ペット保険はどれがいいのか資料を取り寄せて比較してみた

スポンサーリンク

周りのペットを飼っている人から動物病院の診療費が高くて大変だという話をよく聞くので、どのくらいかかるのか調べてみるとかなりの金額がかかってしまうことがわかりました。我が家も子供が将来ペットを飼いたいというかもしれないので、そんなときのために各ペット保険会社の資料をとりよせて、比較検討した中で見えてきたことを記事にしてみました。

動物の医療費はどのくらいかかるのでしょうか?

私の子供の頃は犬や猫は拾ってくるか、知り合いから子犬、子猫をもらってきて飼うことが多くペットショップで購入する人はごく僅かでした。私も犬、猫を何匹も飼ってきましたが、ほとんど拾ってきて病気になっても特に動物病院に行くことなく、亡くなることもありました。

今は雑種の犬を飼っている人も少なくほとんどの人がペットショップで購入していると思います。ペットショップをのぞくとどんな種類の犬、猫もかなりの高額で売られています。購入するときもお金がかかりますが、病気やケガをすれば動物病院に診療しなければいけないため多くの金額がかかってしまいます。

実際にどのくらいの金額がかかるのでしょうか?

犬の場合
腫瘍の摘出92,700円
椎間板ヘルニアの手術283,600円

思ったより高額な金額でびっくりしてしまいますが、人間の医療費も健康保険・国民保険制度があるので3割負担だから安いのであって、全部自腹ならかなりの金額になってしまいます。

もしこんな高額な治療費がかかってしまったら大変ですよね、しかも事故(病気)によっては何度も入院、手術をしないといけなくなる場合もあります。そうなったら100万円を超えることもあります。そんな金額を払うことは普通の家庭では厳しいと思います。

ペット保険に加入していればもしもの備えに安心

ペットの医療費で100万もかかってしまったら、日々の生活にも支障が出てきますよね、もし我が家ならお金が払えずローンを組まなければいけなくなり、毎月の支払いで家計が破たんしていきます。

かといってペットも家族の大事な一員なので手術、治療すれば助かるのだからあきらめたくはないです。そんな時にペット保険に加入していれば50〜100%保障されますので、医療費が高額になっても安心です。

ペット保険では補償額が保険によって違います。保障が多い方がもちろんいいですが、それだと月の保険額が高くなってしまいます。

スポンサーリンク

各保障割合50%保障70・80%保障100%保障
保険料安い中間高い
保障低め中間厚い

かなり大雑把に書いていますが、基本保障割合が多くなれば金額が高くなるのはわかると思います。それなら保障が厚い方がいいのかと思いますが、その分月の金額が高くなりますし、ペット保険は掛け捨てなので自分のペットが元気で病院にかからないなら、払い損になってしまいます。

かといって50%保障にして保険料を節約して、大怪我・大病になったときに100万かかったら50%では半分の50万円は自腹で支払わなければいけないので大変になります。どちらがいいいうものではなく、飼い主それぞれの考え方によって加入するのがベストだと思われます。

決めかねるなら中間になる70〜80%を選ぶのもいいかと思います。どんな物でも中間を選んでおけば平均点の保障は受けられます。足りない部分は自分で払えばいいですし、20〜30%なのでそこまで高額にはならないと思います。

ペット保険各社の特徴

ペット保険を扱っている会社は調べてみると数多くあり、補償割合、支払い条件も多岐にわたります。保険に加入を検討している飼い主の方もどこを選べばいいのか、はじめてだとかなり戸惑うと思います。

我が家はペットを飼っていませんが、子供が大きくなるとペットを飼いたいというと思い、ペット保険に興味がわいたので、各保険会社お資料を取り寄せて各社の保険の特徴を確認してみました。

ペット保険に加入したいと思っている方にもわかりやすく説明してみます。

ペット保険ペッツベスト

  • 医療費用の80%保障されます
  • 入院・通院・手術の回数制限なし
  • 1日の限度額無し
  • 免責金額があります

この保険のメリット

保障プランが80%保障のみのシンプルでわかりやすく、8割は保険金が支払われるので高額になっても安心です。他の保険では年間の通院・入院・手術の回数が決まっているものもあります。そうすると何度も通院しないといけなくなると保障日数を超えてしまうと、年間保障限度額内でも通院では保険金が支給されなくなります。

ペッツベストでは年間補償限度額内なら通院・入院・手術を何度受けても保険金は支払われるので安心して動物病院を利用できます。

注意点免責金額

ペット保険会社の中でペッツベストだけに免責金額が設定されています。免責金額とは1事故・1傷病にたいしてお客様が支払う金額をあらかじめ設定しています。

通院+入院+手術でかかった金額にたいして、プランにより7,500円か2万円をひいた額の×80%が支払われる保険金額です。

  • 例・(10万円(かかった治療費)-7,500円(免責金額))×80%=支払われる保険金

ペッツベストは更新ごとの保険料の上昇も少なく非常に魅力的なペット保険です。他の保険会社にはない免責金額があるのは更新の保険料上昇率、月々の保険料をできるだけ抑える目的で設定されています。

アイペット

  • 50%/70%保障プランがあります
  • 手術+手術を含む入院に特化した90%保障ライトプランがあります
  • ペット賠償責任特約(オプション)がつけられます
  • 無事故継続割引5%OFF

50%、70%プランから自分のペットに合ったプランを選ぶことができます。うちの子ライトは他の保険にはない特徴として、手術+手術にかかわる入院にだけ保険金が支払われて、通院には支払われないですが、そのかわり保険料は非常に安価になっているという特徴があります。一番お金のかかる手術に特化した保険なのでもしもの時の備えとしては魅力的なのではないでしょうか?ライトプランのみにインターネット割引(10%割引)があります。

ペット賠償責任特約(オプション)は自分のペットが他人をケガさせたり、他人の物を壊したり、他人のペットにケガをさせたりしたときに損害賠償金を1事故500万円まで保障されます。月130円ほどなのでもしもの時に備えて加入しておいた方がいいかもしれません。

注意点

通院・入院・手術に限度日数・回数がありますので、年間保障限度額内でも日数を超えてしまうと保険金が支払われないので、そこは注意した方がいいです。

アニコム損保のペット保険

  • 50%保障プラン・70%保障プランがあります
  • 2014年ペット保険シェアNO1です
  • ペット賠償責任特約がオプションであります
  • 健康割増引制度があります
  • アニコム提携動物病院なら「どうぶつ健康保険証」提示で保険金の請求が完了します

この保険のメリット

ペット賠償責任特約がオプションでありますので、もしもの備えに安心です。
アニコムと契約すると「どうぶつ健康保険証」を受け取れて、提携動物病院なら窓口に提示することで自己負担額だけを支払えば保険金の請求が完了して簡単です。

2014年ペット保険シェア1位ですので、多くの方から支持されています。
50%・70%の2つから選ぶことができます。

健康割増引の注意点

通院・入院日数/手術回数0回1〜5回6〜19回20〜39回40回以上
割増引率10%割引5%割引割増引なし20%割増50%割増

その年に動物病院を利用した回数に応じて、契約更新の次年度の保険料が割引・割増されます。ペット保険は大事なペットのもしもの備えですので、ペットが病気やケガで何度も利用すると次年度の保険料が上がるというのは保険の趣旨と違うように感じますが、この制度を導入することで保険料を下げることができていると言えます。

アニコム損保に加入を検討する人は健康割増引制度があることは理解しておいた方がいいと思います。また支払い日数が設定されていますので、注意する必要があります。

FPC

  • 50%保障プランのみというシンプルな設定です
  • 8歳まではどの犬種・猫種でも保険料は同じ設定です

FPCのメリット

他の保険会社と比較しても格安の保険料を実現しています。

注意する点

支払い限度日数・回数が設定されていますので注意が必要になります。

PS保険

  • 50%・70%・100%プランがあります
  • ペット用車イス費用が自動でついています
  • 終身での継続が可能です

PS保険のメリット

終身での継続が可能なので高齢になっても安心です。
ペットがもしも事故に合って肢を失ったときに車イスなどの装具・装備の費用を10万円まで保障してくれます。

ペット保険会社の中でも格安の保険料で提供されています。

注意点

支払い限度日数・回数があるので注意する必要があります。

ガーデン

  • 50%・70%・90%保障プランがある
  • 通院のみを保障する50%・70%・90%プランがある
  • ペット賠償責任特約が自動でついている
  • 谷型の保険料金制度になっている
  • 年間保障額までは何度、通院・入院・手術してもOK

ガーデンのメリット

3種類のプランからペットにあったプランを選択することができます。
ペット賠償責任特約が自動でついているのでもしもの時にも年間500万円まで補償されます。

谷型の保険料金制度になっていて、病気やケガの確率の低い3歳までは保険料が下がり、その後もゆるやかに保険料は上がっていきます。
年間保障額までは何回でも利用できますので、日数・回数を気にせずに利用できます。

注意点

通院のみのプランは通常のプランより保険料が安くなっていますが、通院しか保障されませんので高額になりがちな手術・入院は自腹で支払わなければいけないです。契約するときはそれを理解して契約した方がいいと思います。

アサヒダイレクト

  • 50%・70%プランが選べる
  • 年間限度額内なら、何度利用しても大丈夫
  • 24時間365日、獣医師による「ペット健康相談サービス」を無料で受けられる
  • ペット保険賠償責任危険補償特約(示談交渉付)がオプションである
  • 終身継続が可能なので高齢になっても安心です

アサヒダイレクトのメリット

年間保障限度額内なら何度でも通院・入院・手術が受けられますので、日数・回数を心配しないで利用できます。
ペットが体調が悪くどうしたらいいか不安になった時に電話で獣医師に相談できます。

ペット保険賠償責任危険補償特約に示談交渉がついていますので、保険会社が示談交渉をしてもらえるのであんしんです。

日本アニマル倶楽部

  • 全てのプランが100%保障プラン
  • 5つのプランがあります
  • 終身契約が可能なので(犬・猫のみ)高齢になっても安心です
  • 小動物・鳥類・爬虫類も加入できます

日本アニマル倶楽部のメリット

全てのプランが100保障なので事故・病気になった時の安心感は高いです。
5つのプランから選べるのでペットにあったプランが選べます。

小動物・鳥類・爬虫類が加入できる保険はここだけです。

注意点

通院・入院・手術に日数・回数制限がありますので、利用するときには日数・回数に注意する必要があります。

結局どのペット保険会社のプランがいいのか?

最終的には飼い主の方の考えなのでどれが一番いい保険ということはできないですが、全社資料を請求して比較した中で選ぶポイントとしては

  • 通院・入院・手術に制限がない保険
  • バランスの取れている70%・80%保障プランの方がお勧め

日数・回数に制限があると、例えば通院が上限日数になるとそれ以降の通院は全額自腹になります。年間補償限度額はまだ有り余っている場合でも保険が支給されないこともありますので、できれば制限のない保険の方が確実に保険金を受けられる可能性が高いと思います。

50%プランは保険料は安くなりますが、高額な医療費がかかった時に自己負担額が高額になってしまいます。
例えば1万円なら、自己負担額は5千円ですみますが、これが100万円になれば50万円もかかります。

100%プランは安心ですが、保険料が高くなりがちになりなってしまいます。これに対して70%・80%プランならば十分な保障もあり、 保険料も適切なのでメリットが大きいと思います。

ペット保険の加入を検討されている方は、一括資料請求で各社の資料を取り寄せてみることをお勧めします。各保険会社によりプランやサービスの違いがあり、各社のサイトを見ただけでは自分のペットにあった保険はわかりません。

各社のサイトに出ていない情報も資料には詳しく載っていますし、資料の方が比較しやすいです。私は今ペットは飼っていないのですが、将来のために資料が欲しくて、架空のペットの名前を入力して資料を請求しています。

資料が届いたら、電話がしつこく来るかな?面倒だなと思っていましたが、結局1社から資料が届いたかの確認が来ただけで2か月たってもセールの電話はなく心配することもなかったです。興味がありましたら、下記サイトから請求できますので申し込んでみてください。

ペット保険

まとめ

今回ペット保険に興味があり、資料を取り寄せて比較してみましたが、その中で各社の違いやどの保険がいいのか?各社のメリットなどがわかり勉強になりました。我が家も将来ペットを飼う可能性がありますので、今回の知識をそのときに生かしていけたらと思っています。

皆さんもペット保険の加入を検討されているなら、資料を取り寄せて各社のプランを比較してみてください。そうすれば、自分のペットに必要なプランが見えてきて、最適なプランを見つけることができると思います。

ここまで読んでいただきありがとうございました。