家の新築で固定電話を入れるか悩んでいるなら、光電話にするお得になります

スポンサーリンク

家を新築、購入するとき固定電話を入れるか、入れないか悩む家庭も多いのではないでしょうか?

1年前に固定電話についての記事を書かせてもらったのですが、今でも検索されることが多いのでそれだけ悩んでいる人が多いのだと思います。

(過去記事はこちらです)

家の新築、家の購入、固定電話はいるの?いらないの?
今は一人暮らしをしていて、固定電話を使うことはないですよね、結婚しても賃貸なら携帯で十分でしょうから、固定電話を考える人はいないと思います。...

そこで光回線を導入することで光電話を使い基本料&通話料金も下げる方法をお勧めしたいと思います

光回線を使用するメリットとしては

  • 光回線で快適なネット速度を利用できる
  • 光電話で通常回線の1/3以下の基本料金で利用できる
  • プロバイダによっては光回線基本料金が数年間実質無料
  • 光電話なら通話料金もお得く
  • お持ちのスマホによってはスマホ基本料も割引に

このように光回線と光電話を組み合わせるとお得に固定電話を導入できるメリットがあります。

それでは詳しく見ていきましょう

固定電話

固定電話はいるのかいらないのか?家の新築、購入時の悩み

今は他人との連絡手段はスマホからという人が多いく、家に固定電話があっても掛けない使わない人が多いんじゃないかなと思います。

結婚して賃貸で夫婦二人、子どもが生まれたばかりで賃貸だと固定電話について考えることはないしょう。

これが家を新築、購入して家具などを色々揃えていくと固定電話をかどうか悩むことになるんです。

今は仕事、プライベートの連絡もスマホで済む時代ですから、固定電話は無駄だしいらないんじゃないかと思うかもしれないですが、地域の人との連絡や、小さな子供同士の連絡手段としては必要な場合もあるわけです。

固定電話を新規で申し込む場合

固定電話加入権(ネット通販業者から購入)代金 1万円前後これに月の基本料金1,700円+使用した場合の通話料が毎月請求されます。

加入権扶養タイプだと毎月固定料金が1,950円かかるので、250円だけ余計に払うことになります。

基本料金は使わなくてもかかるお金なので、加入権タイプだと年間だと2万400円。加入権不要タイプなら年間2万3400円のお金がかかります。

使わないなら支払いたくないお金ですよね。我が家も新築時に固定電話を検討しましたが、基本料金が無駄に感じて導入しませんでした。

ネットの光回線を利用すれば光電話なら1/3の基本料金で固定電話が利用できます

今は家にネット回線を引いている家庭も多いと思いますので、ひかり電話という名前を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか

家庭のネット回線は以前だとADSLが主流でしたが、現在は光回線を利用している人も多いと思います。

光電話はこの光回線を利用して電話できる仕組みになって、基本料金が月500円と格安になります。

しかも通話料金も通常電話回線と比較してかなりお得になっているので、光回線を利用する人なら加入した方がお得なんです。

 加入電話光電話

固定電話

光電話

市内8.5円/3分8円/3分
県内市外20〜40円/3分
県外20〜80円/3分
携帯へNTTドコモ20円/1分16円/1分
au30円/1分17.5円/1分
softbank40円/1分
外国アメリカ60円/1分9円/1分

プロバイダによっては光電話基本料金が数年間無料のオトクなキャンペーンも

光回線を利用するプロバイダによるのですが、キャンペーン期間中なら光回線基本料金が数年間無料になる所もあります。

例えばniftyならau光に加入すると30か月間、ひかり電話が無料になるキャンペーンを行っています。

30か月なら1万5千円も節約になりますので助かりますね。

光回線とスマホを同一の会社にするとスマホの割引が受けれる

光回線業者とスマホの携帯会社を同一の所にするとスマホ1台ごとに割引きが受けられます。

金額はデータ量によって違ったり各社に違いがありますが、最低金額は500円になっています。

夫婦でスマホを持っていれば毎月最低1,000円割引きが受けられますから助かります。

  • ドコモ
  • au
  • softobank
  • 格安スマホ会社(ワイモバイル、ビッグローブ、OCNなど)

格安スマホでもスマホ割引を受けれる会社があるのはうれしいですね。もともと料金がキャリアスマホより安いのに、割引きを受けることができれば割安感は高くなります。

例えばCMでよく見かけるワイモバイルはスマホの通話が月10分間なら300回無料、わかりやすい料金体系など他社より魅力が高い部分も多いのですが、他の格安スマホ会社よりは若干割高なのがネックでした。

それが光回線の割引を受けることができれば他社格安スマホとの料金差はなくなりますのでうれしいですね。

ワイモバイル割引

 割引額
スマホSプラン1G(2年間は2G)500円
スマホMプラン3G(2年間は6G)700円
スマホLプラン7G(2年間は14G)1000円

スマホを持っていない家庭は少ないでしょうから、光回線+光電話+スマホ割引を組み合わせセルと割引金額は大きくなります。

まとめー固定電話を引くならお得に

固定電話は使わないし無駄だけど、家庭の事情によってはどうしてもつけないといけない家庭もあります。

でも家に光回線を入れて、光電話にするなら実はお得に固定電話を設置することができます。

もう一度メリットについて記載しておきます

  • 光回線で快適なネット速度を利用できる
  • 光電話で通常回線の1/3以下の基本料金で利用できる
  • プロバイダによっては光回線基本料金が数年間実質無料
  • 固定電話に比べて通話料金がお得
  • お持ちのスマホによってはスマホ基本料も割引に

光回線+光電話+スマホ割引は現時点では割引が大きく、家族でスマホを複数持っている家庭なら、光回線が実質無料で使えることも可能になります。

もし固定電話を検討しているなら、メリットの大きい光電話も検討してみてはどうでしょうか?

ちなみに、光電話でも電話番号は通常の物と変わりはありませんし、緊急番号にも普通にかけることができます。

現在、固定電話を使っているなら、その番号をそのまま使用することも可能です。