写真を撮って写真販売サイトで売れないか挑戦してみてわかったこと

スポンサーリンク

こんにちは、じょんのびです。

ブログを始める前にテレビで主婦の方が写真をサイトに売って小遣いを稼いでいるのを見て、これなら私にもできるのではないか?と思い挑戦した時のことを書いていきたいと思います。

写真をサイトで販売してお小遣いを稼ごう

テレビで写真をサイトで販売している主婦の方を見て、これなら私でも簡単に挑戦できて小遣いが稼げるのではないか?根拠のない自身もあり、古いデジカメもあるしその辺にいる犬か猫をとれば売れるんじゃないのか?と簡単に考えいくつかのサイトに登録して販売してみました。

私が登録してみたサイト

 PIXTA

テレビや雑誌でよく紹介されているサイトです。日本のサイトではかなり大きいサイトです。登録すると、まず講習を受け10問の試験に全問正解(正解するまで何度でも同じ問題ができます。)すると投稿できるようになります。デメリットとして初めは期間で投稿する写真の数が決まっていることです。何点か投稿して4枚審査通過しましたが、全く売れずに放置中です。

Fotolia

外国のサイトです。日本語に対応していて、投稿制限もないので日本的な写真なら売れるんじゃないかな?と思い始めてみました。世界が相手なので、売れれば利益も大きいのではないかと考えています。ここに一番投稿しました、6枚審査通過しましたが、全く売れずに放置中です。

 istockphoto

外国のサイトです。投稿している写真のレベルが高すぎて投稿する勇気もなくなり、登録して放置中です。

photolibrary 

久しぶりにサイトを開くと画面がきれいになりましたね。私が登録した時は他のサイトと比べると簡単に作っている感じがしましたが、いまは他のサイトに負けない感じです。3枚審査通過しましたが、売れずに放置中です。

スポンサーリンク

どんな写真が売れるのか参考になるブログ

写真販売に挑戦した時に参考にした、Tobirowさんの俺の写真なんか、売れるのか?です。実際に売れた写真を紹介しているので参考になり、ブログも面白いので見ることをお勧めします。

私が考える売れる写真とは?

一枚も売れていない私が言っても説得力はないので、流し読み程度に読んでいただきたいです。売れる写真は撮れないですが、何となく売れる写真はこういうことをすればいいんじゃないの?と思うことを上げてみたいと思います。

  • 一眼レフカメラは必要
  • 風景、植物はむずかしいので、取りあえず動物(犬、猫)
  • 人間の写真は人気が高い(特に女性)動き、色々な表情で
  • 顔を出したくないなら後ろ姿でも、動きをだせばOK
  • 人に頼めなくても、自分の手で何かを持った画像でもOK

やはり一眼レフカメラは必要ではないかと思います。面白い構図の写真ならデジカメでもいいかもしれないですが、素人ならカメラの力でいい写真を撮ったほうが売れると思います。風景、植物はレベルや数が多すぎなので動物(特に犬、猫)なら可愛らしい物なら売れる可能性があります。

私自身、ブログをやっていると一番使いたい写真は人の動きや表情がある写真です。特に女性の写真はイメージ的にいいので使いたいです。顔出しはモデルを使わないと難しいですが、顔が見えなくても後ろ姿で行動をイメージできる写真なら使いたいです。人に頼めない時、手だけの写真なら自分でできますし、例えば手にお金を握っている写真などはこうすれば儲かるという記事を書くときなどには記事中に貼りたいです。

勉強する手元

上のような写真なら自分で撮ることができますし、ブログ等に貼りたいニーズがあるので売れる可能性があります。

まとめ

写真販売は少しやってみて直ぐにブログに夢中になったので、今はほったらかしにしています。私もブログに貼り付けるために無料画像を使用していますが、無料の物でもそのクオリティは高く私が撮った写真なんか笑ってしまうレベルです。写真販売はプロの方と勝負しないといけないので、テレビや雑誌でお小遣い稼ぎにお勧めなんて言っているほど簡単ではないと思います。ですが、買い手が欲しいと思う写真を撮ることができれば売ることは可能です。まあそれが一番難しいんですが‥

写真を撮るのが趣味の方なら挑戦してみてはどうでしょうか?買い手が欲しい写真を撮ることができたなら、その写真の画像はずっと売れ続けることができます。特に世界で売れる写真ならかなりの金額になり、それが自分の小遣いになり続けます。売れなくてもリスクはなく売れなくて元々ではないでしょうか。

ここまで読んでいただきありがとうございました。