世界で話題のUber(ウーバー)がタクシーに替わるかもしれない

スポンサーリンク

世界で話題のUber(ウーバー)とは

世界で話題になっているUberはスマートフォンでハイヤーやタクシーを呼べるサービスで、今世界中で広まっていて、既存のタクシー業者の脅威となっています。

なぜ急速に広まったのかというと外国ではタクシーの評判が悪く、サービス悪かったり、料金のぼったくりが日常的に起きていました。

手頃な金額でスマホの位置情報で希望の場所に迎えに来てくれるUberが急速に広まっています。

日本でも東京でサービスが開始されましたがので、今後日本中に広まる可能性があるので注目しておいた方がいいです。

スポンサーリンク

Uberの魅力とは

  • 手軽な価格でハイヤーが呼べる
  • スマホの位置情報で指定の位置に迎えに来てもらえる
  • 運転手とのお金のやり取りがない
  • スマホでの運転手の評価制度があるのでサービスがいい

ハイヤーを普通に呼ぶ場合それなりの金額がかかるものですが、Uber Black(ハイヤー)なら気軽な金額で利用できます。

Uberにはハイヤー以外にも普通のタクシーが呼べる「Uber TAXI」と高級な車種のタクシーがくる「Uber TAXYLUX」があります。

ハイヤーに乗るのはどうもと思う人にはいいかもしれません。

 種類料金 東京駅⇒上野駅

UberBLA

103円(開始料金)+67円(/分)+308円(/㎞) 2,014〜2,653円
Uber TAXI タクシーと同一 1,540円(予想)
Uber TAXILUXタクシーと同一+500円1,540円+500円=2,040円

ハイヤーを呼んでも長距離でなければ料金がそれほどよけにかかるわけではないので、ちょっとリッチな気分を味わいたい時などに呼んでみるのもいいかもしれません。

Uberの登録方法

Uberはスマホのアプリで希望の場所に車を呼ぶことができますが、まずUberのサイトでアカウントを作成する必要があります。

アカウント登録

  • メールアドレス
  • パスワード
  • 名前
  • 電話番号
  • 言語
  • 支払いクレジット情報

これらの必要事項を入力⇒スマホにSMSで電話番号の認証を行い、その後の確認メールが送られてきてアカウント登録が完了します。

その後にスマホでUberアプリをダウンロードして利用開始できます。

料金は利用後にクレジットカードから引き落とされますので、運転手とのお金のやり取りをする必要はありません。

領収書については降りるときに発行してもらえます。

評価制度があるので、サービスは快適になります

Uberには乗客が乗車後にアプリから運転手の評価をする制度があります。評価の悪い運転手は首になるそうなので、運転手もサービスに努めているため快適に乗ることができます。

タクシー運転手のマナーの悪さに嫌な思いをしたことのある人はUberを利用した方がいいかもしれません。

タクシー業界にとってUberは脅威となるのか?

海外ではUberの進出でタクシー運転手の仕事が減ってしまい、タクシー運転手がストライキを起こしている国もあります。

タクシー業界を守るためにUberの営業を禁止する国も出てきました。

日本は今のところ東京でしか利用ができないようです。

日本は規制が厳しい国ですし、規制緩和でタクシーの台数が増えてしまい、運転手の収入が厳しい現状を考えるとUberは規制がかかって一部の地域しか普及しないのではないかと思っています。

ただ、将来的には自動運転が広まる可能性が高いので、タクシー運転手の将来は厳しくなっていくように思います。

自動運転なんてまだ先の未来だと考えているかもしれませんが、自動車メーカーは将来の収益のために競って技術開発しています。

それに世界のグーグル、アップルなどのIT企業が本気で人工知能の開発を行っていますので、そう遠くない未来には先進国では自動運転の車だけが走っているかもしれません。

まとめ

今回はUberについて記事にしてみました。

アプリでハイヤー、タクシーを好きな場所に呼ぶことができるなんてすごい時代になったと感じています。

日本ではまだまだ認知が進んでいませんが、規制がかからなければタクシーにかわる新しい配送サービスになるかもしれません。

今から、注目しておいた方がいいのかもしれないですね。