節約で貯金に成功する方法とは?6つのことを意識することで成功できる

スポンサーリンク

お金を節約する意識を持たずに、もらった給料を使っていると貯金もできないですし、急な出費にも対応できません。

節約は少し意識するだけで、簡単に成功することができます。その方法を記事にしてみたいと思います。

人間が生活しているとお金がかかる

人間生活しているとお金がかかるものです。

毎日何気なくお金を使っていると、家計は毎月赤字になってしまうかもしれません。

いつも何気なくやっていることがお金を貯められない原因になっているかもしれません。

ちょっと節約を心掛けることで、お金が貯まって1年たつと大きな金額を貯金できます。

  • いつも習慣でしている出費を見直す
  • 使っていない定額サービスを見直す
  • 見栄や世間体でお金を使わない
  • ギャンブルや宝くじは趣味程度にする
  • お金を使う、貯めることを意識して行う
  • 無理な節約は継続できない、たまには好きなことにお金を使う

これらの事を意識して行うことであなたの節約に対する意識、行動は変わっていきます。

それでは各項目について詳しく考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

いつも習慣で行っている出費を見直す

いつも習慣でしていることが、無駄な出費につながっているということもあります。

例えば、仕事帰りに毎回コンビニによって飲み物や食べ物を購入していると1か月になるとかなりの金額になります。

習慣化すると行くのをやめようとしてもなかなか我慢できないものですが、コンビニに毎回行くことが必要なのか考え、回数を減らすことで大きな節約になります。

ジュースを自販機やコンビニで定額で購入するのと、スーパーやホームセンターで格安で購入するのではかなりの金額差があります。

130円のジュースが70〜90円、特売なら50円で販売していることもありますので、半額以下で購入できることになります。

安いから中身が違うわけではないので、安いところで購入すれば大きな節約効果が見込めます。

使っていない定額サービスを見直す

定額音楽配信サービス、動画サービスなどは借りに行く必要がなく便利、金額も安いからと始める人もいます。

ただ、数か月もすると利用しなくなり、毎月の利用料金だけを支払っている人も多いのではないでしょうか。

利用していないのなら無駄な出費なので解約した方がいいです。

スマホの機種変更時、特定の定額サービスに初月だけ加入すれば、機種の本体価格を割り引いてくれるサービスがありますが、中には解約しないで無駄なお金を支払っている人もいます。

定額サービスを利用しているならいいのですが、解約の仕方がわからない・解約の手続きが面倒だから・加入しているのを忘れているなら無駄な出費ですので解約するべきです。

見栄や世間体でお金を使わない

人間は見栄や世間体を気にする人が多く、他人の目を気にしてお金を使ってしまうものです。

いい車を購入、収入に合わない家に住む、子どもや自分の服はブランド物など人の目を意識して、自分の身の丈に合わない出費をしている人も多いのではないでしょうか?

実は高所得家庭の方が破たん予備軍の人が多いといわれています。

高給取りの人は蒸留意識が強く、見栄を張って高級車、高級マンションを購入、子どもは私立に通わせいくつも習い事を習わせる、毎年家族で海外旅行に行くなど、節約や貯金を意識した生活をしていないため貯蓄もほとんどなく将来は破たんする家庭も多いと予想されています。

それだけ見栄や世間体を意識しすぎると、出費がかさみますので注意が必要になります。

ギャンブルや宝くじは趣味程度にする

ギャンブルは胴元が必ず勝つもので、たまに大勝ちしたとしてもトータルの収支を考えれば、マイナスな人が多いはずです。

他で節約を頑張っても、毎月パチンコで3万使っていれば焼け石に水ですので、節約をしたいならギャンブルをやめる、する金額を減らすなどの努力が必要です。

宝くじは庶民の夢といわれていますが、購入金額の4割は税金+軽費になっていて、形を変えた税金といわれています。

多くの金額を購入しても発行している膨大な枚数に比べたら、当たり確率にたいして大した違いはありません。

年に数回楽しむくらいの金額を購入した方が賢明です。

お金を貯める・使うことを意識して行う

お金というものは意識して使っていかなければ、いつの間にかなくなってしまうものです。

給与の振込口座に貯金をしていると、どのくらいの金額を使っていいのかわかりづらく気づくと貯金のためのお金を使ってしまいます。

給与が振り込まれたら、貯金するお金、支払うお金と振り分け残ったお金を他の口座に預金するか、手元に置いて使うようにしましょう。

そうすれば使えるお金がはっきりわかり、その金額でやりくりするようになります。

それで足りない場合には、なぜお金が足りなくなるのか把握しやすく、どこに無駄なお金を使っているかわかります。

無理な節約は継続できない、たまには好きなことにお金を使う

節約の事ばかり考えていると息がつまってしまい、ストレスでかえって散在することになります。

たまには好きなことにお金を使うことも必要だと思います。

真面目な人ほど節約しようと思いたったら、細かいところまで節約したり、家計簿をつけたりして自分を追い込んでしまいがちです。

節約に成功したら、その一部のお金で家族旅行や美味しいものを食べに行くなど、ちょっとした楽しみを持つようにすることも節約には必要です。

まとめ

節約はちょっとしたお金の使い方を意識するだけで、お金の使い方も変わってきます。

何でも我慢しての節約では継続することもなかなか難しいので、節約を楽しむくらいの気持ちで挑戦してみてはどうでしょうか。

そうすれば、もっとお得に購入できる方法を探してみたり、今回は我慢して節約が成功したら欲しいものを購入しようなどと前向きな気持ちで節約をすることができます。