まで無料のプランがあれば安心です。

色々検討すると、私にはY!mobileがベストではないかと思い、Y!mobile店舗に相談に行ってきました。

私がY!mobileにした理由とメリット

実は私がY!mobileした一番の理由が友人が使っていて、CMで宣伝している金額しかかからない、使っていて不便なことはないと聞いたことです。親しい人からの情報を聞くのが一番安心感があります。

店舗に相談に行き乗り換えを決めた、メリットとしては

  • スマホ携帯・固定電話への通話は10分間無料(月300まで)
  • 今なら月額1,980円(1年間、1GBのプラン)
  • 2年目からはずっと2,980円(1GBのプラン)
  • 今なら2年間データ量2倍
  • 2代目から1台-500円で家族でもお得
  • ソフトバンク系列なので倒産の心配がない
  • 月+1,000円で掛け放題にできる

10分間無料というのは結構お得だと思うんですよ、長い話になったら1回切って掛けなおせば無料で使えます。300回もあれば使い切ることはほとんどありません。auは5分間は無制限で無料ですが、5分なんて用件だけでも直ぐに過ぎてしまいます。ワイモバイルの方がお得なのがこれでもわかります。さらに1,000円払えばどれだけかけても無料になります。

2年間はデーター量が無料で2倍になっているのもうれしいですね。使わないつもりでも、月によっては多く使ってしまうこともあるかもしれません。無料ならもらっていても損はないです。

家族全員がワイモバイルに変更するのもメリットが高いです。2台目からは1台ごとに-500円割引されます。4人家族なら―1,500円ずっと割り引いてもらえます。

ワイモバイルはスマホの月額料金が格安なので、3大キャリアの割引額より小さくてもお得感は高いのです。格安スマホ会社がこんなに多くなると、利益が出なくて撤退する企業も出てくる可能性がありますが、ソフトバンク系列なのでその心配もありません。

あれだけテレビCMをバンバン流しているのはソフトバンクで取り込めない顧客をワイモバイルで取り込もうという戦略があるのだと思います。

AUからワイモバイルへの乗換えで実際どのくらいの料金がかかるのか?手続きにかかる時間

私は店舗で相談して、納得したらそのまま乗換え手続きができるように、番号ポータビリティ手続きに必要な番号をAU会社に電話で聞いています。携帯ショップに行っても教えてもらえますが、行く手間や店員に引き留めれれるのも面倒だと考え電話ですましています。

実際に乗換えにかかった金額としては

乗換えで支払う項目金額
誰でも割り解約料9,500円
事務手数料(AU)約3,000円
事務手数料(ワイモバイル)約3,000円
合計約16000円程

誰でも割りは更新月以外に解約するとかかる費用です。更新月に解約すればかかりません。事務手数料はどうしてもかかりますので仕方がないと割り切るしかありません。

ワイモバイルの場合これ以外に契約時5,500円の入金が必要になりますので、注意が必要です。ただこの金額はお勧めパックに加入すれば無料になります。

項目金額
故障安心パックプラス月690円
Enjoyパック月500
スマートフォン基本パック月500円
スマホプランM(3GB)に最低加入+1000円(1GBより)
合計2,690円

携帯会社お得意のオプションですが、初月無料で2か月目には解約できるのでただ5,500円支払うよりは加入した方がいいです。故障安心パックプランは故障時には無料で修理できますし、破損時格安で交換できます。新品の間はしばらく契約していてもいいと考えています。

他の2つのパックは1月分1,000円がかかりますが、2か月目には解約してもいいので解約するつもりです。このお勧めパックはスマホプランMかLでしか契約時の入金金額5,500円が割引できないので、2か月目になったらプランを1GBに戻そうと考えています。

機種を選ばなければ2年間使用で、機種代金は実質無料で使うことができます。手続きは1時間半ほどで完了しています。

注意しないといけないことは、ワイモバイルの店舗は小さいので店員も少ないことです。私が行った店舗は窓口が2つしかなく店員も2人だけなので、土日や夕方だとお客が大勢来て混雑することが予想されます。

できるだけ平日の昼間に行った方が待ち時間なく、手続きすることができます。電器店でも手続きできますのでそちらを利用することもできます。

スマホと光回線は相乗効果が高いので加入した方がお得です

スマホを持ち、家庭でも光回線を持つとお金が掛かってしまうイメージがあると思います。確かに光回線はどこも月に5,000円はかかりますので、スマホ料金を合わせると1万を超えてしまします。

格安スマホと組み合わせても8千円ほどかかってしまいます。それだと格安スマホにした意味がないし、スマホもそんなにデーター量を使わないから光回線までいらないと考えるかもしれませんが、あまり使わない人でも実はアプリの更新、アップデートをアプリが自動でやってしまうのでかなりのデーターを使ってしまう可能性があります。

月のデーター量を超えてしまうと、新たにお金を払いデーターを買うか、極端に遅く使い物にならない速度で使う必要があります。データー量を購入してばかりいると格安スマホにした意味がなかったと感じるかもしれません。

光回線の場合データー量制限がないので使い放題というメリットがあり、しかもwifiで電波を飛ばせばスマホも光回線で使用できます。普段はデーター更新をできないように設定していて、自宅でwifiで更新するということもできます。アプリのダウンロードもデータ量を使いますが、wifiなら制限なくいくらでもダウンロードできます。

これは8GB、10GBなど多くのデータ量を使うプランでも同じです。このプランを契約している人は動画やゲーム、アプリのダウンロードを頻繁にする人ですので、毎月十分なデータ量があると安心していると、意外に直ぐにデータ量が足りなくなります。

自宅では光回線でwifi通信で使用していれば、外ではデータ量を心配せず思いっきり使用することができます。

 

まとめ

今回ワイモバイルに機種変更をしたので、その時にかかった費用や手続きについて記事にしてみました。私の場合はauスマホは月額料金が高すぎて手が出なかったので、違約金+手続き事務料金1万6千円を支払ってもお得な選択だったと考えています。

ただ解約料1万円はかなりの痛手だったので、更新月に変更すればよかったなと後悔しています。携帯会社の乗換え手続きは直ぐにできますので、これから検討するなら更新月にした方が無駄な出費を抑えられていいと思います。

ワイモバイルに乗り換えるメリットはこちらのサイトで詳しく確認できます。