ノートパソコン付属のタッチパッドの誤作動がひどいので、作動停止にした

スポンサーリンク

ノートパソコンについているタッチパッドの誤作動が購入してからひどく困っていた、解決策がわからず新たにパソコンを購入した方がいいのかと考えていたが、タッチパッドを停止する方法がわかったので記事にします。

ノートパソコンのタッチパッドの誤作動に悩まされる日々

今使っているノートパソコンを購入してからずっと気になっていることがあり、ブログやエクセルなどで文章を打っていると、急にカーソールが違う行に飛んでしまうことが頻繁にありました。

はじめはこのパソコンに問題があり、そういう症状が出ているのかと思っていましたが、文章を打っているとたびたび起きるので、もしかするとパソコンのキーボードについているタッチパッドが原因なのではないかと思うようになりました。

タッチパッドの感度が高すぎて付近に手が触れてしまっても誤作動しているのではないか?と予想されるので、タッチパッドの感度を下げるか、「そもそも、マウス使っているからタッチパッドなんていらないだろう」なので、タッチパッドを停止できないかと考えたのですが、設定の方法がわかりません。

そこで、グーグル先生で検索したら簡単に設定変更できることが分かったのでここに書きます。

ノートパソコンのタッチパッドの動作停止方法(Windows10)

自分がやったのはWindows10の方法なのでそれを紹介します。

デスクトップ画面左下をクリック

Windows設定が表示されるのでデバイスの設定をクリック

左のマウスをクリックすると右にマウス設定画面が表示されるので、②のその他のマウスオプションをクリック

マウスのプロパティが表示されるので中央の「USBマウス接続時に内臓ポインティングデバイスを無効にする」にチェックを入れOK にすれば設定完了です。

調べてみたら結構簡単にできました。

まとめ

ノートパソコン購入から悩まされてきた、タッチパッドの誤作動からやっと解放されました。これでパソコンを使った作業もはかどることになります。

最近はアフィリエイトをあきらめたのと、プログラムの勉強にはまっていたので、このブログをほとんど更新していませんでした。

ただ最近は勉強熱も落ち着いてきたのでぼちぼちとこのブログも更新していこうかと考えています。

多分恐らく、月に1回くらいは記事を書くでしょう…