絵本童話は子供の想像力を高める最高のツールです

スポンサーリンク

今はネット環境が発達してきて昔なら小さな子は絵本を見て成長したものですが、今ならアニメを24時間好きな時間に見せることができる環境にあります。ですが、そんな時代だからこそ子供には絵本を読み聞かせてあげることで、子供の想像力は発達するのではないかと感じたので記事にしてみました。

今はアニメをDVD、ネットでいつでも子供に見せられるので便利です

小さな子供のいる親御さんは自分が家事などをしているときに、子供に何を見せて遊ばせていますか?昔は子供が見るアニメはテレビでしか放送されていなかったので、子供は絵本やおもちゃ、クレヨンで絵を描いて遊んでいました。私自身も兄弟とそんなことばかりして1日を過ごしていた記憶があります。

それに比べると今は、DVDやネットで24時間アニメを見ることができます。うちの子も暇があればYouTubeでアニメを無料でずっと見ています。子供がおとなしく見ていてくれて、相手をしなくていいので助かるのですが、自分の好きなものを1日中見ていることが子供にとっていいことなのか、悩んでしまう部分もあります。

子供に絵本は必要なのか

絵本は本屋で購入しようとすると意外に高いですよね、私も何冊か子供に買ってあげていますが、意外に高いので「大した文章量でもないので高すぎでしょうと」思ってしまって、なかなか買う気にならないので、数冊しか買っていないです。

スポンサーリンク

絵本は子供の想像力をかきたてるツールになる

今までは絵本についてあまり必要性を感じていなかったのですが、最近絵本というのは子供の想像力を豊かにする最強のツールになるのではないかと考えるようになっています。その理由は絵本というのは物語の背景がほとんど詳しく書かれていないことがあげられます。

古典的な物語である、「桃太郎」「一寸法師」などを考えてみれば、おばあさんが川で洗濯していると大きな桃が流れてきて、その桃から桃太郎が生まれますが、なぜ桃太郎が桃に入っているのか?その理由は話を全部読んでもわかりません。このように絵本には情報量が足りないので、子供がその部分を自分で考えるようになり、想像力がかきたてられます。

アニメでも同じじゃないかといわれると思いますが、情報量が多すぎるため、小さな子供ではそれを処理しきれないため、絵本が一番いいツールだと思っています。

絵本は親子の最高のコミュニケーションになる

子供に絵本を読んであげるという行為は、親子のコミュニケーションにとって大事なことだと思います。子供と並んで、膝の上に載せて本を読んであげることでお互いの体温を感じながら、コミュニケーションを取ることは小さいころには必要ですし、子供はその思い出を記憶の片隅にでも残して成長していきます。

私自身、寝る前に母親に絵本を読んでもらった記憶は今でもかすかに残っています。

まとめ

最近、子供によく絵本を読んでくれとせかされるので、子供にとって絵本を見ることは重要なことだと思い記事にしてみました。今ならアニメを好きに見れる環境にありますし、デジタルの情報ばかりあふれています。

でも、たまには親子でアナログな絵本を見る時間も必要なことだと思います。それに、大人になると声を出して、文章を読むこともあまりなくなるので、それもいい経験だと思います。絵本を選ぶときに注意した方がいいことは、あまりに文章が長い絵本だと1回で読むと本当に疲れてしまうので、あまり選ばない方がいいですよ。

この本は私の思い出の絵本で今でも絵本の特集をテレビや、雑誌で行っていると必ず紹介されている絵本です。今でも人気が高いのは大好きだったのでうれしいです。