2階に無線ランの電波が届かないなら、新しい無線ルータに交換したほうがいい理由

スポンサーリンク

最近wimaxからau光にネット回線を変更しました。ただ無線ルータはwimaxに接続して使用していた1年半前購入したものを、そのまま使用していたのですが、2階でパソコン、スマホをwifiで使用していると電波が突然切れたり、電波が弱くなってまともにネット回線が使用できなくなっていました。

そこで二階の階段上がりに無線ラン中継器を設置するか、今持っている無線ルータよりワンランク上の無線ルータを購入するのがいいのか悩んだのですが、ワンランク上の無線ランルータを購入してみると2階でも快適にネット回線を使用できるようになりました。

もしあなたが光回線にしたのに速度が遅い、ルータから距離が離れると電波が届きにくいと悩んでいるなら、無線ルータを交換すれば快適にネット回線を利用できるかもしれません。

1階に設置している無線ランの電波が2階に届かない問題

我が家はリビングに光回線を引いていて無線ランをリビング階段近くに設置しているのですが、2階でノートパソコンを使用していると速度が急に遅くなったり、回線が切断されたりしてネット回線が快適に使用できない問題がありました。

リビングで使用する分には問題はないのですが、ネットで検索して調べたり、家電量販店でスタッフに相談してみると無線ランは横と上には電波が飛びやすく強いが斜めは苦手としていて、階段下に設置していても階段で電波が阻害されて2階に届く電波が少なくなってしまうそうです。

無線ランの電波の特性

無線ラン中継器にするか、ワンランク上の無線ランを購入するか

問題を解決する手段としては

  • 無線ラン中継器を2階階段付近に設置する
  • 今の無線ランよりワンランク上の無線ランを購入する

家電量販店でパソコン担当のスタッフに何度か聞いたのですが、どちらを選択しても確実に2階に電波が届くとは限らないそうです。電波が届く距離は電波法で決まっていて数字が低く安価の無線ランでも、数字が高く高価な無線ランでも変わりません。

ただいまは光回線や、動画の視聴で一度に多くのデーターをおくらないといけません。安価な無線ランでは高画質などのデーター量に対応できないため、ある程度の値段の無線ランを購入した方がいいです。

スポンサーリンク

無線ラン中継器のメリットデメリットとは

無線ラン中継器は無線ランの電波が届きにくい、あるいは届かない2階などに階段途中や、階段上廊下に設置することで無線を届かせることができる機器です。

無線ラン中継器のメリット

  • 無線ランの電波の届かない場所まで電波を飛ばせる

電波が届かないといってワンランク上の無線ランを購入しても確実に電波が届くか保障はありません。無線ラン中継器なら2階の階段付近に設置しておけば、そこで無線ランから電波を受信して、中継器が同じ階の部屋の隅々まで電波を飛ばすことが可能になります。

無線ラン中継器のデメリット

  • 安定的に電波を飛ばすことができるかわからない
  • 無線ランが高性能でも、中継器の性能が低いと一度に多量のデーターをおくることができない
  • 無線ラン中継器は無線ランとさほど変わらない値段

無線ラン中継器がきちんと作動しても安定的に電波を飛ばすことができるか購入してみないとわかりません。また無線ランよりは安価なのかと思いきや、ほとんど変わらない値段で販売しています。

我が家の場合は無線ランの性能が低いのが原因だと考え、高性能の無線ランを購入してみて、それでも2階に電波が届かないようなら、中継器の購入を考えることにしました。

中継器はほとんどのメーカー品がある程度の性能だと5〜6千円くらいしていましたが、唯一手ごろな値段で販売している会社です。無購入した無線ランで電波が届かなかったら、購入しようと検討していました。

無線ランを買い替えるメリット・デメリット

価格が安いからといって数字の低い無線ランを使っていると光回線を引いていても、その性能を生かしきれません。今は1万円以内で光回線のデーター量に対応した無線ランが購入できますので、ある程度の性能の無線ランを使うことで快適なネット通信ができます。

ただ、高性能の無線ランでも家の壁などの影響で1階から2階へは電波が確実に届く保証はないので、届かない場合は無線ランを置く位置を変えてみたり、中継器を設置することを検討した方がいいでしょう。

無線ランどのくらいの性能を購入した方がいいのか

性能価格
300Mbps2〜3,000円
433+300Mbps3〜4,000円
866+300Mbps5〜8,000円

1300+650Mbps

1300+450Mbps

8〜18,000円

数字が高いほうが性能が高いのですが、オンラインで高画質のゲームをするのでなければ光回線データ対応の866+300Mbpsで十分だと思います。

後は利用推奨環境(例:2階建て、3LDK、3人家族)を確認して購入するようにしましょう。3階建てなら、1300+450Mbpsが推奨されていることが多いです。

最新の無線ランにはビームフォーミング機能が付いています。これはスマホのように家の色々な場所で使うものにも、優先的に電波を飛ばすことができる機能です。

家電量販店のスタッフはなくてもさほど違いがないのでは?と言っていました。値段的にはないものより高くなりますので、予算を考えて必要だと思えば選択したらいいと思います。

無線ランを購入してどのくらい通信速度が上がったか

会社性能値段
NEC433+300Mbps3,600円
ELECOM866+300Mbps5,600円

私が購入したのはELECOMという会社の866+300Mbps、光回線対応、ビームフォーミングの製品です。

実際に無線ランを買い替えるとどのくらい回線速度が変わるのか?測定してみました。

433+300Mbps無線ランの回線速度

1階

無線ラン速度1階

2階

無線ラン速度2階

866+300Mbpsの回線速度

1階

購入した無線ラン1階速度

2階

購入した無線ラン速度測定2階

見てもらえばわかる通り、かなり回線速度が上がりました。悩まされていた回線速度の低下や切断も起きなくなり2階でも快適にネット通信ができるようになっています。

まとめ

現在使用している無線ランが2階だと回線が切断や遅くなることに悩まされていたので、性能の高いものに買い替えてみました。

買い替えてみると、回線速度が高速になり2階でのネット環境が快適になりました。これならもっと早く買い替えればよかったなと今では後悔しています。

ネットが遅かったり、回線が2回まで届かない人は無線ランの性能が低いことが原因かもしれません。今なら2階建てなら5〜8千円程で性能の高い無線ランが購入できますので、買い替えを考えてみてはいかがでしょうか?

別の記事に書こうと思っていますが、私が購入したELECOM社製の無線ランは、無線ランの設定に詳しくないのならお勧めできないと思っています。

ELECOMの無線ランは自分でパスワードを設定しないといけないため、手間がかかりますし、初心者には自分で接続するのも非常に大変になるかもしれません。

値段がNECやBUFFALOよりも安いのは魅力ですが、初期設定の手間を考えるとお勧めできません。

やはり大手であるNECやBUFFALOの方が初期設定が楽なので、詳しくない人や、手間をかけたくない人はそちらを選択した方がいいです。

Amazonなら格安で販売している会社も多いので、購入するならネット販売を利用するのもいいかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする