格安スマホ・ワイモバイルを使った感想と光回線の組み合わせのメリット

スポンサーリンク

3大キャリアからワイモバイルスマホに乗換えた記事を以前書きましたが、数週間使ってみた使用感を記事にしてみようと思います。格安スマホに興味があるんだけど、大手通信会社から乗換えるのは不安だという方に、メリットを伝えたいです。

格安スマホ会社、ワイモバイルスマホに変更した感想

格安スマホ会社に乗換えるとき、スマホ料金が格安なぶん何か不便さがあるんじゃないのか?電話がつながりにくい、ネットが切れやすいのかと少し不安を持っていましたが、数週間使用してみてそんなところは全くなく、3大キャリアのスマホと使い勝手は変わりません。

ワイモバイルはソフトバンクの系列会社なので、ソフトバンクと同じなのでつながりにくいことなんてあり得ないんですよね。これで1GBプランだと1年間は1000円割引で1,980円で使うことができ、2年目〜2,980円で使い続けることができます。

これってすごくないですか?我が家は以前、夫婦でauガラゲーを使っていて、auスマホに変更しようと検討しましたが、1GBプランでも一人6,000円くらいはかかってしまうので、あきらめた経緯があります。

これはauだけでなく、ドコモもソフトバンクも同じような料金設定です。

スポンサーリンク

ワイモバイルスマホに変更して感じたメリット

私がワイモバイルスマホに変更して感じたメリットとしては

  • 1GBプランなら格安でスマホが持てる
  • 電話は10分以内なら月300回まで無料
  • 月に+1,000円で固定電話、携帯電話に無制限に電話できる
  • プランがシンプルで迷うことがない
  • ワイモバイル店舗があるので疑問があった時に対面で相談できる
  • 格安スマホでも携帯メールアドレスが持てる(@ymobile.ne.jp)

とにかく値段は圧倒的に安いです。以前auガラゲーでネットを一切使わないと月に1,800円でしたので、1GBプランなら1年目は同じ金額で使用することができます。ネット検索だけなら1GBプランでデーター量を超えることもないですから。

他社の格安スマホでもっと安いところもあるんですが、無料通話がついていない所が多いです。格安スマホはほとんどが電話料金20円/30秒と結構な金額がかかるので、10分も話すと400円もかかります。ちりも積もれば何とやらで、せっかく格安スマホなのに月の料金が1万近くになってしまったということもあり得ます。

ワイモバイルなら10分間通話無料で月300回利用できます。3,000分なので50時間、月にそんなに話す人なんてめったにいないと思います。10分を超えたら通話料金がかかりますが、家族や友人なら一度電話を切って掛けなおせばいいです。さすがに仕事関係で10分ごとに切るのは難しいなら、+1000円で掛け放題にすることもできます。

基本料が安いので、1000円余計にかかってもさほど負担にならないですし、後は通話時間を考えずに電話できます。仕事でも、友人、家族とも掛け放題で何時間でも話せます。

選択するプランが1GB、3GB、7GBと3種類しかなくオプションもシンプルなので選ぶのに困らないです。これが以前使っていたauだとプランがありすぎ、オプションも複雑です。そのうえキャンペーンが時々あり、プランも微妙に変更になるので、auショップで店員に聞いても完全に理解できないことが多くありました。

人間は選択肢がありすぎるとかえって選べないんですよね。それならシンプルにして、そのプランの中で使いたい人だけ契約してくださいという方がスッキリしますし、消費者もわかりやすいです。

格安スマホの中にはキャリアメールが持てない会社もあります。キャリアメール自体、将来的には必要がなくなっていく存在だと私は思っています。ただ、現在会社の業務の連絡を、キャリアメールで送ってくる所もまだありますので、あった方が便利です。

ワイモバイルスマホを使ってみてのデメリットと感じるところは

私がワイモバイルスマホを使っていて不便だと感じるところはほとんどないのですが、中には不便と感じる人もいるかもしれないと思う部分は

    • ワイモバイル店舗は数が少ない
    • 店舗の従業員が少ない
    • サポート体制は3大キャリアより弱い
    • 10分を超えると通話料金が高い(20円/30秒)

サポート体制が弱いのは仕方ない部分があります。格安でスマホを提供しているので、削れる部分は徹底的に削らなければ利益を出すことはできません。経費削減効果が高い人件費を削るのは企業として当然です。

格安スマホに3大キャリア並みのサポート体制を求めるのは難しいので、そこは割り切って選んだ方がいいと思います。

格安スマホと光回線は組み合わせるべき

格安スマホに切り替える人はデータ量が少ないプランを選ぶ人が多いと思います。そうすると心配になるのがデーター量を超えてしまわないだろうか?ということだと思います。

いくらサイトしか見ないとしても今のサイトは画像も表示されていますので、文字だけよりもデーター量は大きいです。スマホに入っているアプリも定期的に更新しますので、そのたびにデーターを使います。

あまり使わないつもりでいても、興味あるアプリをダウンロードして使っていると直ぐに1GBを超えてしまいます。容量を超えた後は極端に通信速度が遅くなりまともに使うことができません。仕方ないのでデーター量を買い足していると余計な出費につながってしまいます。

心配だからデーター量の大きいプランにすると、せっかく格安スマホにして月額料金を下げた効果が低くなってしまいます。この問題を解決する1番の方法が自宅に光回線を設置することです。

光回線は高速でデーター制限のない唯一の通信サービスです。最近は高速モバイルデーター通信をしきりに宣伝していますが、光回線にかなうものは今のところありません。それにデーター通信は自宅の電波状況によって遅くなったり、最悪電波が届かいケースもあります。

電波が届くから心配ないと安心していたら、近くに高い建物が建設されて電波が来なくなって使い物にならないということが普通に起こります。自宅では光回線を使い、アプリのダウンロード、ゲームをして、外ではデーター通信を使えば1GBで十分足りると思います。

特に家庭のある人なら、家族全員家では光回線wifiを使えば、データー量の節約効果は大きいです。以前は光回線は高いイメージがありましたが、今なら5千円ほどですから、3大キャリアでスマホを家族全員持っていると考えれば、光回線+格安スマホの方が圧倒的にお得ですし、家ではデーター量を気にしないで、使いたいほうだいです。

ワイモバイル4台とソフトバンク光で光回線がほとんどタダで使用できます

ワイモバイルはソフトバンクの系列会社のため、ソフトバンク光に加入して指定されたオプションを付けると、ワイモバイルスマホ料金が割引になります。

●戸建て住宅の場合

ワイモバイル回線割引額
1台500円
2台1,000円
3台1,500円
4台以上5,200円

●集合住宅(マンション)の場合

ワイモバイル回線割引額
1台500円
2台1,000円
3台以上3,800円

戸建てだと家族で4台以上スマホを持っていれば、ソフトバンク光回線料5,200円が割引きで0円になるのでお得だと思います。マンションなら3台以上で3,800円割引きでお得です。

ただこれには条件があって、指定されたオプションを3つ付けなければいけません。

  1. 光BBユニット(467円/月)
  2. wifiマルチパック(990円/月)またはwifi地デジパック(990円/月)のいずれか
  3. ホワイト光電話(467円/月)または光電話(500円/月)またはBBフォン(0円/月)のいずれか

注意しないといけないのが、割引きを受けるためには1,2,3から一つずつ加入する必要があり、ずっと加入し続けないと割引が継続されません。最低でも、月1,367円かかりますので、戸建て4台以上5200円割引、マンション3台以上3,800円割引を受けれないと加入する意味はないと思います。

戸建てでワイモバイル回線4台以上で、実質光回線料がタダになるところ何て他にはないですから、ワイモバイルスマホ4台+ソフトバンク光にするべきですよ!1年目なんて全部で1万円もかからないんですから。

3大キャリアスマホでデータ量が多いプラン1台分の値段で加入できます。2年目からスマホ1年割引がなくなりますが、それでも1万3千円ほどですから、お得感はかわりません。

まとめ

今回はワイモバイルスマホに乗換えて数週間が過ぎましたので、格安スマホを使ってみての感想を記事にしてみました。スマホは格安メーカーのものでも使っている分には不便さは感じません。

スマホは世界中で使われているので、普通に使う分には機種によって違いはさほどありません。ほとんどアプリをダウンロードして使っているのだから、どれでもいいんじゃないのかというのが私の意見です。

それなら、高いお金を毎月支払って3大キャリアのスマホを使うよりも、格安スマホを利用した方が家計にもやさしいと思います。私の知人で夫婦2人で毎月2万のスマホ代がかかっているという家庭があります。

よく通信費が高額で生活が大変だとこぼしているので、ワイモバイルに変更してはと勧めてみましたが、格安スマホは不安だとかドコモをずっと使っているから変更したくないと乗りかえることはなかったです。

本人の自由だから他人がとやかくいうことではありませんし、その選択が間違っていると思いません。大手の方がサポート体制は安心ですし、格安スマホ会社はスマホ事業から撤退する可能性だってあります。

ただ、ワイモバイル2台+光回線にしても1万円はかかりません。残ったお金で毎月家族で外食ができますし、子どもに習い事をさせてもあげられます。1年間貯めれば、家族旅行に行けます。子どもをディズニーランドに連れていけば大喜びしてくれるでしょう。

お金を使うなら、子どものためになったり、楽しい思い出が残るものに使いたいですね。

記事の最後は格安スマホ+光回線押しになってしまいましたが、家族で使うならその組み合わせがベストだと思っています。私はワイモバイルの1GBプランです。子どもが家でゲームアプリを色々ダウンロードして使っていますが、wifi通信なので使い放題です。

使い始めて2週間で1GBの容量のうち使ったのは156MBという少なさです。家で光回線を使っていれば、最低のデータープランで十分なんですよ!無駄な基本料を払う必要はないです。

コメント

  1. 初めまして
    人気ブログランキングから来ました。
    比較検証サイトはう体制が要求されますが
    貴サイトは参考になるくらいよく書かれていると
    勉強になりました。
    これからも期待して訪問させてくださいね

  2. masahiro より:

    ランキングから来ました。
    よーく分かりました。
    検討します。
    ありがとうございました!

  3. YMS より:

    格安スマホにはとても興味があるのですが、うまく使いこなせるのかわからなくて、そのまま何もしないままになってしまっています。
    うまく光回線などと組み合わせることができるとかなりお得なようですね。
    私も見習いたいと思います。
    とても参考になりました。
    ありがとうございます。