家庭の水道費節約を可能にする節水シャワーヘッド!

スポンサーリンク

こんにちは、じょんのびです。

我が家では毎月平均6,200円の水道料金がかかります。これを少しでも減らせないのか?検討してみたので書いていきたいと思います。

水道料金の節約を考えてみる

我が家の毎月の水道料金平均は6,200円です。総務省の家計調査では(平成25年4月)全国の2人以上の家庭の平均水道料金が月平均5,071円、自治体によって料金は違うとはいえ、我が家は夫婦2人と小学校前の子供で平均を超えているので少し使いすぎではないかと考え節水を考えてみようと思います。

家庭での水道使用の割合はどうなっているの?

まず節水を考えてみるにはどこで水を一番使っているのかを知らなくてはいけません。戦いに勝つにはまず敵を知れ!です。

場所

割合
トイレ28%
風呂24%
炊事23%
洗濯

17%

洗顔8%

家庭の水使用割合平均

これを元に各場所で水道使用量を削減できないのか?検討してみました。

トイレは節水できないのか?

家庭での水道使用量が28%とほぼ1/3を使っていますので、ここを削減できるなら大きいです。

  • レバーのチェーンを調節して水量を変更する
  • 節水グッズを購入する
  • 大・小レバーはきちんと使い分ける

新築時、我が家のトイレの水量は小でもものすごい水量になっていて、さすがに流れすぎだろうということでレバーにつながるチェーンの長さを調節しています。これでかなり水量を抑えることができるようになりました。節水グッズについては購入して使っている方がいたら申し訳ないですが、その効果について疑問を持っていますので、購入することはないと思います。

大小レバーは使い分けてますか?小の時に大で流していると水の無駄になりますので、注意してください!逆に節水だと思って便の時も小で流していると、詰まってしまい修理代がかかる恐れがありますので絶対にやらないでください!

トイレの節水で検索するとタンクにペットボトルを入れると節水になるという記事が出てきますが、これは絶対にやらないでください!タンク内の部品が破損する恐れがあります。

スポンサーリンク

風呂の節水をする方法

次に24%と多い風呂について考えてみましょう。

  • 自動で湯船にたまるお湯の量を最低にする
  • 熱い時期はシャワーで済ませる
  • ストップ機能の付いたシャワーヘッドに変更する
  • ストップ機能の付いた節水シャワーヘッドに変更する

湯船のお湯の量は最低に設定することをお勧めします。1日でわずかな量でも1年ならかなりの量=金額になります。夏場はシャワーで済ませてもいいのではないでしょうか?日本人なら湯船につかりたいと思うかもしれないですが、湯船に入ると体の体温が上がってせっかく風呂で汗を流したのにまた汗をかくということになります。

私がお勧めしたい!ストップ機能付きの節水シャワーヘッド

我が家ではストップ機能付きのシャワーヘッドを使用しています。新築の時に営業の方に勧められて2,000円程度なので購入したのですが、思ったよりもシャワーヘッドにストップ機能が付いていると便利です。ちょっとしたときにわざわざレバーでお湯を止めることはないですが、手元にあると頻繁にOn、Offを切り替えて使っています。

ただわたしが、これから購入を検討している方にお勧めしたいのはこれではありません。今売り場でも主流になっているタイプはストップ機能付きの節水シャワーヘッドです。メーカーによっては年間24,440円節水効果があるとうたっているものもありますので、そんなに高いものではないので購入を検討してみてはいかがでしょうか?そのときは必ずシャワーヘッドにストップ機能が付いたものを購入してください。これがあると節水効果が上がります。

勧めておいて申し訳ないですが、我が家はまだ購入できていないです。家計が苦しいこともありますが、私が購入したいタイプがメタリックタイプなので普通のタイプより+2,000円くらい割高になります。普通のタイプなら4,000円台で購入できるのですが、どちらを選ぶのか決めかねている段階です。メタリックだとかっこいいんですが、見た目だけなのでいらないといえばいらないですよね。皆さんは普通タイプを検討してみてはいかがでしょうか?これなら4,000円台で買えば直ぐに元も取れると思いますし、amazonなら39%OFFで2,627円です。

炊事の水の使用量を減らす!

私はほとんど炊事を行わないので、何とも言えないのですが、水道使用量を減らすことを考えてみました。

  • 食洗器を購入する
  • 食器をつけおきしてから洗う

食洗器は新築時購入を検討しましたが、+10万円と高かったこともあり、奥さんもいらないというのであきらめています。手洗いするより節水になるといいますが、電気代もかかるためにどちらが節約になるのか難しいところだと思います(私は電気代の方が高いので、手洗いの不便さを考えないなら手洗いの方がいいと思っています。)。一番いいのは汚れを洗い流して、付けおきしてから洗うことだと思いますが、ここは奥さんの領域なので何も言えないです。

洗顔で水の使用量を減らす!

ここはこまめに水を止める以外に方法はないでしょう。

まとめ

いかがでしょうか、節水を努力しても一月で見るとわずかな金額ですが、1年で考えると大きな金額になります。まずはここで書いたお金のかからない方法で節水を行ってみてください。それで限界を感じたなら、私がお勧めするストップ機能付きの節水シャワーヘッドへの変更を検討してみてください。私も早くどちらを購入するか決めてここで節水の効果について記事にしたいと思います。

この記事があなたの水道費節約の助けになれば幸いです。ここまで読んでいただきありがとうございました。

節水シャワーヘッドを購入して実際に節水できるのか?実験してみました。

節水ヘッドシャワーヘッドを使うと節約できるのか?実験してみた
以前水道代節約のために節水シャワーヘッドを購入するつもりと書きましたが、それから6か月なかなか踏み切れなかったのですが、検証と記事のネタにな...