住宅ローンの変動と固定は損得で選んでも答えは出ないリスクを負えるかどうかで選ぶ

スポンサーリンク

住宅ローンを借りるとき変動金利にするか固定金利にするかを悩む人が多いです。

金利は安い変動にしたいが、金利上昇した時が怖いから金利が高い固定にした方がいいのかどうかと悩むことが多いのではないでしょうか。

ですが、素人にはどっちがいいのか選びきれないと思いますので、金利上昇のリスクを自分が負担するか、銀行に負担してもらうかで選んだ方がいいのではないかと思います。

住宅ローン金利

住宅ローンは変動と固定を同列で比較しても選べない問題

住宅ローンを借り入れると、変動と固定どちらを選択したらいいのかと悩む人が多いのではないかと思います。

支払う利息を考えれば、金利の低い変動金利が圧倒的にお得ですが、変動金利は金利上昇の不安が常に付きまといます。

全期間固定金利にすれば、総支払額が確定しますので、将来設計は立てやすくなる利点がある一方、毎月の支払額は変動金利に比べて高くなってしまいます。

例えば、毎月1万円多く支払っていれば35年ローンなら、410万円も多くの利息を支払わなければいけない計算になります。

多くの利息を支払ったからといって銀行から優遇措置があるわけではないので、支払った分ははら依存といえるかもしれせん。

そう考えると変動にした方がいいかと思うが、やっぱり金利上昇が怖いしとどちらも選びきることができず、堂々巡りになってしまいます。

住宅ローンは損得と金利上昇の問題がある限り同列で比較してもどちらが正しいと言えません。

金融の専門家でさえ人によって意見が分かれるのですから、住宅ローンを借りるまで金利にくわしくない個人が将来を見据えて変動か固定を選択する何て不可能だと思います。

住宅ローンは将来の金利上昇リスクを自分で負担するか、金融機関に負担させるかで選んでみる

変動金利推移

過去の変動金利の推移を見てみると、20年ほど大きな変動がないことがわかります。

日本のような成熟した社会では今後大きな経済発展が起こる可能性も少ないと思われるので、金利が大きく上昇する可能性も少ないように思われます。

ただ未来のことは誰もわからないですし、マイナス金利政策が終了したら金利が上昇する可能性もあります。

私は住宅ローンの金利を選択するとき金利上昇のリスクを自分で負担するか、金融機関に負担してもらいたいかで金利を選択するのがいいのではないかと思っています。

変動金利を選択したなら、低い金利でローンを組むことができ、月々の支払いも少なくてすみます。

そのかわり、将来金利が上昇しすれば高い金利で支払いをしなければいけないリスクも当然あります。

変動金利を選択した場合、安い金利ばかりを注目するのではなく金利上昇時には支払額が増加してしまうリスクがあることも理解しておいた方がいいです。

全期間固定の場合、総支払額が確定するので毎月の支払額も一定になります。支払額がずっと一定なので将来設計が立てやすくなるメリットがあります。

金利が上昇しても支払い額はかわらないので、将来の金利を心配する必要もなくなるのはうれしいです。

そのかわり、変動金利よりは金利が高いため総支払額は高くなってしまいます。

金利が高いので、支払利息を無駄に支払っていると感じるかもしれませんが、金利上昇のリスクを金融機関が負担してくれるのだから保険に加入していると考るといいかもしれません。

個人で医療保険やがん保険に入っていても病気で入院しなければ、そのお金は支払い損になります。

それでも病気にならなくて保険料ばかり取られたと怒る人はいません。保険は将来の保障にお金を払うのですから、何も起きず保険料が無駄になってしまってもいいものです。

全期間固定金利の金利が高い部分は将来の金利上昇の不安、保障を購入しているのだと考えて、それでもいいと考えるなら選択したらいいのではないかと思います。

スポンサーリンク

低金利の今だからこそ住宅ローンの借り換えのチャンス

今はマイナス金利政策の影響で、今までにないほど固定金利が低下しています。そのため変動金利と固定金利の差もあまりなくなってきています。

これから住宅ローンを借りる人にとっては借りるにはいい時期だと思いますし、現在住宅ローンを借りている人にとっても借り換えを行うチャンスだと思います。

私の周りの人でも借り換えを実行して毎月の支払額がだいぶ低くなって助かったという人がいます。

昔の金利だと2〜4%の金利で借りている人も多くいますので、今の金利に変更すれば支払額が数万円違ってくるなんてこともあります。

高い金利で支払っていても利息を一生懸命払っているだけで元本はなかなか減りませんので、借り換えることで無駄に支払っていた利息分を繰上げ返済すればローン年数を減らすこともできます。

借り換えの手続きが難しそうで、なかなか踏み出せないという人もいるかと思います。

借り換え手続き

私も去年借り換えを実行しましたが、書類を準備したり、書いたりするのは大変かと思いましたが、手続きしてみるとそれほど面倒とは感じませんでした。

もちろん現在借り入れている銀行、借り換え銀行には3〜4回ほどいくことになりましたが、必要な書類は書面で説明してくれますし、記入の仕方はその場で教えてもらえます。

借り換えの流れはこのブログで書いていますので、興味があったら読んでみてください。

低所得者のおっさんが住宅ローン借り換えを検討してみた
マイナス金利の影響で住宅ローンの金利も下がりそうですね!住宅ローンを今借りようか?もう少し待っていた方がいいのか?悩んでいる方も多いでしょう...

私の場合、借り換え金額が少な目、借り換え金利の差がさほどでもなかったので、諸費用を差し引いて50万円程支払総額が減っただけでした。

手間はかかりましたが50万円得したと思えば借り換えして正解だったと考えています。

借入額が大きかったり、借り換え金利差が大きい場合、数百万円得するケースもありますので、借り換えを検討しているなら仮審査だけでも申し込んでみてはどうでしょうか?

仮審査はネットからでも申し込むことができ入力だけで簡単に手続きできます。

ただ、申し込みたい金融機関が複数あると各金融機関にそれぞれ申し込むのも入力が大変になります。

そんな時は希望の金融機関に一括で仮審査申込ができる住宅本舗サイトで申し込んではどうでしょうか?

まとめ

住宅ローンの変動金利と固定金利はどちらにするのがいいのか悩むところです。

専門家によっても変動金利を勧める人、固定金利を勧める人がいてどちらが正解かわかりません。

支払い金額を抑えたいなら、変動金利を選ぶのが正解で、金利上昇リスクを負いたくないなら固定金利を選択するのがいいのかもしれないですね。

私は将来の金利上昇リスクを負担したくないので、10年固定➡20年固定に借り換えをしています。

今は固定金利と変動金利の金利差が今までにないくらい縮まっているので、借り換えを実行しやすいかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする