ブラウザの画像を手軽に切り取りたいならSnipping Toolがお勧めです

スポンサーリンク

ホームページの画像をちょっと切り取ってブログに貼り付けたいと思ったことはないでしょうか?

そんな時にMicrosoftのSnipping Toolを使うと簡単操作で希望の場所を切り取ってブログに貼り付けることができますよ。

サイトの画像を手軽に切り取りたいならSnipping Toolが簡単です

ブログをやっているとサイトやツールなどをわかりやすく説明するために、その画面を切り取りたいと思うことが結構あります。

キーボードの「Prt Sc」をクリックしても画面全体をコピーして画像編集ソフトに貼り付けて加工すれば希望の場所を切り取ることはできますが、手間が多く面倒なんですよね。

できればサクッとその部分だけ切り取ってブログに貼り付けたいので、無料の便利なツールはないかなと以前から探していたのですが希望にあうツールを見つけることができませんでした。

そしたら最近、Windowsに標準で切り取りソフトが入っていることがわかり、使ってみると簡単操作で画像を切り取ることができるので重宝しています。

Sinipping Toolの使い方

Windows XPからこのツールはパソコンに標準で入っています。私のパソコンの場合にはWindowsアクセサリ内に入っていました。

Sinipping Toolの機能はとてもシンプルで切り取り画面で使うのは新規作成と遅延だけです。

ツールの説明

新規作成の切り取り方には4種類あります

ツール説明

●自由形式の領域切り取りはマウスでドラックすることで好きな形に切り抜くことができます。

●四角形の領域切取りでは四角形に自由なサイズで切り取りできます

部分保存

●ウインドウの領域切取りでは1つのウインドウをクリックすることでそのウインドウが切取りできます

ウインドウ

●全画面領域切取りではパソコン画面すべてが切り取られます

遅延は0〜5秒選択でき、新規作成をクリックしてからツールが起動する時間を変更できます

遅延

切り取った画像の編集

切り取った画像は Sinipping Toolで編集することができます。新規作成で切り取ると直ぐに編集画面が開きます。

編集画面

編集画面もシンプルで使えるのはペン・蛍光ペン・消しゴムだけです。

ペンで自由に書いたり、蛍光ペンで強調したい部分をマーキングして、訂正したい部分を消しゴムで消すことができます。

機能もシンプルなので1度使えば簡単に使いこなすことができます。

まとめ

Sinipping Toolは非常にシンプルな画像切り取りツールですので、初めての人でも簡単に使いこなせるようになります。

もうちょっと編集機能が充実しているとうれしいのですが、ちょっとして切取りならこれくらいの機能でいいのかもしれないですね。

起動も早く作業の効率化を図るなら便利なツールだと思います。

Sinipping Toolを使いこなせるようになって、ちょっと物足りないなと感じるようになったら

Screenpressoをお勧めします。

基本操作は無料で使えますし、編集機能が充実していて画像をぼかしたり、文字を入力することもできます。

かなり使い勝手がいいのでダウンロードして使ってみてください。