低反発キッチンマットを使うと調理時の足の負担を軽減してくれる

スポンサーリンク

低反発キッチンマット

家事をしてくれる奥さんに低反発キッチンマットをプレゼントした

女性の人は毎日の食事の準備でキッチンに立ちますが、長時間立ちっぱなしで調理していると足に負担がかかってしまいます。

我が家は私が料理ができないので奥さんに任せっぱなしで申し訳ないと思っていたのですが、たまたまホームセンターに買い物に行ったときにオシャレな低反発キッチンマットを見つけたので、日ごろの感謝のしるしに購入してみました。

長時間立ちっぱなしでも疲れない低反発キッチンマット

購入した製品

色:ワインレッド(防水仕様)

サイズ:幅約 45cm、サイズ 約120cm

価格:2,000円

マットは防水仕様になっていて水分や食材をこぼしても拭き取ることで汚れを落とすことができます。

さすがに熱したフライパンを落としたら焦げてしまうと思いますが、普通に使用している分には長く使用することができそうです。

ホームセンターで販売していた製品のサイズ、価格は同じものだったので色々なサイズから選ぶことはできませんでした。

低反発キッチンマットサイズ

購入してキッチンに置いてみると120cmのサイズは一般のキッチンのサイズよりは小さく、我が家のキッチンの場合シンクと隣の調理台まではカバーできたのですが、調理台脇のコンロ部分まではたりなかったです。

サイズを確認して購入すればよかったのですが、もっと大きいサイズがなかったのでしょうがないですね。

価格も手ごろで、これ以上大きいサイズだと価格が高く、試しに購入することはなかったのでそこは割り切りました。

低反発キッチンマットの使用感

フローリングにキッチンマットを置いていても、長時間立って作業しているとどうしても足が痛くなってしまいます。

これに対して低反発キッチンマットなら、体重を乗せてもマットが柔らかいので足が柔らかく支えられている感じです。

奥さんも調理で立ちっぱなしになっても、前より足が疲れなくなったと喜んでいるので、購入してよかったです。

私は調理しないのですが、低反発キッチンマットに乗った時の感触が気持ちいいので、キッチンに行ったときには、意味もなくマットに乗っています。

手頃な値段で使用感がいいので、購入してよかったと感じています。

低反発キッチンマットの残念なところ

製品自体には今のところ残念な所はないのですが、キッチンに合わせたサイズの製品を購入した方がよかったという気持ちはあります。

今は前から使っているキッチンマットの上にサイズが短い低反発キッチンマットを置いているのですが、見た目が残念なのは気になりますね。

もう少し使ってみて、汚れたり、切れたら我が家のキッチンに合ったサイズを購入したいと思います。

私が購入した120㎝サイズはアパートなどの小さいキッチン用ですので、一軒家なら240㎝のサイズを購入した方がいいと思います。

まとめ

毎日の食事の準備をしてくれる奥さんにホームセンターで見つけた低反発キッチンマットをプレゼントしたのですが、思ったよりもいい商品だったので記事にしてみました。

毎日キッチンに立って調理していると、足腰への負担も大きくなります。

低反発キッチンマットを使うことで疲れの軽減になりますので、家事をする女性にはお勧めだと思います。