初めてパソコンを買う、あなたに知ってほしい4つのこと

スポンサーリンク

こんにちは、じょんのびです。
前回の記事でどこでパソコンを買うかについて記事をかきましたが、パソコンに詳しくないあなたに対してどうやって欲しいパソコンを選んだらいいのかについてわかりやすく説明していきたいと思います。

あなたがパソコンを買うのに知っておくべき4つの情報

ここではネットでスーパーのチラシを見たり、youtubeで動画を見るくらいしか使わないうちの奥さんがパソコンを買うとしたらと想定して、わかりやすく簡潔に説明していこうと考えています。

1.あなたはどんな形のパソコンが欲しいの?

パソコンには「デスクトップ型」と「ノート型」があります。この2つのうちどちらかにするのか選択することになります。
同価格での性能  デスクトップ型 > ノート型
携帯性        デスクトップ型 < ノート型
となり、性能だけを基準に選ぶのなら「デスクトップ型」でまちがいないでしょうが、携帯性は「ノート型」で決まりです。それぞれの違いにを見てみましょう。

スポンサーリンク

「デスクトップ型パソコン」
「タワー型」と「一体型」があります。

「タワー型パソコン」
本体と液晶画面が分かれている設置型パソコンです。

メリット
同金額なら性能のいいパソコンが買えます。
拡張性があるためパソコンの部品を交換して性能を上げることができます。故障した時もその部品だけを交換すれば済むので修理代も節約でき、長く使い続けることができます。

デメリット
サイズが大きいのでかさばります。裏の配線も多くごちゃごちゃしています。
今はあまり人気がないのか家電量販店では販売している種類が少ないです。

「一体型パソコン」
本体と液晶画面が一つになった設置型パソコンです。

メリット
一体型なので後ろの配線が少なくごちゃごちゃしていません。
一体型よりはかさばらなく、見た目もすっきりしています。

デメリット
同価格では「一体型」よりは性能が落ちます。
拡張性も低く、故障時キーボードやマウスは買い替えることができますが、液晶が壊れると本体ごと修理に出すので割高になります。

「ノート型パソコン」

メリット
携帯性に優れています。外でも家の中でも自由に持ち運びして使うことができます。

デメリット
同価格では性能が低くなります。
拡張性は低く、故障時はキーボード、液晶が壊れても本体ごと修理に出すので割高になります。

2.CPUって書いてあるけど何なの?

CPUは人間に例えると頭脳にあたります。性能が良ければ処理能力が高くいろいろな作業スピードが上がります。当然性能が高ければ価格も上がりパソコンの値段もあがります。

CPUメーカーには「Intel」「AMD」がありますが、日本では「Intel」が主流ですのでそこだけ覚えていればいいと思います。

「Intel」のCPUシリーズにはPentium,Celeron,Core,等があります、Coreシリーズとその下位版にあたるPentium,Celeronがあると覚えてください。
ただCoreだから全部性能が上ではないという所がわかりづらくなっています。

私もパソコンを買うときに比較しましたが、わかりづらいので店員の方に確認するといいと思います。性能が高いことに越したことはないですが、価格も上がるので自分がやりたいことに必要な性能を選ぶバランスが必要です。

注意が必要なことはCPUだけは交換することが基本できないことです。

3.メモリって何なの大事なの?

読み書きを担当する主記憶装置です。ここが性能がいいと、いくつものソフトを並行して使うときなどスムーズに作業できます。
数字が上がると容量が増えます。

どのくらいあった方がいいのか?

家電量販店で売っている基本的な機種では4GBが標準で、このくらいあればネット検索程度なら十分な速度で使えます。注意してほしいのが低価格品で2GBしかないものです、いくつものソフトを立ち上げると速度に不満を感じるかもしれません。

家電量販店でもメモリの増設を手数料を払えばしてくれるところもありますので、後で増設の手間を考えるなら検討してみてもいいと思います。

私は後々の事を考えて8GBに増設しています。

4.HDDってハードディスクの事なの?

今ではDVD、ブルーレイなどが家庭にあるので耳にするようになった言葉です。
パソコンの補助記憶装置です。補助記憶と名前がついていますが、ここにすべてのデータが保存されています。OS、エクセル、ネットからダウンロードしたソフトなどあらゆるものが保存されています。

どのくらいの容量がいるの?

今売っているものは500GBが主流でこのくらいあれば画像などをガンガン取り込まなければ十分と思います。
値段も比較的安いので購入するとき確認して、倍の1TBに増設を検討してみてもいいと思います。また後で外付けで増設もできます。
欠点としては衝撃・振動に弱くパソコンの中では、比較的故障しやすい部品です。

これから主流になります!SSD

フラッシュメモリを使用した記憶装置で将来的にはHDDに変わり主流になると言われています。
私もSDDがどうしてもほしくてそれを基準にパソコンを選びました。

SSDのメリット (HDDと比較)

  • 衝撃・振動に強く壊れにくい
  • 処理速度が高速
  • 消費電力が少ない

SSDのデメリット (HDDと比較)

  • 容量が少ない
  • 価格が高価

結局何を買ったらいいの?

家電量販店で店員の方にすすめられるパソコンを購入するならそれでいいのですが、自分で色々調べていくとどうしても少しでも性能のいいものを購入したいという気持ちがでてきます。
ですが、ネット検索などに使用する目的で高価な高性能パソコンを無理に買うこともないと思います。例えるなら、近場に買い物に行く目的だけに車を選ぶときスポーツカーを買うようなものです。

そういう時は一度自分がパソコンを買う目的を考えて、それに合わせた性能を選ぶことがいいでしょう。
その中で自分の予算内で性能がいいものが欲しいなら「タワー型デスクトップ」、それはごつくて嫌なら「一体型デスクトップ」、外出先や家のいろいろな場所に移動して使うなら「ノート型」を選んでみる。

それを店員の方に伝えれば、その目的に合うパソコンを勧めてくれると思います。
記事が長くなったので、私がパソコンを買った時に優先したこと、実際に買ったパソコンとは?についてはのち程ここか、他の記事で載せようと思います。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

どこでパソコンを買うのか悩んでいるあなたに見てほしい記事
先月から夢中でブログの作成とadsense申請通過を目指して走ってきましたが、そろそろ私にもかっこいいノートパソコンが必要ではないかと思い色...

あなたの欲しいパソコンがここにある!BTOパソコン
こんにちは、じょんのびです。 前回の記事でどこでパソコンを買ったらいいのか?あなたが欲しいパソコンの性能は?についてかいてきました。 ...