損をしない!確実に貯まり、増える教育資金の準備

スポンサーリンク

こんなにかかる子供の教育費用

子どもが成長していくと学校の授業料、習い事などで年齢が上がるにつれてお金がかかってくるものです。

教育資金は必ず必要になるお金で子供の学校入学時にまとまって必要になってくるものですから計画を立てて積み立てておきたいものです。

それでは教育資金にどのくらいのお金を準備すればいいのでしょうか?

教育費公立私立
幼稚園(3年間)690,300円1,462,281円
小学校(6年間)1,834,842円8,534,142円
中学校(3年間)1,351,020円3,885,468円
高校(3年間)1,159,317円2,900,448円
大学(4年間)5,184,000円

6,908,000円(文系)

8,125,000円(理系)

幼稚園小学校中学校高校大学教育費合計
公立公立公立公立公立約1022万円
公立公立公立公立

私立(文)

私立(理)

約1194万円

約1316万円

公立公立公立私立

私立(文)

私立(理)

約1368万円

約1490万円

公立公立私立私立

私立(文)

私立(理)

約1622万円

約1743万円

公立私立私立私立

私立(文)

私立(理)

約2292万円

約2413万円

私立私立私立私立

私立(文)

私立(理)

約2369万円

約2490万円

教育費には授業料、その他の学校教育費、給食費、学校外活動費(習い事、塾など)、大学の入学金が含まれています。

幼稚園から大学まで公立でも最低1千万円の教育費がかかるのがわかります。全てを私立通うとすると最大約2500万円かかりますから、子ども一人を育てるとなると教育費だけで地方なら家一軒購入できることになります。

子どもが複数いるなら2倍、3倍の金額がかかりますので子どもの小さいうちから教育費の積み立ては必須だと考えられますね。

子どもの教育費はどのように積み立てるか?3つの選択

  • 普通預金・定期預金で積み立てる
  • 教育資金を投資で運用する
  • 学資保険で積み立てる

子どもの教育費の積み立ては毎月の給料、ボーナス時に決まった額を積み立てていくとおもいますが、教育資金の運用は各家庭で違いがあると思います。

各運用方法にはメリット、デメリットがあり、それを理解しないで選ぶのはリスクがあります。

教育費の積み立ては子どもが生まれたばかり、小さいうちから始めて10数年続けるものなので、本当に必要な時に運用に失敗しては取り返しがつかないことになります。

普通預金・定期預金で積み立てるメリット・デメリット

普通預金・定期預金での積み立ては最も気軽に始めることができ、給与からの自動引き落としにしておけば手間もかかりません。

いつも行く、銀行、郵便局での手続きという気楽さもあり始める親ごさんも多いです。

デメリット

利息が期待できない

お金が必要になると引き落としてしまう可能性がある

現在の銀行の利息は大手で0.02%、100万円預けて利息が200円しか付きません。

マイナス金利の影響で定期預金も0.025〜0.03%と普通預金とさほど変わりませんので、銀行に預けるのは減らさないことが目的になります。

長い人生で急なお金が必要な時、銀行に預けているとつい使ってしまい、大学入学などまとまったお金が必要になったときにお金がほとんどなくなっている恐れがあります。

銀行は気軽に積み立てができる反面、貯めたお金を使いやすい、使うことへのハードルが低いことが問題です。

家庭の働き手であるお父さんにもしものことがあった場合、銀行での積み立てはそれに対応することができない欠点があります。

お父さんが事故や急な病気で亡くなったときに、教育資金はその時点での金額しか貯まっていません。

その後の生活費は生命保険で賄えても、お母さんの仕事だけでは教育資金までは準備できない恐れがあります。

銀行での積み立ては何事もなければ安全ですが、人生のアクシデントには対応できない弱点があります。

教育資金の投資での運用のメリット・デメリット

教育資金を株式・投資信託などの投資で運用している親ごさんもいます。

投資のメリットとしては資産運用に成功すれば元本を大きく増やすことができることです。

大きく成長する可能性のある会社の株を割安のうちに購入することができ、その後企業の業績がよければ2倍、3倍に増える可能性もあります。

スポンサーリンク

デメリット

  • 知識がないと正しい資産運用ができない
  • 知識があっても資産運用に成功できる保障はない

投資に深い知識がある人でないと、きちんとした資産運用をすることはできず、元本を大きく減らしてしまう可能性があります。

投資の難しいところは長年投資の勉強をしていても投資で成功できる保障がないことです。

投資は余剰資金でするべきものという有名な言葉もありますので、個人的には将来必ず必要になる教育資金の運用を投資で行うのはリスクが高いと思っています。

教育資金の運用は他の方法で行い、手元にある余剰資金で投資を行うのがリスクを抑えた運用方法ではないのかと考えます。

学資保険で積み立てるメリット・デメリット

  • 貯蓄性の高い学資保険は満期戻り率が110%を超える商品もある
  • 契約者の親ごさんがなくなると、以後の支払いが免除され満期に満期保険金を全額受け取れる

学資保険には大きく分けて保障性の高い学資保険と貯蓄性の高い学資保険があります。

 貯蓄性学資保険保障性学資保険
保険料戻り率110%を超えることも80〜100%
特徴シンプルな学資保険色々な保障が付いた学資保険

保険料返戻率とは?

保険料戻り率は保険料を全て支払った場合に満期に受け取る保険料の利率です。100%を超えていれば支払った保険料以上に保険会社から受け取ることができます。

共済系の一部以外の学資保険には保険料払込免除特約という保障が自動的についています。

この特約は学資保険の契約者である親ごさんが突然の事故や病気で亡くなったとき、以後の保険料を免除され、満期には保険金が全額受け取ることができます。

例えば、300万円の学資保険に加入して1月で不幸にも親ごさんがなくなると、保険料を1回支払っただけで、18歳の満期には300万円が受け取れるお得な保障です。

学資保険のデメリット

  • 保障型の学資保険に加入すると元本割れしやすい
  • 途中で解約すると元本割れの可能性がある

貯蓄性といわれる学資保険は、学資保険の機能だけのシンプルな保険です。

これに対して、保障性の学資保険は特約として、医療特約、死亡特約、年金特約などが1個〜複数ついた保険です。

特約で保障が付いているために保険料戻り率が下がってしまい、元本割れしてしまいます。

学資保険は教育資金の積み立て、運用が本来の目的でありますし、特約は大本の学資保険が満期で終わればなくなってしまいます。

子どもの医療保障が付けたいなら、別に医療保険に加入した方がお得です。

学資保険は満期までの受け取った保険料を保険会社が運用することで、保険料の戻り率が保障されています。

そのため、契約途中で解約するとその時点での保険料率が計算されるので、受け取る保険解約金の額は低くなり契約期間によっては元本割れの可能性があります。

学資保険に加入するなら、途中で支払いに困らない、解約しない金額の保険に加入するのが賢い選択です。

また、学資保険には保険料が支払えない場合に月々の支払額を減額する方法と、払い済みにする方法があります。

保険料の減額

保険料の支払額を下げる方法です。総支払額が下がるので保険料の戻り率は下がってしまいますが、月々の支払いが少すれば、保険を継続できる場合にお勧めです。

保険料の払い済み

経済的に以後の保険料の支払いが難しいのなら、払い済みにする方法があります。

その時点で学資保険の支払いを終える方法で、保険料の戻り率はその時点で計算されます。

戻り率は下がってしまいますが、解約するよりは戻ってくる保険金は高くなります。

支払った保険金は満期まで保険会社が運用して、満期保険金として受け取ることになります。

学資保険にもデメリットはありますが、親ごさんのもしもの保障があり、貯蓄性の高い学資保険に加入すれば必ず増えて戻ってくるという安心でお得な保険ですので小さなお子さんがいる家庭なら加入を検討してみてもいいかと思います。

学資保険は基本的に子どもが7歳ころまでしか加入できず、小さいうちに入ると保険会社の資産運用期間が長くなるので戻り率が高くなる傾向があります。

加入するなら早ければ早い方がお得になっています。

学資保険の賢い選び方

  • 貯蓄性の高い(戻り率が1番高い)学資保険に入る
  • 多くの保険会社から選ぶ
  • 大手、共済系、郵貯の学資保険は決めてから相談する

学資保険はシンプルな構造なので貯蓄性の高い(戻り率が1番高い)学資保険を選べば1番増えて戻ってくるのでお得になっています。

考えにもよりますが保障性の学資保険は余計な保障がある分元本割れしているので加入を避けた方がいいと思います。

学資保険の目的は教育資金の運用+積み立てですので、保障が欲しいなら別の保険に加入した方が子どもが大人になっても継続できるのでお得です。

大手、共済系、郵貯の学資保険は保障性の高い学資保険を取り扱っていることが多く、また1社で取り扱う学資保険が少ない傾向にあります。

学資保険の相談に行くと自社の保険加入を強く勧められるため、断りづらい人は避けた方がいいです。

学資保険は戻り率が高い保険に入った方がお得になるので、多くの保険会社の学資保険から1番お得なものを選ぶ必要があります。

素人が多くの保険会社から選ぶのはパンフレットを集めるのも大変ですし、内容を理解するもの大変です。

そんな時には多くの保険を取り扱っている保険代理店に相談するのが楽に選ぶポイントです。

お得な学資保険に入るなら保険代理店(保険のプロ)を利用する

保険代理店は保険会社と契約して、保険の相談に来た人に最適な保険を紹介します。

保険契約の成果で保険会社から報酬を受け取ることで営業を行っているため、相談者は全て無料で相談できるメリットがあります。

速水もこみちさんのCMで有名な「保険の窓口」などが有名です。

保険代理店はセールスレディのいるような大手の保険会社以外のほとんどすべての学資保険を取り扱っていますので、1番お得な学資保険を選びやすくなっています。

保険代理店のスタッフの多くは、ファイナンシャルプランナーの資格を持つお金のプロですので、子どものためにどのくらいの学資保険に加入するのがいいのか?専門家のアドバイスをもらえます。

  • 貯蓄性(戻り率)の高い保険を選びたい
  • 保障特約はいらない

学資保険にはいろんな種類がありますので、相談者が自分がどんな保険に入りたいのか?わかっていないとスタッフも最適な保険を勧められません。

保険代理店で相談するときは上記2点をスタッフに伝えるようにすれば、1番お得な学資保険を選んでくれます。

まとめ

子どもがいれば教育資金は避けて通れない問題です。

教育資金の積み立て、運用としては貯金・投資・学資保険がありますが、どれが1番いいということはありません。

それぞれメリット・デメリットがありますので、必ず1つに絞らなければいけないのではなくうまく組み合わせて利用するのも1つの選択だと思います。

学資保険で保障+確実な積み立てを行い、一部を貯金で積み立て急な出費に備え、余剰資金を投資に回し将来増えた時にそのお金を教育資金に回すという方法もあります。

我が家は学資保険のメリット、保障に魅力を感じて学資保険で運用しています。

教育資金の運用をどうしたらいいのか?家庭で答えが見つからないのなら、1度ファイナンシャルプランナーに相談してみてもいいと思います。

我が家もファイナンシャルプランナーの方に教育資金の相談をして、納得して学資保険に加入しています。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする