子どもの運動系の習い事ならスイミングスクールがお勧めな理由

スポンサーリンク

あなたは子どもにどんな習い事をさせているでしょうか?子どもが習っている運動系の習い事のトップは実は水泳なんです。

水泳は運動効果が高く、子どもにお勧めな習い事です。

運動系の習い事ならスイミングスクールがお勧めな理由

子どもの習い事をさせたいと思ったときに、親としては何を習わせたら子供のためにいいのか悩むのではないでしょうか?

以前の記事で勉強系の習い事なら、そろばんが子どもの計算力が付くのでお勧めしました。

子どもの習い事に悩んでいるなら、そろばんがお勧めな理由
最近子どもにどんな習い事をさせようかと悩んだ時にそろばん教室は、子どもの学力向上に効果があるので、お勧めなのかと思ったので、その理由を記事に...

今回は運動系の中で運動効果が高い水泳をお勧めしたいと思います。

習っている習い事

  1. 水泳
  2. 英語・英会話
  3. ピアノ
  4. 体操
  5. 学習塾・幼児教室
  6. サッカー
  7. 書道
  8. ダンス
  9. 空手
  10. そろばん

習わせたい習い事

  1. 英語・英会話
  2. 水泳
  3. 書道
  4. ピアノ
  5. そろばん
  6. 学習塾・幼児教室
  7. ダンス
  8. 空手
  9. 体操
  10. パソコン関連

ケイコとマナブ.netより

2016年、ママ900人に調査した結果です。

これを見ると習わせたい習い事の中に運動系は4つランクインしていて、実際に習わせている習い事に5つランクインしています。

特に水泳はどちらのランキングでも運動系では1番上位にランクインしていることからも、人気の高さがうかがえます。

私自身も子どもの頃にスイミングスクールに通ったことで大人になった今でも、長距離でも泳ぐことができます。

子どもが水泳を習うメリット

  • 運動効果が高い
  • 基礎体力がつく
  • 泳ぎを覚えることができる
  • 学校以外の人間関係が作れる
  • 個人競技なので自分のペースで活動できる

水の抵抗があるため、地上の運動より運動効果が高く、成長期の子どもには基礎体力をつけるのに向いています。

今の子どもは外で遊ぶ場所も少なく、インドアの遊びをすることが多いので、全身運動をすることができる水泳は習い事にお勧めです。

泳ぎは習わなければ、きちんと泳ぐことは難しいです。学校の水泳の授業だけでは泳ぐ技術は見につかないです。やはり、きちんと教わる必要があります。

そして一度泳げるようになれば、スイミングスクールをやめても泳ぎはわすれません。これは自転車の乗り方と同じで、体が覚えてしまえば何年たっても忘れることがないのです。

小学生の交友関係は小学校のなかだけになりがちですが、スイミングスクールに通っていれば、他の学校のいろんな学年の子どもとも交流できて、子どもの活動の幅が広がります。

サッカーなどの集団競技には、集団での人間関係を学べたり、仲間で同じ目標に向かっていくことを学べますが、他人との関係にストレスを感じたり、トラブルで競技自体をやめてしまうこともあります。

水泳は個人競技なので他人に振り回されることなく、競技に集中することができますし、個人で地道に努力することを学べます。

水泳

親が子どもに水泳を学ばせることのメリット

  • 水中競技なので汗をあまりかかないので、洗濯が楽
  • 道具代がそれほどかからず、家計の負担が少ない
  • 個人競技なので他の親との人間関係が難しくない

水泳は水の中での運動なので汗をかかないので洗濯が大変じゃないです。これが他の競技なら、汗でべとべとになるので毎回の洗濯が大変です。

水泳の場合、水着と帽子、ゴーグルをそろえればいいので、ユニフォーム代でお金がかかるということはありません。

子どもが成長しても水着だけ買い替えればいいので、家計の負担になりません。

これが、サッカーなら始めるときに道具をそろえるだけでかなりの金額になりますし、子どもが大きくなったら、ユニフォーム、スパイクと道具をそのたびに買い替えるので、毎回かなりの金額がかかってしまいます。

水泳は個人競技なので他の親との人間関係は集団競技のサッカーなどよりは楽なことが多いです。

サッカーなどでは自分の子どもがレギュラーなのに友人の子どもが補欠だと、気を使ったりしなければいけない場面もあります。

スクールによっては対外試合があれば、親が試合に同行して手伝ったりしなければいけない所もあり、そういう所でも気を使ったりしないといけないこともあります。

スイミングスクールは実際どのくらいのお金がかかるの?

スイミングスクールによってかかるお金の額は違いますが、わが子がスイミングスクールに通っているので、その金額を参考程度に載せておきます。

入会金2,000円

ユニフォーム代

(水着、Tシャツ、バッグ、連絡ノート)

7,800円
月謝(週1回)7,200円
合計17,000円

スイミングスクールはそのスクール独自の水着を指定されることが多く、入会時に購入する必要がありますが、そんなに子供が成長しなければ一着で済みますので、それほど入会時以外にはお金はかからないと思います。

スイミングスクールは週一回で月に7,200円と安くはないですが、子どもの肥満予防になり喜んで通っているので、習わせてよかったと思っています。

まとめ

今回子供がスイミングスクールに通うようになり、習い事としてスイミングはお勧めだと感じたので、多くの親御さんに勧めたいと思い記事にしてみました。

子どもも喜んで通っていますし、運動効果が高いので、肥満解消になるのではないかと期待しています。

子どもの習い事をどうするか悩んでいるなら、水泳も選択肢の一つに入れてみてはどうでしょうか?

子どもの基礎体力も付きますし、泳ぎを覚えれば子どもも自信がついて、何事にも積極的になるかもしれません。