じゃんけん大会に勝つ方法!これを見れば勝率があがります

スポンサーリンク

大人になるとじゃんけんをする機会も少なくなると思いますが、やるなら絶対に勝ちたいですよね。特にやることで賞品やご褒美があるならなおさらです。それでなくても負けると面倒な雑用をしないといけないなら、勝って避けたいと思います。どうやったら勝てるのかその法則を記事にしてみました。

じゃんけん必勝法はあるのだろうか?

こんにちは、じょんのびです。
最近職場でジュースじゃん流行っているので、何とか負けないで毎回ジュースを飲めるようにじゃんけんで勝つ方法がないものか調べてみました。皆さんじゅーずじゃんけんはわかると思いますが、何人かまたは2人でもいいですが、じゃんけんをして最後に負けた人が全員のジュース代を出すという恐ろしいルールです。

お金のある人には楽しいゲームですが、貧乏おやじの私には少ない小遣いが一気に減るかもしれない恐ろしいゲームです。参加したくはないのですが、付き合いでたまには参加しなければいけないので、何回かに1回はやっています。

スポンサーリンク

じゃんけんにはじめに出す手が重要です

じゃんけんは「グー、チョキ、パー」の3種類から自分が出す手を決めます。確率的に1/3になると思いがちですが、人間が考えて、あるいは無意識に出すのではじめに出す確率は違ってきます。

  • 「グー」35%
  • 「パー」33.3%
  • 「チョキ」31.7%

はじめは「グー」を出す人が多いのがわかります。じゃんけんという勝負に勝ちたいという気持ちが無意識に力を入れるので、グーになりやすいといわれています。皆さんがじゃんけんをしたときを思い浮かべると「グー」を出すことが圧倒的に多いのではないでしょうか?

ですが、それだと力をぬく「パー」が一番少ないのではないかと思いますが、「チョキ」が一番出る確率は低かったです。これは他の2つに比べて曲げる指と伸ばす指という複雑な動作があるため、意識しないと出せない理由があるからです。

このことから、はじめに出す手は「パー」が一番勝率が高いということがわかります。もし信じて出したら相手が「チョキ」を出して負けたじゃないかといわないでください。あくまで確率の話なので絶対に勝てる法則はありません。

じゃんけんではじめにあいこになったらどうするのか?

じゃんけんであいこになるということはよくあることです。そうすると次に何を出すのか悩みますが

  • 人間は同じ手を続けて出しづらい

人間は勝負で出した手をまた出しづらい法則がありますので、あいこだと次は他の手を出す確率だ高くなります。例えば「グー」であいこなら次は「チョキ」「パー」を出す確率が高いので、2つで勝てる「チョキ」を出しておけば勝てますし、最悪あいこですみます。

なかにはあいこでも、次も同じ手を出し続ける人もいますが、それは次に紹介するテクニックで出す手を判断して、自分が勝つ手を出してください。

じゃんけんは動体視力で相手の出す手を見極める

人間がじゃんけんをするときには手を少し上に振り上げてから、下におろしてじゃんけんを出します。実は振り下ろしたときに、次の手の形に変わっていくことが多いので、それを見極められれば相手が出す手を予測できます。

そんな一瞬の動作を簡単には見極められないと思いがちですが、「グー」から「グー」だと手の力を入れたままなので、こぶしは握ったままになっているはずです。これにたいして、「パー」なら振り上げた瞬間に次は手を開く動作なので、こぶしがゆるむので見極められると思います。

問題は「チョキ」ですが、「チョキ」から他の手に変わっていくのは見極められるのですが、「グー」「パー」から「チョキ」へは見極めることが難しいと思います。

この場合「グー」「パー」それぞれの場合、対応が変わります。

  • 「グー」OR「チョキ」の場合、「グー」を出して最悪あいこを狙う
  • 「パー」OR「チョキ」の場合、「チョキ」を出して勝ちに行く

どちらも最悪あいこを狙っていますが、「グー」の場合はほんとは「パー」を出したいのですが、「チョキ」出されると負けてしまいますので防御的な意味合いが濃いです。それに対して「パー」の場合は、「チョキ」出すことで勝ちを狙っていて、相手が「チョキ」を出してもあいこになるという、攻撃的な手が出せます。

「はじめはグー!じゃんけんポイ」で相手の出す手を限定させる

他の手としては「はじめはグー!じゃんけんポイ」という掛け声をかけてじゃんけんをする方法があります。これをすると人間は同じ手を出したくない心理が働き、実際テレビの実験では

  • 100人中、パー41人・チョキ41人・グー18人

このように「グー」を出す人の割合がかなり下がってしまったという事実があります。最初しか使えない手ですが、一発勝負の時には思い切ってやってみてはどうでしょうか?「チョキ」を出せばあっさり勝てるかもしれません。

まとめ

大人になるとそんなにじゃんけんをする機会というのは少なくないです。ただ、やるときはジュースじゃんけんや何かをおごらされる、面倒な雑用をしないといけないなどできれば勝ちたいと思うときでしょう。

それならじゃんけんに勝つテクニックを使って、そんな出費、雑用はできるだけ避けましょう。私もこのテクニックを使って毎回ジュースをタダで飲めるように努力してみたいと思います。

ここまで読んでいただきありがとうございました。