ブログに書くネタが見つからないのならネットで雑誌を読んでネタを見つけよう

スポンサーリンク

ブログを続けていくと、毎日記事を書くネタが見つからないことがありますよね。毎日面白い体験など起きず、段々とネタに困って記事の更新もしなくなってきてはいないでしょうか?

私も最近は記事にするネタ、体験したことも特になく家と職場の往復だけになっていたので更新することもなかったのですが、何とかブログに書くネタを見つけたいと考えネットで読める雑誌サイトに登録してみたので、そのことについて記事にしてみようと思います。

読んでみての感想もあわせて書いてみようと思います。

ブログに書くネタがないのなら、いろんな情報をインプットすることが必要

ブログを書き続けていくと最初は記事にするネタがいろいろあり、書くネタに困ることはないと思いますが、ある程度の記事数を書いてしまうとどんなことを記事にしたらいいのか?ネタに困ることになるのではないでしょうか?

私自身も最近では記事にする経験やネタがないため月に数記事書くのがやっとの状態で、毎日パソコンの前に座っても書くことが思いつかず他の人のブログ記事を見たり、ネットサーフィンをして時間を無駄に浪費する日々でした。

大人が生活していく中で日々面白い体験があるということはなく、昨日と変わらない日常が日々続いていきます。何気ない日常の出来事から記事ネタを探していくのは、意識していなければなかなかできません。

アウトプットをするには多くの情報を意識的にインプットしていくことが大切なのではないかと思います。頭の中に情報がない状態で記事ネタを思いつくことは難しく、思いついても内容が薄いものになりがちです。

いい記事を書きたいと思うなら、いろんなジャンルの情報を広く集めることが必要になってくるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

情報はネットからだけでなく雑誌、本から集めることも必要

ブログをやっている人はネットに触れる機会が多いため、記事ネタもネットから情報を集めて書くことが多いと思います。ただネットだと全てが正確な情報だとは言い切れません。ある情報を検索するとサイトによって180度違うことをいっている場合もありますので、サイトの情報を全てうのみにして自分の記事を書くことは間違った情報を拡散してしまう恐れもあります。

本や雑誌の場合、作家や編集者の人がしっかり取材して記事にしていますので、情報の正確さも高く、仕事として取材していますので記事の質も高いです。その記事を参考、情報素材として利用することで自分のブログ記事の中身もしっかりしたものになり、多くの人の役に立つ記事になり、アクセスも上がる可能性が高いです。

ネットなら24時間いつでも雑誌を見ることができる

雑誌や本から情報収集するといっても、毎回購入していたらお金が足りなくなります。雑誌でも一冊数百円はしますので、毎回購入しているとかなりの金額になります。

かといって毎回、本屋やコンビニで立ち読みして情報収集するのは、忙しい社会人には難しいです。ためになる記事があってもスマホで撮影するわけにもいかないですし。

今はネット定額(数百円ほど)で100雑誌以上を読むことができるサイトがいくつもありますので、その中から1つを選んで購読してみてはどうでしょうか?1か月は無料で見放題のサービスもありますから、試しに読んでみて気に入らなかったらお金がかかる前に解約することもできます。

大手雑誌読み放題サービスからどれがいいのか比較してみた

私が雑誌読み放題サービスの中でお勧めだと思うのは

  • dマガジン
  • 楽天マガジン
  • Amazon kindle Umlimited

雑誌読み放題サービス各社価格雑誌数
dマガジン月額400円約160誌

楽天マガジン

月額380円約202誌

Amazon kindle Umlimited

月額980円雑誌240誌、小説4万以上、漫画2万以上、写真集

Amazon kindle Unlimitedについては雑誌以外に小説、漫画、写真集が数万冊も読むことができる化け物のようなサービスです。定額で読める本もどんどん増えていますので、980円定額で見放題なのはかなりお得だと思います。

本をめったに読まない人には必要ないサービスですが、ブログやサイトを運営している人にとっては情報収集をするときにとても役立つサービスだと思います。私も登録してみましたが、雑誌も含めた総合サービスなので使い勝手は次回の記事で書いていきたいと思います。

今回は雑誌に絞って運営しているdマガジンと楽天を比較してみようと思います。

dマガジンと楽天マガジン使うならどっちがいいのか?

雑誌定額サービスの大手としてdマガジンと楽天マガジン使うならどっちがお得なのか?検証してい見たいと思います。

項目dマガジン楽天マガジン
月額400円

380円

(年間定額300円)

取扱雑誌160誌200誌
無料お試し31日31日
アカウント5台まで可能5台まで可能
対応端末スマホ・タブレット・PCスマホ・タブレット
お得なポイントdポイントが貯まる楽天ポイントが貯まる

 表で比較してみると金額はさほどかわりはありません。取扱雑誌については数よりは自分が読みたいジャンルがそろっているかが重要ですので、取扱雑誌を確認してから登録した方がいいでしょう。

dマガジン提携雑誌確認はこちらから

楽天マガジン提携雑誌確認はこちらから

dマガジン・楽天マガジン選ぶポイント

  1. 自分が見たい雑誌があるサービスを選ぶ
  2. PC端末を利用するかで判断する
  3. 年間購読するなら楽天マガジンがお得かも

見たい雑誌を基準で選ぶのが1番正しい選択だと思います。そして使用端末も選ぶ際に重視したい項目です。

小説のような文字だけならスマホでも十分ですが、雑誌は文字以外に写真や画像が頻繁に出てきます。雑誌はできるだけ大きな画面で見た方が見やすいので、タブレットかPCで見た方がストレスは減ります。

楽天マガジンはPC端末で見ることができませんので、PC端末で読む可能性があるならdマガジンを選んだ方がいいです。楽天マガジンは年間購読にすると月300円、月定額より80円程安くなります。

大した金額ではないですが、ずっと定期購読するなら年間購読しておいた方がお得です。

迷うなら31日間は無料なのでどちらも登録してみてもいいかも

dマガジン・楽天マガジンとも登録して31日間は無料で雑誌を読むことができます。どちらが良いのか迷って選べないのなら、迷っている時間が無駄なので、どちらも登録してみてはどうでしょうか?使ってみることで、使い勝手がわかりどちらが自分にあったサービスかわかると思います。

私はどちらも登録して使用してみましたが、使い勝手としてはどちらも不満な部分もなく使いやすいと思いました。

追記:この記事作成後、Amazon kindle Unlimitedも登録していたので、他はもう見なくてもいいかと思い解約すると、無料期間内でも1か月の月額料金は請求されました。

まとめ

今回はブログ記事のネタを見つけたくて、情報収集のために雑誌読み放題サービスを使ってみようと考え、各社を比較してみたのでそれを記事にしてみました。

ブログをやっている人はわかると思いますが、ブログを続けていると記事のネタに困っていくことが増えていきます。雑誌購読サービスを利用すれば、いつでも、どこでも端末があれば雑誌を読むことができます。

多くのジャンルの雑誌を好きなだけ見ることができますので、いろんな情報をインプットしてその中から記事ネタを見つけてみてはどうでしょうか?確かな情報をもとに記事を書けば人気記事を書くことができるのではないでしょうか。