内向的な性格に悩んでいるあなたに!内向型を強みにする本

スポンサーリンク

自分の内向的な性格を直したいと悩んでいませんか?社交的な人間になろうと無理に頑張ると、心が悲鳴を上げてしまうかもしれません。

極度の内向型人間である私は、ある本に出合うことで内向型の人間なりの他人とのかかわり、社会との上手な関わり合い方を知ることができました。

この記事ではその本について紹介したいと思っているので、内向的な性格で悩んでいるあなたにぜひ見てほしいと思います。ちなみに社交的な人には役に立ちません。

内向的な性格で悩んでいないませんか?

あなたは内向的な性格で悩んでいないでしょうか?もっと社交的に周囲と話さないとダメだと思っているが、自分を上手く出すことができずに落ち込んでいないでしょうか?

私も長年自分が思っているイメージと実際の自分のギャップに悩んできました。自分が思っている自分はもっと他人と話したいと思っているのに、大勢の中ではなかなか意見をいえなかったり、上手く雑談をすることができず、後になって後悔したり、反省する日々を長年過ごしてきました。

内向的な性格を直さなくてはいけないと無理に努力を重ねてたり、無理に社交的にふるまってきましたが、なかなかうまくいかず落ち込んだり、悩んだりすることが多かったです。

そんな時にこの本「内向型を強みにする」に出会うことで、人間には外交的、内向的な性格が元々あり、生まれつきどちらかの性格であることが決まっていることがわかりました。

内向的な人間は絶対多数の外交的な社会で生きていかなければいけない

人間全体で75%が外交的な人間で、残り25%が内向的な人間だといわれています。社会は多数の外交的な人間を中心に動いていますので、内向的にな人間はそれに合わせて生活していく必要があります。

元々、内向的な人間は他人とかかわることを苦手としていますから、そのストレスはかなりのものです。特に現代社会はSNSなど常に他人とかかわることが求められています。

内向的な人間はどのように日々のストレスを発散して、社会で自分らしく能力を発揮すればいいのか?この本を読むことで自分がどのようにストレスを貯めない生活ができるのか、社会へのかかわり方が書かれています。

内向的、外交的性格のストレス発散方法

内向的性格と外交的な性格のストレス発散方法は全く違います。外交的な人間は他人とかかわることで、ストレスを発散できます。休日も友人・知人と出かけたり、一日中おしゃべりをすることでストレスを発散できます。彼らはエネルギーを外界、他人とかかわることで得ることができます。

これに対して内向的な人は、1人になる時間を必要とします。内向型は自分の中にエネルギー源があるため、一人になったり落ち着いた空間でいるときに疲れを癒し新たな活力を得ることができます。そのため外界からの刺激にさらされ続けると疲弊したり、パニックになり外界からの情報を遮断しなければいけなくなります。

内向的な人間が休日、友人と一日中外出すると、次の日は疲れ切ってしまい仕事に影響が出てしまうかもしれません。

外交的な友人は外出や他人とかかわることがリフレッシュになるので、次の日には気力に満ち溢れているかもしれませんが、内向的な人間はそうはいかないので、外出は半日におさえるなど、自分でコントロールする必要があります。

自分がどの程度内向的な人間かテストしてみる

本の中で自分が内向的か外交的か確認できるテストがあります。

(A)

  • 物事の中心にいるのが好きだ
  • 多様性を好み、単調だと飽きてしまう
  • 大勢の知り合いがいて、その人達を友達だと思っている
  • 相手が知らない人でも、おしゃべりするのは楽しい
  • 活動の後は高揚し、もっと何かしたいと思う
  • 前もって考えてなくても、話したり行動したりできる
  • たいてい元気いっぱいだ
  • 聞き手になるより話し手になることが多い

(B)

  • 自分一人、2・3人の親しい友達とくつろぐ方が好ましい
  • 深く付き合っている人だけを友達だと思っている
  • 例え楽しいことでも、外で何かした後は休息をとる必要がある
  • 聞き役になることが多い、自分にとって重要なテーマについては多弁
  • 無口で冷静に見え、観察するのがすきである
  • 話したり、行動する前に考えることが多い
  • 人前やプレッシャーがかかるとき、頭が真っ白になることが多い
  • せかされるのが好きではない

あなたはA、Bどちらが自分に近いと思ったでしょうか?Bに当てはまる項目が多いのなら内面型の人間だと言えます。

本の中ではさらに30問の質問があり、どの程度の内面型人間であるか確認できます。内向型といっても外向型に近い人もいれば、どちらの要素を持った人もいると思います。

ちなみに私はテストの結果100%に近い完全内向型人間であることがわかりました。道理で昔から、ちょっと外出しても疲れやすく休まなければ、また外に出るのが億劫だったり、かなりの気合を入れないと気力が起きないわけです。

内向型人間は現代の社会ではストレスを貯めない生き方を知らないといけない

外向型人間が多数の社会では内向型人間はそれに合わせて、生きていくひつようがあります。特に現代はネットが普及し昔以上に外交的なかかわりを求められます。

内向型は多くの人と広く浅く付き合うスタイルを苦手としていますので、日々ストレスを感じへとへとになっているのではないでしょうか。

現代社会では内向型人間はストレスを貯めず、発散しやすい生活をおくるために自分がどのような生活をおくるべきか知る必要があります。

この本には内向的な人間が心を休めるにはどのように過ごすのがいいのか?外交的な人間とのかかわり方、外交的な社会での生き方が詳しく書かれています。

著者はアメリカ人なので日本以上の外交的な社会で生きています。自己主張・自分の意見を求められる社会で内向型人間がいかに暮らしやすく生きていくか書かれています。

現代の日本もアメリカ型の社会に近づいてきていますので、内向型を強みにする考え方は内向型人間が生きていく中で貴重な情報になると思います。

まとめ

この本に出合ったことで自分が極度の内向型人間であることがわかりました。今までは極度の人見知りがあるため、なかなか他人と打ち解けたり、大勢の中で意見をいうのが苦手だと思っていました。

そういう自分ではダメだと無理に社交的にふるまってみたり、できるだけ他人とかかわるようにしていましたが、あまりうまくいかず家に帰ると精神的に疲れ切って次の日にも影響が出ることもありました。

自分が内向型だと深く理解することができ、自分なりのストレス発散や心を休める方法、自分なりの他人とのかかわり方ができるようになりました。

内向的な性格に悩んでいるなら、一度この本を読んでみてはいかがでしょうか?あなたの悩みを解決する一助になるかもしれません。