大人にいやしを与えてくれる、よつばとダンボーくんを購入して開封の儀をしてみた

スポンサーリンク

以前から欲しくてしょうがなかった、よつばとダンボーくんを購入しました。

私はコレクションを集めたりするタイプではなく、今まで模型や玩具を集めたことはなく、興味もなかったのですが、ダンボーくんの愛らしさにやられて購入してしまいました。

この記事では、よつばとダンボーくんの紹介と、購入したダンボーくんの開封の儀をしたいと思います。

よつばとダンボーくんとは?

ダンボーくんは「よつばと」という漫画にでてくる、段ボール製の着ぐるみです。漫画では小学生が中に入って動かす設定のようです。

このダンボーくんは海外でも人気で、アメリカの写真家アリエル・ナデル氏はダンボーフィギアの写真を撮り続け、写真集「365 Days of Danboard」を出版しています。

ダンボーくんに対する愛情が感じられますね。

漫画では全13巻中2話しか出てこないのに、今では海外でも人気のあるキャラクターになっています。

私はダンボーくんが漫画のキャラクターであることを知らず、Amazonダンボーフィギアをネットで見て、Amazonのキャラクターだと思い込んでしました。

他の人のブログで商品を紹介する画像にAmazonダンボーくんが一緒に写っているのを目にして、自分もAmazonで購入した商品を紹介する時画像のワンポイントとしてAmazonダンボーくんを一緒に写したいと思ったので購入を検討してみました。

ダンボーくんはコラボダンボーくんがいろいろ出ている

ダンボーくん

ダンボーくんはオリジナルのダンボーくん意外に、いろんな企業とタイアップしたコラボ商品が出ています。

Amazonダンボー

Amazonダンボーはあのネット通販企業のAmazonとコラボしたダンボーくんです。Amazonで購入した商品の画像を撮るときに、一緒に移したらワンポイントとして面白いかな?と思って、Amazonダンボーくんの購入を検討しました。

ゆうパックダンボー

ゆうパックとコラボした、ゆうパックダンボーくんです。郵便局とコラボしたダンボーくんも発売するなんて面白いですね。

猫にゃんダンボー

ニャンボーは猫とダンボーくんを合体させたキャラクターです。女性に好かれそうな可愛らしい外観ですね。

ゼロ戦ダンボー

ゼロ戦とコラボしたリボルテックダンボーくんです。これを見るとダンボーくんはどんな物ともコラボできる万能タイプのキャラクターなのが分かりますね。

リボルテックダンボーくんも哀愁を感じる所が魅力です。

ダンボーくんは地域限定、イベント限定で販売されていることもあるので、何処かへ出かけて見つけたら買いたいです。

ダンボーくんを販売している海洋堂ってどんな会社なの?

海洋堂はガレージキット、プラモデル、食玩などの模型を制作する会社です。以前チョコエッグがブームになったことがありますが、海洋堂が作った食玩がブームの火付け役になりました。

食玩やプラモデルに興味のない私でも海洋堂はクオリティの高い模型を製作する会社として知っています。海外でも人気があり、海外の美術館から製作依頼が来るくらいなので技術の高さが分かりますね。

そんな海洋堂が作ったダンボーくんなので安心して購入することができます。

ダンボーくんを購入したので開封の儀をしてみた

最初はAmazonダンボーくんを購入しようと思っていました。というのもAmazonで購入してよかった商品を紹介する時、写真に一緒に取るとワンポイントとしていいかな?と思ったからです。

ただ、それだとAmazon以外でお勧めの商品を紹介するときに、Amazonダンボーくんが一緒に写っているのはおかしいような気がします。

それにAmazonの画像でダンボーくんの画像を見ていたら、オリジナルダンボーくんが愛らしくなってきたんですね。そこで、はじめに購入するのはオリジナルに決めました。

ということでAmazonで購入したので開封の儀をしたいと思います。

Amazon荷物

私はAmazonプライム会員なので、時間指定が無料で翌日の希望時間帯に届いています。Amazonプライムは対象商品の送料、時間指定配送が無料なので、Amazonでひんぱんに買い物する人なら会員料金がかかったとしてもかなりお得に使うことができます。

梱包を開く

段ボールを開封すると、ダンボーくんが梱包箱に入っています。梱包の箱がダンボーくんの顔になっているなんて遊び心がある会社ですね。

ダンボー君梱包

ダンボー君梱包に入った状態

ダンボー君梱包を開く

梱包箱の中はダンボーくんとダンボーくんを立たせた状態で固定する円形の台(板?)が入っています。

立ったダンボー君

固定台に立たせた状態です。台には一か所突起したところがあり、ダンボーくんの片足の穴にはめ込んで固定できます。

外箱の上のだんぼー君

梱包の箱の上にのせても可愛らしいですね。

目のライトがついたダンボー君

ダンボーくんの頭には電池が入っていて、顔の横にあるスイッチを入れると目のライトが付きます。無くてもいいような気もしますが、たまにつけるとちょっと面白いですね。

販売しているダンボーくんには各種サイズがあり、基本は13㎝・8㎝の商品が多いです。13㎝は2千円代、8㎝ミニサイズは千円代で購入することができます。

8㎝だとちょっと小さいかなと思い、当初は13㎝の購入を考えていたんですが、そんな高い商品いるかな?と考え直し8㎝ミニサイズを購入しています。

実際購入してみると8㎝でも横幅があるので大きく感じるから、8㎝でちょうどよかったと思いました。商品と一緒に撮影する場合、ダンボーくんが大きすぎるのも商品より目立ってしまう可能性もあるのでミニサイズでよかったんじゃないかと。

オリジナルダンボーくんミニはAmazonで1,000円と他のミニダンボーくんシリーズより格安で購入できてお得なのも購入した理由です。

まとめ

前から欲しくてしょうがなかったダンボーくんを購入したので記事で紹介してみました。

ダンボーくんは可愛らしくておっさんでも買いたくなるフィギアですね。私は普段自分の机の上に飾っています。

毎日寝る前にポーズを変えてみたり、手に持って眺めたりと楽しんでます。

女の子のフィギアが部屋にあると引いてしまいますが、ダンボーくんなら可愛いから問題なしですね。

家の子もかわいい!かわいい!と喜んでいます。1,000円と値段も手ごろなので、始めのダンボーくんデビューにはちょうどいいかな。