低所得者おっさん住宅ローン借り換え契約に行ってきました

スポンサーリンク

前回住宅ローン本審査を申し込んだときの模様を記事にしてみましたが、本審査通過した連絡が来たので、住宅ローン借り換え契約手続きを行ってきましたので、その時のことを記事にしてみようと思います。

住宅ローン本審査通過の連絡がきたので、住宅ローン借り換え契約に行ってきました

住宅ローンの本審査を申し込んでから、大丈夫か心配だったのですが、本審査通過の連絡が来ました。本審査申込のときに銀行担当者の人から、「他にローンの借り入れもないので問題ないですよ」といわれていましたが、ダメだったときは奥さんの年収を合算して再審査するか?他の銀行で申し込むか?どちらにしても借り換えのスケジュールがくるってしまうので、通過出来てホッとしています。

本審査申込時に通過出来た時の借り換え実行日を担当者と打ち合わせしていて、今月末に決めていましたので、それに間に合うように、さっそく住宅ローンの契約に行ってきました。

三井住友信託銀行に住宅ローン借り換えに持参するもの

銀行担当者の方から契約時に用意するもの一覧を用紙でもらっていましたので、住宅ローン借り換え契約までに準備しています。

  • 収入印紙
  • 権利証か登記識別情報通知(土地、建物)
  • 返済用口座通帳(現在借り入れ銀行)
  • 借り換え時の完遂金額(現在借り入れ銀行で確認)
  • 三井住友信託銀行住宅ローン支払い通帳
  • 実印、通帳印
  • マイナンバー通知カード(NISA口座開設用)
  • 住民票(NISA口座開設用)

前回記事で現在借り入れ銀行に手続きに行ってきたことを書いていますが、その時に借り換え時の完遂金額を確認にしています。手間がかかるのはこれくらいで、他は簡単に準備できます。

住宅ローン家計応援プランの申込みしています

  • 証券(投資信託・国債)口座の申込で―0.01%
  • NISA口座の申込で―0.01%
  • 新型定期預金30万円以上5年以上で―0.01%

三井住友信託銀行では住宅ローンの家計応援プランを申し込むと金利がわずかではありますが、引き下げられます。上記3つ申し込むと―0.03%引き下げられるので私も迷わず申し込んでいます。

証券口座とNISA口座は口座を申し込むだけでいいので、簡単です(NISA口座については他の銀行、証券会社で開設していると割引を受けることができません)。定期預金については30万円以上を5年間預入しないといけないため、お金が動かせなくなってしまいますが、元本割れするわけではないので将来の為の積み立てとかんがえています。

1500万円の借り入れで―0.03%だと月200円くらいの違いですので、やってもやらなくても影響は低いですが、年間2,400円でもお得になればいいかと思ってやっています。

住宅ローン借り換え契約にどれくらいの時間がかかるのか?

住宅ローン本審査申込のときに2時間くらい手続きにかかりましたので、今回も最低でも同じくらいの時間はかかるだろうと予想していましたが、ちょうど2時間かかっています。

今回は銀行担当者と司法書士の方も一緒に契約をしています。司法書士は説明と登記簿を預かって先に帰られていますが。それ以外は本審査と同じように、担当者に指定された書類を書いてハンコを押しているだけです。言われたことをするだけなので面倒なこともなかったです。

住宅ローン借り換えに実際どのくらいの手続き手数料がかかったのか?

三井住友信託銀行のサイトで住宅ローン借り換えシュミュレーションでは手数料で47万円かかると算出されましたが、実際どのくらいかかるのか?不安だったのですが、契約時に手数料の明細を受け取っています。

  • 保証料 293,055円
  • 保障取扱手数料 54,000円
  • 司法書士支払い料(報酬・登録免許税・印紙代)116,000円
  • 自分で購入した印紙代 20,200円
  • 合計 483,255円

だいたいシュミュレーションと同じくらいでした。50万円近くと借り換えにはかなりの金額がかかりますね。私の場合は前借り入れ時に前払いで保証料を全額支払っていて、残金が25万円くらい残っています。

手数料でかなり引かれたとしても20万円くらいは戻ってくると思いますので、差し引き30万円くらいで住宅ローンの借り換えができたと考えればやって正解だったと思いますね。

まとめ

今回数記事にわたって住宅ローンの借り換えの模様を記事にしてみました。ネットでは最短で4週間で借り換え手続きが完了しますと書かれていましたが、仮審査・本審査は1週間くらいで終わりますので、担当者とのスケジュール調整ができれば可能だと思います。

10年固定で借り入れしていましたので、10年後には借り換えを考えなければいけないとは考えていましたが、今回三井住友信託銀行で低金利で借り換えができてよかったと思います。

今はマイナス金利で住宅ローンの借り換え時だと思いますので、住宅ローンの支払いが大変だと考えているあなたも、借り換えを検討してみてはいかがでしょうか?必要書類は銀行担当者が詳しく教えてくれますし、契約書などは言われた通り書くだけです。

契約前にどのくらい借り換えでお得になるのか?シュミュレーションして教えてもらえるので、相談だけでもしてみた方がいいです。現在借り入れ利率によっては、かなり支払いが減って驚くと思います。