宅建の試験に何度も落ちるなら、時間とテクニックを意識するべき

スポンサーリンク

ヤフーの知恵袋を見ていると、何度も宅建の試験に落ちている方が相談しているのを目にします。きっと真面目な人でコツコツ頑張っているのに何回も落ちてしまって、自分ではどうしたらいいのか悩んでいるのだと思いますが、真面目に頑張っているからこそもったいないと感じてしまいます。

真面目に勉強しているのに何回も落ちている人はもっと時間とテクニックについて意識した方が合格する可能性が高まるのではないかと感じ記事にしてみました。

宅建は受験する前から合格するのか分かる試験です

宅建はマークシート方式の試験で8割できればほぼ合格できます。つまり事前の過去問や模擬試験で平均的に8割正解している人は当日も高確率で受かります。

試験で8割できれば、残りの2割を勘で選んでも2,3問は正解するでしょう。正解率が8割で前後しても勘で当たった2,3問をたせば必ず合格できます。

スポンサーリンク

真面目に勉強しているのに宅建の試験に何度も落ちてしまう

真面目に勉強しているのに何度も試験に落ちている人もいます。

真面目に一生懸命やっているのになぜか毎年落ちている、そんな人は原因を考えてみましょう?

事前の模擬で8割できていないなら勉強不足です。もっと知識を深める必要があります。

模擬では高得点をとっているのに試験に落ちている人は他の原因があると思います。知識は合格レベルなのになぜか落ちている。

勉強を一生懸命するより、なぜ合格できないのか冷静に分析してみてください。

あなたが宅建試験に合格できない理由を考えて見る

  • マークシート方式のテストテクニックを使っていない
  • 1つの問題にこだわりすぎて時間を浪費している
  • 試験になるとあせって普段の力を出せない

こんなところが原因として考えられるのではないでしょうか?試験は時間との勝負です。

わからない問題なんてさっさと飛ばしてしまいましょう。マークシート方式の試験なんて問題の正解の所だけわかればいいんです。

一つの問題の問いの全ての正誤を導き出そうとしていませんか?そんなの意味がないです。

正解あるいは間違いの1つを見つければいいので、それがわかれば後は読み飛ばしていいです。

そうやって効率よく解いていけば、時間はあとで余りますので後でゆっくり見直すこともできます。

これとは反対に真面目に1問目から 一つづつ正誤を出していけばどうなると思いますか?絶対時間が足りなくなります。

そうなったら時間が無くなり、ゆっくり読めば正解できる問題も時間が無くなり正解できなくなります。

あせって力を出せない人はそういう人が多いのではないでしょうか?効率重視でやっていけば時間に追われることもなくなり合格できる可能性も上がります。

宅建に合格できなくて悩んでいる人は時間を優先した方が良い

この時間というのは試験の時間ではないです。あなたが宅建を受ける理由はなんでしょうか?仕事のために必要だから?転職を考えて?キャリアアップを考えて?単なる資格マニアだから?

資格マニアなら別にいいですが、それ以外の理由ならとにかく早く受かった方が良いです。仕事で必要で何度も受けているなら、職場からのプレッシャーもあると思います。

試験は受けることに意味はなく、合格することに意味があります。

毎年宅建の試験勉強をするのも無駄です。

時間は有限です。効率よく合格できれば、勉強時間をキャリアアップの時間に・趣味の時間に・大切な人との時間に使うことができます。

時間とテクニックを手に入れるという考えが必要

試験に受かるには8割正解できる知識と、効率的に問題を解くテクニックが重要だと言ってきました。

8割できない人は勉強が足りませんので頑張って勉強してください。独学で勉強している方もいると思いますが、それで何度も落ちているなら、考えた方が良いと思います。

宅建は独学でも十分合格できる試験ですが、きちんとしたテキストと過去問が必要です。本屋に行けば多くの書籍が並んでいて自分に必要な参考書はどれなのか?迷ってしまう方もいると思います。その時点で時間が無駄になっています。

あなたが優先すべきなのは時間です。それなら合格率を上げるためにお金を使うべきです。私自身は独学で参考書を選ぶ自身もないし面倒なので、お金を払って通信講座に申し込んでいます。

たかだか数万です。それで合格を買えると思えば安いものです。

通信講座で勉強して1回で合格していますが、独学なら確実に不合格になっていたと確信しています。

合格までの道は自分で作るのではなく、専門家に作らせればいいんですよ!あとはそこをテキストをつかってすいすいと進んでいけばいいんです。

働きながら勉強すること自体大変な作業なのですから、ゴールまでの道のりは楽に行くべきです。

とにかく時間を買うという意識とテクニックです。それだけで今までとは違う結果が見えてくると思います。

オンラインで有名講師のテクニックが学べる講座です。テクニックは人に教わってさっさと合格してしまうことが重要です。月額3千円なので、テクニックを学んだら直ぐにやめることもできます。スマホからでも授業の動画が家でも通勤途中でも職場の休憩中でもいくらでも見れます。 合格者のビッグデータに乗れ!【資格スクエア】の学習システム!

まとめ

そろそろ宅建の試験勉強をしている方もいるかと思いこの記事を書いています。宅建の試験はある程度の知識とテクニックがあれば合格できる試験だと考えていますので、何度も落ちて悩んでいる方がいることがもったいないと感じています。

試験は受かることが目的で落ちてしまえば、来年まで受けることができません。それなら、時間でもテクニックでも何でも使ってさっさと合格してしまった方が良いと思います。

そういう意識を持っていれば合格への可能性は高まると思います。