将来年金はもらえるのか?現役世代はもらえないと思って行動した方がいい理由

スポンサーリンク

皆さんは将来自分がいくら年金がもらえるの?いつからもらえるのか?ちゃんと生活するだけの金額がもらえるのか?と不安に思っているかと思います。私自身も高齢者になった時には支給年齢も上がり、定年になっても安い賃金で働きながら、不安な日々を過ごしているのではないかと予想して、将来に不安を感じています。ただ最近は年金はもらえないと思っていた方がいいのではないか、またその心づもりで行動した方がいいと感じたので記事にしてみました。

今の年金支給額を知っていますか?

皆さんは今年金が何歳から支給されるのか知っているでしょうか?平成14年の厚生年金法の改正によって段階的に60歳から65歳に支給年齢が引き上げられています。なぜこのようなことをする必要があるのでしょうか?

  • 自分が支払っている年金料は将来の自分の年金の積み立てではない
  • 払っている年金は現在年金をもらっている世代に支給されている
  • もらっている世代より、払っている世代の方が圧倒的に人口が少ない
  • このため現在年金支給額の半分程度しか年金保険料収入がなく残りは国庫などから賄われている

今でも年金の財源が足りないのがわかりますが、団塊の世代が定年になりこれからどんどん高齢者が増加していくのに、現役の世代はどんどん少なくなっていきます。

  • 現在、現役世代 2・3人で高齢者を1人ささえています
  • 2025年には 1・7人で高齢者を1人支えなければいけなくなります

このため、今より財源はなくなるため、将来的には70歳以上での年金支給に段階的に引き上げていくことを国も検討しています。国としてはその先には75歳以上まで引き上げることを考えていると思います。少子高齢化は改善できる余地がないですし、このままだと年金は破綻してしまいますからこの流れは止めることはできないでしょう。

そうなると私は資産を築かないと、30年以上働き続けていかなければいけなくなります。定年が65歳として、その後10年間も低い賃金で働き、生活費は現役のときと同じようにかかり、そのころには病気も出てくるでしょうから医療費はかかります。なかなか明るい未来は見えませんね、そのころになって「生きててもいいことなんかないわ、早く死にたいもんだ」なんて言っていたら目も当てられません。

スポンサーリンク

年金財源の株式運用比率を上げることは将来大変な損失が引き起こされるのではないだろうか

年金財源が足りないからと、その不足分を国内株式での運用比率を上げ 12%⇒25%
比較的安全な国内債券の比率を下げています。60%⇒35%

これってかなり危険なにおいがしないでしょうか?専門家が運用するといっても株式運用はそんな簡単なものではないはずです。専門家が安心というなら、証券会社にまかせていれば資産はどんどん増えて行くでしょうし、社員は自分でも投資をしてみんな億万長者になっています。実際には、7月〜9月の3か月の運用で4兆円もの損失を出したそうです。

私は、年金財源は高齢者の老後のために減らしてはいけないお金だと思っています。ましてそのお金というのは我々国民が少ない給料の中から払っているお金なのですから、財源が足りないなら現実的な対応をすべきで、それで無理なら正直に国民に話して年金料を大幅に上げるか、支給年齢を一気に上げるしかないと思いますが、誰も責任は取りたくないからやらないのでしょうね。10年後にはとんでもない損失で社会問題になっている予感がします。

我々現役の世代は年金をもらえない覚悟をしておいた方がいいのではないか?

私を含めて、20年後、30年後に年金を支給する世代は年金がもらえないことを今から覚悟して行動しておいた方がいいのではないでしょうか?
もらえないと覚悟して今から他の収入減を確保しておけば、それを何十年も行っていれば何か収入源を見つけることができるかもしれません。何も準備せずに老後を迎える人よりは安定した生活を送れる可能性は圧倒的に高いと思われます。

ただ実際には年金がなくても大丈夫な収入源を何から得るのかというのは難しい問題です。

高齢になっても安心して生活できる収入減を得る

安定的な収入として考えられる方法はいくつかありますが現実問題としては

  • 投資で稼ぐ
  • それまでの仕事で多くの貯金をしておく
  • 高齢になっても賃金をえる頭脳労働をする
  • 定年のない自営業をする
  • コンテンツを提供する

1.投資で稼ぐ

投資はリスクがありますが、昔のセブンイレブンなどのような成長が期待できる企業の株式を長期保有することは安定的に利益が出る方法です。
これに対してFXはリスクが高くて危険だといわれていますが、中には主婦で1億円儲けた方もいますので、きちんとルールを理解したうえで自分の投資手法を確立すれば利益を出し続けている人はきちんといます。

株式の長期保有でも、FXなどの短期売買でも大事なことは投資は余剰資金で行うことが重要です。使うことで生活や人生設計がくるってしまうお金ではなく、あなたが失ってちょっと痛いけどいい勉強になったと思える金額で始めることが大事です。結婚資金、住宅資金、子供の大学入学金などを投資で増やそうとして使ってしまい全てを失って、家庭まで崩壊してしまった人は大勢います。

投資はそういう資金で行っても必ず失敗します。なくなってもしょうがないという資金でやるから心の余裕が生まれ稼げるチャンスがあるのです。またそこで失敗したとしても、知識や経験がうまれ、次の挑戦のときの力となります。

2.多くの貯金をする

老後に備えて貯金をすることが必要です。現在でも老後に備えて2千万円は確保しておかないとゆとりのある生活は送れないと言われていますが、20年・30年後ならもっと多くの金額が必要になります。そんな金額無理だよ!と多くの方が思わると思います。私も無理です。

順調に行っても住宅ローンで退職金も使い果たしてしまうと思いますから、ほとんどの方は貯金単独では無理なので、他の方法と組み合わせることが必要になると思います。

3.高齢になっても続けられる頭脳労働をする

肉体労働は高齢になったら続けることができないですが、頭脳労働なら高齢になっても続けることができます。弁護士でも年間100万円も稼げない人がいる時代ですので、どんな仕事が将来も稼げるのか予想することが難しいですが、高度な頭脳職ならその時代でも通用します。

4.定年のない自営業を行う

前はサラリーマンになることが一番いいことであるような風潮がありましたが、今は違います。大企業でも業績が悪ければ社員を大量にリストラする時代になりました。決して正社員で安泰ではありません。これに対して、以前は零細のイメージのあった農業・漁業などの1次産業でも稼いでいる方は多くいます。

その他大勢の農家・漁師では稼ぐことは難しいですが、その地域でしか取れないブランド品を作れば高収入が得られます。漁業であれば高値の魚を収穫する技術ですね。それに自営業なら体が続けば、高齢になっても続けていくことができます。

5.コンテンツを提供する

私が今力を入れているのがここです。コンテンツを提供することの一番いいことは、リスクがほとんどなく、趣味としても始めることができることです。映像を提供するのが好きなら流行のユーチューバ―に、写真が好きなら写真を撮って販売する、イラストが得意ならイラストを売る、ブログ・サイトを作って商品広告を貼るなど自分にあった方法を選ぶことができます。

写真は「ピクスタ」などのサイトに無料登録して販売することができます。実際に月に70万円稼ぐ方もいますので、成功を収めることができればかなりの金額を得ることができます。

イラストを描くのが好きなら同じように「ピクスタ」に登録して販売できます。

一番夢があるのが、ブログ・サイトの作成です。個人のブロガーの方で、100万円以上稼いでいる方はかなりいます。
ただすぐに稼げるような甘いものではないことは確かです。稼げるブログに最低限必要なことがあります。それは

  • ファンができるような魅力的な文章力
  • 見た人が役に立つ情報を提供する

このどちらかが必要になります。魅力的な文章力は才能が必要ですので、誰でもできるわけではありません。残念ながら私にはなかったです。それに対して、役立つ情報を提供することは、ニーズがある情報に対して圧倒的に勉強して独自の切り口で提供できれば人気ブログ・サイトを作ることは可能です。そしてこの方法で成功するのにも最低限必要なことがあります。

  • 最低でも100記事書いてからがスタート
  • 有料サーバーと独自ドメインで始める

最低100記事書いてからスタート

私も含めて普通の人が10〜20記事くらいで人気ブログになるなんてありません。それができるのは1部の人間です。凡人は1記事ずつ精一杯書き続けていくしかないです。その中で記事が溜まってきてGoogleにも評価されて検索が上位に行くようになります。

私はやっと70記事くらいですが、4か月の低空飛行からやっとアクセスがあがってきて、一番読んでほしい記事も読まれるようになってきています。

有料サーバーと独自ドメインで始める

無料ブログがあるのに、なぜ有料サーバーと独自ドメインで始めることが必要なのかと思うかもしれませんが、それには多くの理由があり無料ブログは多くのデメリットがあるからです。無料ブログは収益化には制限があったり、アメーバのように広告が張れないものもあります。

有料サーバーとドメインだとお金がかかるから、まだ儲かるかわからないのに嫌だと思うかもしれませんが、これは仕事と同じことだと考えてください。あなたが仕事をするときに背広やカバンを会社がそろえてくれるでしょうか?そんな会社ないですよね?

無料サーバーと独自ドメインは背広ほどのお金はかからないです、安いところなら両方で年間7千円ほど月にわずか600円くらいです。それくらいのお金が出せないようならブログ・サイトで稼ぐのはあきらめたほうがいいと思いますよ。途中で挫折してしまいますから、無料ブログで趣味程度でやった方がいいです。

お金が稼げるか不安なら心配しなくていいと思います。私でも4か月でその金額は超えてますので、他の方ならもっと速く費用ぐらいは稼げるようになります。無料ブログより始めるまでの設定がいろいろあり難しそうだと感じるかもしれないですが、ブロガーの方がやり方を詳しく記事に紹介していますので心配ないです。ちなみに彼らはそれを記事にして集客して稼いでいます。私でも出来たから誰でもできます。記事を見て自分で設定して記事をかける状態にしてからが稼げるスタートです。面倒かもしれないですが、それも知識を深めるために必要なことで、これも無料ブログで始めると経験できない貴重な知識になります。

有料サーバーはどこでもいいと思いますが、「ロリポップ」 なら100円・250円・500円とプランが選べるのがいいですね、もちろん金額が高い方が容量が大きいので人気が出てアクセスが集中してもエラーが出ないので安心です。

私は「エックスサーバー」 を使っています。月額1,000円くらいで他よりは高いですが、サポートの評価が業界で一番良くて、容量もトップクラスです。サイトを何個か作りたい希望があったので1つの契約ですましたかったというのが一番の理由です。容量が小さいと何個も契約しないといけない不安があったので、それにドメインを1個もらえるのでドメイン会社で契約する手間や金額がかからず始められて便利です。

「ドメイン」を連呼していましたが、ネットの中の住所にあたります。これを契約して持つと世界で1つだけあなたのネットの住所が作られます。これがないとブログを作っても誰もあなたのブログに到達できません。
ドメイン会社はどこでもいいと思いますが、「ムームードメイン」 「お名前.com」 などの有名どころを選んでおけば間違いないです。

まとめ

書きたいことがどんどん出てきてかなり長い文章になってしまいましたが、私はブログを書くようになってから色々なことを考えるようになったのですが、私の世代は年金をもらえないか、もらっても月の金額かなり低い金額になり、それだけでは生活できない状況になるのではないかと思っています。今までは年金の問題をテレビで見ていてもただテレビの前であれが悪いこれが悪いといって終わりだったのですが、それだけでは何も変わらないのではないかと感じています。

今の少子高齢化が続けば、どんな政策を行っても今よりいい状況にはならないことが想像できますし、政府が株式で年金を増やそうというおかしなことをやっていれば必ず財源は減ります。

私には世の中は変えれないかもしれないですが、少なくとも私が行動すれば私や奥さんの未来は変えられる可能性があります。年金制度があてにできないのであれば今から、色々なことに努力し将来の収益の確保をしておけばいいです。どんなことでも挑戦して成功するとは限らないです、そこで失敗してもそれは失敗ではなくまた何かを始めればその経験は次につながるのではないのか?思っています。

一番の失敗は何も行動を起こさずにいることです。その状態は失敗はしないように見えますが、実は大きな成功の機会を失っているだけの状態なのかもしれません。皆さんも年金に不安をもって生活していても、どうしようもありません。そんなことに不安を抱えて生きていてもストレスを抱えるだけですから、それなら自分ができそうなこと、やりたいことに挑戦してみてはどうでしょうか?

私が挑戦してみてほしいのはコンテンツを提供することです。どんなことでもいいので、あなたが興味を持ったことをやってみてください、それを楽しみながらやることで大きな成功と、かなりの金額を獲得することができるかもしれないです。自分には無理だと思いますか?それはやってみなければわかりませんし、やってみたら自分の新たな一面が見つかるかもしれません。

ここまで読んでいただきありがとうございました。