歯の定期検診、日常のケアをなまけると歯の病気が悪化してしまう

スポンサーリンク

歯の定期検診にしばらく行っていなかったところ、ひどい歯の痛みを経験しました。

私と同じように定期検診にいかない人は多いと思いますが、歯を大事にしていないと私と同じように歯の痛みでひどい目に合ったり、最悪他の病気が引き起こされてしまう可能性があります。

歯科の定期検診に行かなかったら、歯が痛み出しひどい目にあった

今年の春に歯の治療をしていて、8月くらいに検診に来てくださいと言われていたのですが、仕事の忙しさ、歯の痛みも出なかったことで行くことをさぼっていました。

すると2週間前から治療した歯の痛みがでてきて、最後には寝ていても痛みで目が覚めるまでになりひどい目にあいました。

日中も定期的に痛みが発生するので、仕事にも集中できず、気分も悪いので家族に何気ない一言もカチンと来てしまい、周りにも迷惑をかけてしまいました。

痛みの原因とは?

治療していた箇所(下の奥歯)は歯槽膿漏で歯が動くようになっていて、たまに痛みが出るようになっていました。

歯医者で治療として隣の歯と固定して様子を見ましょうと言われていたのですが、「痛みも出ないし大丈夫でしょ」と甘く見て検診に行かなかったことが、今回の歯の悪化の原因です。

今回治療で見てもらうと、治療した歯が悪化したのではなく、その上の親知らずが徐々に下がってきて、下の歯を圧迫したことが原因でした。

他の歯が原因だとは夢にも思っていなかったので、歯医者には定期的に検診に行き、歯の健康を維持することが大事なんだと改めて思いました。

歯の悪化は恐ろしい病気の原因となる

歯の病気で思いつくのが虫歯菌ですが、この菌は歯をボロボロにするだけでなく全身に回ると様々な病気を引き起こし最悪死亡する可能性もあるという調査結果が出ています。

私がかかった歯槽膿漏は歯の周りの骨がとけて膿がでます。歯茎の出血や口臭の原因ともなりますので、周囲の反応も気になってしまいます。

歯医者に行くのが怖いからと歯の痛みを我慢していても回復することはなく、時間が経過すればするほど悪化していき、歯を抜かなければいけなくなる可能性もでてきます。

歯を健康に保つためには日ごろのケアが大事

歯の健康を保つには日常的なケアがやはり重要です。普段の歯磨きをしっかり行っていなければ、定期的に歯の検診に行ったとしても健康な歯を維持することはできません。

  • 歯ブラシで寝る前はしっかり時間をかけて磨く
  • 電動ブラシをしようして手動では磨ききれない所を磨く
  • 歯間ブラシで歯ブラシでは落とせない食べかすを取る
  • フッ素の入ったうがい薬でうがいをする

忙しいと食後にしっかり歯を磨く時間が取れない人もいます。

口腔内の細菌が1番増えるのが寝ている間なので、その前の歯磨きは時間をかけて隅々までしっかりと磨きましょう。

電動ブラシは音波、超音波製品を使用すると歯の殺菌を減らせる

手動の歯ブラシではどうしても落としきれない汚れ、プラークなどは電動歯ブラシを使用することで落とすことができます。

電動ブラシには大きく3種類の種類があります。

  • 電動タイプ
  • 音波タイプ
  • 超音波タイプ

電動タイプは自動で高速に歯ブラシが動き汚れを落としますが、音波タイプ、超音波タイプはそれにプラスして歯にこびりついてプラーク(歯垢)とよばれる細菌の塊を壊して落とす効果があります。

プラークは歯の病気の原因といわれていますので、それを落とすことができる音波、超音波タイプの電動ブラシを購入するのが歯の健康にはお勧めですね。

超音波タイプの方が効果が高くていいのですが、値段が2万円台と高額なのがネックです。それでも歯の洗浄効果が高いので余裕があれば私も使ってみたいと思います。

音波タイプは性能が少し落ちますが、プラーク除去の効果はしっかりありますし、値段が1万円台から購入できるのが魅力です。

パナソニックの音波振動歯ブラシは今なら半額近くの割引で販売されているのでうれしいですね。

歯ブラシでは落としきれない歯石も、電動ブラシなら

音波、超音波タイプに比べてプラーク除去効果は低いですが、手動に比べれば汚れを落とす効果は高いので、積極的に使っていきたいです。

値段も1,000円〜と手軽に手が出せるのがいいですね。

歯間ブラシを使用して食べかすを取り除く

歯ブラシ、電動ブラシでは歯の間に詰まった食べカスは取り除けません。

食べカスは細菌の増殖の原因となりますので、きちんと取り除きたいです。

フッ素が入ったうがい薬を使用する

フッ素はプラークの活動を防ぎ、虫歯の発生を防ぐ効果があります。

フッ素を含んだうがい薬を使用することで、歯の病気を防止することにつながりますので、毎日使用するようにしたいです。

うがい薬を使用した後に水でうがいをするとせっかくついたフッ素を洗い流すことになりますので、うがい薬使用後はそのままにしておきましょう。

まとめー歯の健康を保つために

今回の歯の痛みを経験して、歯の健康がいかに大事か実感しました。

歯の定期検診は面倒だと思わずに、年に数回行くのが大事です。そうすることで、虫歯や歯の病気を未然に防ぎ、年齢を重ねても健康な歯で生活することができます。

私も今回の反省を生かして、半年に1回は検診に行こうと考えています。

定期検診も大事ですが、毎日の歯のケアも重要ですね。

電動ブラシは使ってみたかったのですが、欲しい商品が高かったこともあり、購入していませんでした。

普通の電動ブラシでもプラーク除去効果はあるので、取りあえず安いものを購入して使用してみたいと思います。