子どもが生まれる前に出産・育児準備より教育資金を考えておかなければいけない理由

スポンサーリンク

この記事は私の失敗から書いています。

子どもが生まれる前は出産・育児準備に追われると思いますが、それより前に考えておかなければいけないのは将来の教育資金計画だと思います。

私が子どもの教育資金について考え始めたのは、2歳になってからでした。

この記事では

  • 子どもの教育資金準備は早いほど有利な理由
  • 教育資金はどのように積み立てるのがベストなのか?

について書いていきたいと思います。

赤ちゃん

なぜ教育資金の積み立てが必要が考える

まずなぜ教育資金の積み立てが必要なのかについて説明したいと思います。

子どもの教育資金が1番必要な時期っていつでしょうか?

高校卒業後に大学などに進学する時ですね。

どのくらいのお金が必要かというと

進学先進学でかかるお金総額
大学(公立)350万円
大学(私立)450〜500万円
短大・専門学校250〜350万円

スポンサーリンク

このくらいは必要になってきます。かなりの金額になりますね。

進学する学校、学部によって違いがありますが、どこに進学したとしても入学初年度は入学金+1年の授業料で100〜150万円は考えておかなければいけません。

この進学資金を中学、高校から貯金し始めたとしても高校卒業までに間に合わない可能性が高いんですよ。

だって子どもは中学校くらいからどんどんお金がかかるようになります。高校受験でもお金がかかってくるし、食費、小遣い、被服費なんかも大人よりかかります。

その時期にお金を貯めたいと思っても、とてもできない状況になっているかもしれません。

だから、教育資金の積み立ては子どもが生まれたばかりのまだお金がさほどかからない時期からコツコツと始めた方が、月々の負担も少なく賢く積み立てられるんです。

教育資金はどのくらい貯めるのか?いつから貯めるのか考えてみる

それでは教育資金はどのくらい貯めればいいのか考えてみましょう。

将来子供が大学に進学するのか?短大、専門学校に行くのか?わかりません。

そこで100万〜500万円まで各金額をためるのに月々どのくらい貯金したらいいのか見てみましょう。

 金額0歳幼稚園入園(4歳)小学1年生中学1年生
100万円 4630円5556円 6944円 13889円 
200万円 9259円11111円 13889円 27778円 
300万円13889円 16667円20833円 41667円
400万円 18518円22222円 27778円55556円
500万円 23148円27778円 34722円 69444円

これを見ると小さいうちから教育資金は準備していた方がいいことがわかりますね。

中学生から教育資金を準備するのは月々の積立額が大きいので大変です。

それに中学生くらいになれば学校の授業料以外にも塾代、部活動費用、衣服、スマホも必要になってきますからお金はいくらあっても足りなくなります。

小学校卒業までがお金を貯められる期間だと言われていますので、そこまでにある程度の教育資金を積み立てておかないと大学進学までに十分な貯金を積み立てることが難しくなるんじゃないかと思われます。

教育資金の貯め方

教育資金の積み立て方法には貯金と学資保険があります。どちらを選ぶかは親ごさんの考え方によるのでどちらが正解はないので好きな方法でいいと思います。

貯金の方が自分でコツコツと積み立てられるので簡単に行うことができるのがメリットです。今月は余裕があるから、大目に貯金しようとか、支払いが厳しいから少なく貯金しようなどと自分の裁量で金額の増減ができるのがいいです。

ただ、自分で積み立てる金額を選択できると計画的に貯金ができない人だといつの間にか積み立てを辞めてしまっていたということが起こります。

これに対して、学資保険は保険料として、月払・年払いで保険料を支払うので教育資金を強制的に積み立てていけるメリットがあります。

途中で解約すると損をしてしまうという意識があれば、積み立てが継続しやすいですしね。

学資保険に対する色々な意見

学資保険で教育資金を積み立てることにたいしては保険のプロでも色々な意見があってそれを聞いていると、ますますどうしたらいいのか分からなくなります。

私は専門家ではないので、どちらが正しいのか適切な答えはわかりませんが、子どもの父親として考えるなら学資保険は最低限入っていた方がいいと思っています。

学資保険のほとんどには契約者である親(殆どの家庭は父親になっていると思います)が亡くなった時に、それ以後の保険料が免除されて積み立てる予定だった教育資金は全額受け取れるというお得な特約が付いています。

例えば、あなたが子どもが生まれたばかりで、貯金と学資保険で同金額を毎月積み立てたとします。

5年後にあなたが死亡した場合、貯金だと5年間の積み立てしか残りませんが、学資保険なら契約した金額が全額満期に受け取ることができるんです。

これって結構すごいことだなと、個人的に思っています。

貯金の方は気軽に始められますが、将来の不測の事態には対処できない欠点があります。学資保険はもしもに備える保障性&貯蓄性があるので不測の事態に対処できるんですね。

家庭の中でお父さんがなくなるリスクが高いという現実を知っておきましょう

自分が亡くなるなんて普通に生活していたら、普通は考えませんね。

でも、私も含めたお父さんが家庭で一番なくなる可能性が高いのは知っておいた方がいいです。

事故でもない限り親より子どもの方が先になくなる可能性は低いですし、平均寿命が高い女性も男性より長生きする可能性が高いです。

そうなったら1番早く亡くなる可能性の高いお父さんにもしものことがあった時の備えをすることは必要なんじゃないかと考えています。(実際に自分が死ぬとは考えていませんが)

残された家族が生活に困らないよう、最低限の生命保険に入っていればいいと思いますが、それだけだと生活していくお金は十分でも、将来の教育資金が足りなくなる可能性があります。

その足りない部分を学資保険で補うというふうに使えれば備えとしては十分だと思います。

生命保険は何かあったときしかお金がでませんが、学資保険は積み立てなので何かあってもなくても教育資金は準備できるのが強みです。

学資保険はどこがいいの

学資保険はどこの会社がいいのかということですが、元本割れしない保険会社ならどこでも問題ないと思います。

昔なら、郵貯の学資保険が返戻率が高くて人気でしたが、現在は無駄な保障が付きすぎて12歳払い済みにしないと元本割れしてしまいます。

現在人気なのはソニー生命、富国生命、アフラック生命などの学資保険です。

私が学資保険に加入しようとしたとは近くの保険代理店で学資保険について相談してから加入しています。

保険のプロに相談した方が学資保険について納得して加入することができますし、各社の保険を比較するのは素人では大変ですから。

まとめ

教育資金の積み立ては子どもが生まれたらすぐ始めた方が将来の教育資金を多く積み立てることができます。

私は子どもが生まれてからは育児と仕事で手いっぱいで、教育資金について考えないといけないと思ったのは子どもが2歳を過ぎてからでした。

もう少し早く教育資金の積み立てを始めていれば毎月の負担額もすくなくなると思うと早くしておけばよかったと後悔しています。

子どもの教育資金は将来必ず必要になってくるお金ですから、子どもが生まれる前から夫婦で話し合っておくことが必要だと思います。