パチスロでなかなか勝てないと悩んでいるあなたに見てほしい記事

スポンサーリンク

こんにちは、じょんのびです。

以前パチンコで負けない方法という記事を書いてみましたが、今回は私が一番はまってしまったパチスロについて記事にしていこうかと考えています。好きなパチスロで稼いでみたいと一時本気で思っていろいろ勉強してきた中で見えた来たものがあります。

パチスロに興味があるけどわからないという方、パチスロでなかなか勝てないで悩んでいる方にパチスロとはどういうものか記事にしてみました。

パチスロで稼ぐことはできるのか?

パチンコの記事で書きましたが、パチンコで稼ぐことは難しいです。パチンコは「クギが読める+長時間稼働できる+タマを節約して打てるテクニック」つまり専業か、無職で時間のある人しか勝ち続けることができない機械です。

これに対して、パチスロは設定がありますので高設定を打つことができれば、勝つことは難しくはないです。時間のない働いている人でも初めから高設定の可能性の高い台(データーである程度推測できます)を打てば勝つ確率は上がります。

設定BIGREG合成確率機会割り

1

1/287.41/455.11/176.195.8
21/282.41/442.81/172.496.7
31/282.41/348.61/156.098.71
41/273.01/321.21/147.6100.8
51/273.01/268.51/135.4102.8
61/268.51/268.51/134.3105.1

これはアイムジャグラーのボーナス確立と機会割りです。

スポンサーリンク

機会割りとは何なのか?

機会割り100%の台なら投資した額と回収した額が同一になりますので、何となくイメージできると思います。それなら設定6ならどのくらい稼げるのか期待値を知って欲しいと思います。

  • 回転数×3×機会割り(105%なら0.05で掛けてください)=期待獲得枚数

夕方からジャグラーを4000回転回せたとしたら設定6なら、4000×3×0.051=612枚の期待獲得枚数になります。計算するとかなり少ない枚数ですが、後は打ち手の引きによって大きく勝てたり負けたりしてしまいます。

パチスロにはいろいろな種類の台がありますので次にその種類について説明してみたいと思います。

パチスロにはいろいろな種類=ルールの台があるので理解して打たないといけない

パチンコも今は色々な機種がありますが、基本的なルールは変わっていませんのでパチンコ屋に行って台の脇に置いてあるパンフレットを見ることで何となく打つことは可能ですが、パチスロの場合機種によって打ち方のルールがあり、知っていないと損をすることがあるので必ず勉強して打つ必要があります。

純Aタイプ

ジャグラー、ハナハナなどで「ビッグ、レギュラー」だけでコインを増やしていくゲームです。高設定なら安定して勝つことができますが、爆発力はないので大きく勝つことは難しいです。

RTタイプ

5号機初期によく見かけました。RTに当選するとリプレイがそろう確率があがるのでコインをほとんど減らさずにゲーム数を稼げる機種です。ただボーナスに当選しないと回すだけというゲーム性で人気がないのか今はみなくなりました。

ATタイプ

ATに当選すると普段取りこぼす子役を教えてくれるので、コインが増えていきます。そのため普段は子役がそろわないのでゲーム数を稼げずお金がかかります。その分ATが当選した時の爆破力はすごいですが、投資がかさむ傾向があるので収支は安定しないですし、高設定かどうかの見極めも難しいので手を出しづらい機種かも知れません。

ARTタイプ

ATとRTが合わさった使用になっていて、ARTに当選すると子役のナビとリプレイの確率があがります。普段のゲームでも子役がそろうのでAT機よりはゲーム数を稼げますが、AT機同様に爆発力はありますが、収支が安定しない+高設定かわかりづらいので手が出しづらい機種です。

パチンコ屋側から見たパチスロ

パチンコ屋側から見れば継続的にお客さんからお金を吸い続けないと営業を続けられません。店は利益の全てをお客さんから回収しなければ機械代、店舗代、従業員の給料も払えません。ライバル店もいるでしょうから新しい地域に出店する莫大な費用も確保しないといけないのです。

そうなると、お客さんを呼び込み、何台かの高設定代を置いて出玉を見せて利益を出します。打つお客さんが多ければ高設定でなくても引きで出す人もいますから、出玉はアピールできるのです。

パチスロで勝つ方法

今までのことをふまえてパチスロで勝ち続ける方法はないのか考えてみます。

  • 純Aタイプをメインに打ち高設定の可能性がある台しか打たない
  • AT、ART機は天井付近や当たりやすいゲーム数の台しか打たない、でなければ即やめる
  • 高設定のある店で打つ。それ以外の店には近づかない
  • 打つ台がないなら絶対に打たない

これを守っていれば勝つ確率も上がりますので、稼げる可能性も上がるでしょう。一番大事なのは勝てる可能性がないなら打たないことと、わずかしか出なかったらコインが例え20枚しかなくてもやめる決断力です。パチスロを打つ人は好きな人なのでこれが難しいです。私も好きで打っていたので、何とか理由をつけて打ってしまい負けたことが何度もあり後で自己嫌悪に陥っていました。

まとめ

この記事を書くためにパチスロの情報を検索すると6号機の話が出ていますね!私が打ち始めたのが4号機の終わりぐらいでストック機にはまり年間で45万負けたのを反省して、5号機になると稼ぐことに徹して勉強してやってみましたが、2年間で収支がトントンにしかならなかったので、私には稼ぐのは無理かな?と感じ徐々にパチンコ屋から離れています。

私の場合好きな気持ちが強く勝ちに徹しきれない部分があって無駄打ちもありますが、それでも±0にできました。スロットで稼いでみたいと思っているあなたなら稼げる可能性は高いでしょう!

ただ知っていてほしいことは年々パチスロの規制は厳しくなり、パチスロ代は液晶が付き高くなっています。パチンコ屋も利益を出すことが難しくなっているので、当然高設定は少なくなり⇒お客さんは勝てなくなってきています。

パチスロでサラリーマンの年収より稼げたのは昔の話です。これからパチスロを打つのは「楽しんで打って、ちょっと小遣いを稼ぐ」というスタンスでやる時代になったのではないでしょうか?

ここまで読んでいただきありがとうございました。

前に書いたパチンコの記事です。良かったらのぞいてください!

パチンコfanのあなたに知って欲しいパチンコの真実
こんにちは、じょんのびです。 このブログはadsense広告を貼っているので禁止事項でギャンブルの記事は書いてはいけないとあったので、控え...

パチンコfanのあなたに知って欲しい!稼げる羽根物という機種
皆さんパチンコを楽しんで打っていますか?私が打っていて月の収支がマイナスになったことのない羽根モノについて今回は紹介してみようかと思います。...

パチンコ依存症?パチンコがやめられないあなたに知って欲しいこと
こんにちは、じょんのびです。 前回の記事でパチンコの真実について書きましたが、今回はパチンコに負けてばかりいてやめたいのに、またパチンコ屋...