宝くじをあてる方法はあるか、必勝本で本当に当たると思いますか?

スポンサーリンク

本屋で雑誌コーナーにロト6攻略本がかなりの種類ならんでいて、あっけにとられてしまったので記事にしてみました。皆さんは宝くじの攻略本はほんとに当たると思いますか?

本屋の雑誌コーナーにロト6攻略本が並んでいて思うこと

今日本屋に立ち寄ってみたのでブログのネタになるような情報はないかと色々な雑誌を見ていたのですが、ギャンブルコーナーをみると、ロト6攻略本が何冊も並んでいたので、あっけにとられて呆然としてしまった。

皆さんは攻略本を見たことはありますか?私はこのたぐいの本が好きでないです。パチンコ攻略本や、パチスロ攻略本は別で、これらは設定の見極めや、クギの読み方で勝率を上げることが可能ですから、一部のオカルト攻略本以外は意味があると思っていますし、パチスロをやっているときは毎月購入していました。

ただ宝くじの攻略本は読んでも当たる確率は1%も上がらないので、それをさも当たる攻略法があるようなことを書いて本を買わせようというのが、いかがわしさがあり好きになれないです。購入者がオカルトだと自覚して楽しんでいるならそれでもいいのですが、多くの人は攻略本を買うことで当たるのではないかと期待しているように感じます。

スポンサーリンク

宝くじに攻略法などあるのだろうか

普通の宝くじは連番かバラの番号を選ぶしかないですし、自分が買う宝くじ売り場にある中からしか選ぶことができないのですべての番号から好きな番号を選ぶことはできません。その中で購入者ができることは

  • 高額当選が何回も出ている売り場で購入する
  • 高額当選者のやり方をまねする

これぐらいでしょう、攻略本でも書くことはないので、当選が何度も出ている売り場の特集か、高額当選者がどんな人が多いのか、買った宝くじはどこに保管するといいのかくらいしか書いてないでしょう。

ロト6には攻略法があるのか

1から43までの数字を機械が無作為に抽出していますので、毎回当選番号は違います。購入者は自分の好きな番号を6個選ぶことができそのあたりの数字で1〜5等が決まります。

  • 当たりやすい当選番号を選ぶ

購入者ができることは当たりやすいと思っている番号を選ぶことです。必勝本では購入者が番号を決められるので売り場はそんなに意味がないので、どの番号があたりやすいのか特集していることがほとんどだと思います。ロト6の回数はまだ少ないのでランダムでもたまたま偏りが出て出やすい数字と、あまり出ない数字があります。

  • 1位 27、160回
  • 43位 9、119回

回数が少ないとこのくらいの偏りが出てしまいますので、差が大きくなります。攻略本はこの差を提示して出やすい出にくいと書いていますが、試行回数を重ねると差はほとんどなくなります。つまりきちんとランダムに抽選していれば出やすい数字などないのがわかり、過去の番号も意味がなく、法則などもありません。

ただロト6は宝くじとしては自分ですべての番号を選べるので、楽しんでやる分にはありなんじゃないかと思います。私も子供の誕生日を語呂合わせしたり、好きな数字を組み合わせて買うときがありますから、当たったことはないですが‥。

TOTOに攻略法はあるのか

TOTOのみは宝くじの中で唯一予想ができるくじだと思っています。Jリーグの試合を予想するので、サッカーに詳しければ強いチームでも戦術的にこのチームには弱いなという予想ができたり、主力が警告で次の試合出れないから勝てないという予想もできます。

購入者もそういう予想をするので、必勝本でチームの情報を集めることが必要になるでしょう。

必勝本を買うことの意味を考えてみよう

本人が楽しんで買っているのならそれでいいのですが、必勝本を買ってあててやろうと思っているなら、1度宝くじがどのように当選番号を抽選しているのか調べてみることをお勧めします。そうすれば、必勝本を買ってあたるなんてことが、不可能なことが理解できると思います。

それなら本を買うお金で宝くじを買った方が可能性が上がります。

まとめ

宝くじの必勝本を本屋で見て、何でこんないい加減な本を売っているんだと疑問に思ったので記事にしてみました。置いてあるということはなかには購入している人もいるのだろうと思います。

購入している人が、オカルトだとわかって楽しんでいるならありなんですが、本気でこの本で研究して宝くじをあててやろうと思っているのなら、宝くじというものがどんな抽選方式であたりを選んでいるのか理解した方がいいと思います。そうすれば、無駄な雑誌を買うことがバカらしくなりますし、無駄だと理解できます。

ここまで読んでいただきありがとうございました。