夢がないほうがいい、その方が何でもできるという本に出合って人生が変わった

スポンサーリンク

自己啓発本は今まで何冊もよんでいて、ためになるが実績出来ないことが多かったのですが、この本は違いました。ネガティブで仕事にやる気のない自分が、読んだ後日々努力して仕事に取り組むことができ、毎日をポジティブに過ごすことができています。

個人的にはもっと前に出合いたかったと後悔しましたね。ぜひ他の人にも読んでほしいので記事にしてみました。

自分の進むべき道を示してくれる本に出合うことができた

この本はすごいです。自己啓発本なのですが、そこらにある自己啓発本とはまるっきり違います。

「夢がない?よかったじゃないか。夢がなければ、これから何でもできるぞ」

これは本の帯に書かれている言葉ですが、普通自己啓発本て大きな夢を持てとか、夢を実現するためにいつも高い目標を持ち生活しないとダメだとか書いてあるのに、この本に出てくる斎藤一人という人は夢なんて持たない方が何でもできるといっているんです。

これだけで今までの自己啓発本とは違って、どういうことなんだろうと興味をひかれ、Amazonで直ぐに注文しています。本の内容は斎藤一人さんに青年実業家が教えを受ける形で書かれているんですが、斎藤一人さんの考え、教えが当たり前のことをいっているんですが、心に落ちるというか、腑に落ちることが多いので読んでいて勉強になり、日常の生活の中で学んだ考えを生かすことができています。

スポンサーリンク

斎藤一人とはどんな人なのか?

銀座まるかんの創業者で、スリムドカンというダイエット商品が有名です。数年前に「スリムドカ〜ン」と水着を着た女性のお腹に口がついていて、叫ぶのが印象的なCMがありましたが、銀座まるかんのCMだったんですね。あの頃は興味がなかったので、特に意識をしないでみていました。

実業家は日本には多くいますが、斎藤一人さんがすごいのは数年前まで発表されていた高額納税者の上位にいつも名前があったことです。日本一の商人ともいわれています。

それだけ稼いでいる人なんですが、死ぬ気で働けとか、自分はこういうふうに成功したとかそういうことを言わず、自分が働いている所で一つ上を目指して、日々仕事を真面目にやることが大事といっています。

これって当たり前の事なんですが、日本一の商人が言ってることだし、あたりまえに仕事をするだけなので、最近は仕事にやる気がでなかったり、くさったりしそうなときにはこの教えを思い出して、日々の仕事をコツコツ真面目に頑張るようになりました。

心に響いた言葉

この本では多くの心に響く言葉があります。帯に書いてる「夢がない?よかったじゃないか。夢がなければ、これから何でもできるぞ」という言葉は、P110ページに書いてあって、大きな夢を持つことで、多くの人が苦しんでいてしかも夢はほとんどの人がかなわないからそこで落伍者になってしまって、苦しむことになる。

それなら一つ上を目指すように日々頑張ることが大事なんだと教えてくれています。これ以外にも勉強になる話が多くあり

  • 勝つ人の考え方と負ける人の考え方
  • 長所を伸ばすと欠点まで長所に見えてくる
  • 自分が先に行ったら、後から来る人に落とし穴の場所を知らせる
  • ベストを尽くす。それは怠けず無理せず今自分ができることをやる

私が記事に書くよりも一度読んでもらった方が心に残ると思いますので、ここでは詳しく書かないですが、あたり前のことなんですが、心に響く言葉が多いです。多くの自己啓発本は読んで2、3日は頑張ろうと思っているんですが、それを実績することが難しかったり、目標までの距離がはるか彼方にあったり、あまりにも努力量が高すぎて達成できず自己嫌悪して終わってしまうんですよ。

それに比べると、この本を読むと人として当たり前のこと直ぐにできる目標なので毎日ちょっとづつ努力できるので継続できるんですよね。基本ネガティブな自分がこの本を読んで1か月たっても、今でも前向きに仕事ができているので本当にいい本だと思います。

ただ少し、斎藤一人さんの人生観、宗教観みたいな部分もあって、??と思う部分もありますが、斎藤一人さんの本の中でも一番の良書といわれているそうなので、読んで損はないと思います。

まとめ

今回は久しぶりに購入した自己啓発本「斎藤一人の道は開ける」がいい本だったので、記事にしたいと思って書いています。今まで多くの自己啓発本を読んできて、読んだ後は頑張ろうと思うんですが、続くことはなくいつの間にか本棚の奥に置かれていたり、情熱も消え失せて古本とし売ってしまっていました。

高い目標は天才か秀才でしか達成できないことが多くて、自己啓発本のように達成しようとしても挫折して自己嫌悪、自分はダメな人間だと思って終わってしまいます。

斎藤一人さんの本は今いるところで無理のない努力をすればいいとあり、それなら自分でもできるように思ってポジティブに頑張れるんですよね。まだ読んだことのない人はぜひ読んでほしい本です。値段も中古本なら格安で購入できますから。

ただ、前向きでない人や、努力が嫌いな人は読んでも身につかないかもしれないので、あまりお勧めできないかもしれないです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする