子どもの使わないおもちゃ、ベビー用品を売ってみた

スポンサーリンク

子どもが成長していくとオモチャがどんどんたまっていきます。購入した時は夢中で遊んでいたものも興味がなくなるとおもちゃ入れに入ったままで見向きもされなくなります。

使わないのに取っておくのもスペースの無駄になると思い、近くのリサイクルショップに売りに行ってきました。

おもちゃ

子どものおもちゃは成長するとどんどんたまってくる

子どもは成長してくるとおもちゃの興味も変わってくるので以前は夢中で遊んでいたものも、見向きもしなくなります。

うちの子も保育園の頃はおままごとセットやアンパンマンンのおもちゃでいつも遊んでいたのが、最近ではさわろうともしなくなりました。

使わないものを置いていてもスペースをとるだけですので、子どもといるかどうか選別をしてリサイクルショップに売りに行ってきました。

ベビー用品は処分に困る

ベビーカー、チャイルドシート、ベビー歩行器、テーブル用のベビー椅子などあかちゃんが生まれると購入しますが、成長すると使用しなくなり処分に困ってしまいます。

我が家も2人目が生まれた時のためにと、処分しなかったのですが生まれることもなく実家の車庫の中に置いたままになって数年が経過しています。

子どもが生まれた人にゆずることも考えたのですが、友人・知人の多くは子どもが成長していて必要ではないです。

あまり親しくない人だと使った製品をあげるのは、こっちが好意でするつもりが相手には迷惑でないかと考えてしまいます。

そんなことで、ずっと車庫に置いたままだったのですが、おもちゃを売りに行くついでにベビー用品も販売してみました。

リサイクルショップに子どものおもちゃとベビー用品を売ってみた

売りに行ったのは家に近く、全国展開していて名前も有名な OFF Houseです。

処分するのが目的だったので、他の店舗と査定の比較はしていませんが、おもちゃとベビー用品で合計3,400円になりました。

ベビー用品はジュニアシート、歩行器、ベビーカー、テーブル用ベビー椅子、ベビーウォーカーの4点で1,400円でした。

おもちゃはプリキュアの定価1万円程の物が2点と他にブロック、赤ちゃん用のおもちゃ、キャラクターもの2点の6点で2,000円でした。

ベビー用品とおもちゃで7〜8万円程はかかっていると思いますが、中古だと大した金額にはならないですね。

できるだけ高く買ってもらうの対策

どうせ売るならできるだけ高く売りたいと思いますよね。そのためには、将来売るかもしれないおもちゃや商品は注意して取り扱かったほうがいいです。

  • 箱、説明書は処分しない
  • 破損、汚れはつけないように注意する
  • 部品はなくさない

箱、説明書がないと製品がきれいでも数割は価格が下がってしまいます。

製品を購入すると説明書はとっておくが、箱は場所をとるので捨てる人が多いと思います。私も箱は邪魔だと直ぐに捨てるのですが、中古として売る可能性があるなら処分しないでとっておいた方がいいです。

場所をとるのが嫌ならたたんでおけば、それほどスペースをとりませんのでできるだけ捨てないようにしましょう。

汚れや破損があると値段は当然下がりますし、買い取ってもらえなくなる可能性もあります。

子どもが使うおもちゃだと汚すなというのは難しいかもしれないですが、できるだけきれいな状態で使用するように注意しましょう。

部品を無くすと販売価格は下がってしまいますので、部品はなくさないようにしましょう。

おもちゃ入れに入れておくと売りに行くとき1個部品がないということがあります。

その時部品がなくても後で出てくる場合もあるので、直ぐに売らずしばらく待ってみるのもいいかもしれません。

オークションで販売することも考える

リサイクルショップで売るより必要な人にオークションで販売した方が高く売れることが多いです。

私はオークションに興味があるのですが、個人間の取引に不安があるので、手を出したことはありません。

知人にはちょっとしたものでもオークションで販売して小遣い稼ぎをしている人もいますので、少しでも高く売りたい人は挑戦してみてはどうでしょうか?

通販専門のリサイクルショップを利用する

リサイクルショップの中には店舗を持たず、通販専門で営業している会社もあります。

店舗型のリサイクルショップは接客担当の職員、各地域に店舗を立てないといけないため固定費が多くかかります。

その固定費を稼ぐために買い取り価格は抑えた金額になってしまいます。

通販専門のリサイクルショップは店舗費用、人件費を抑えることができるので、買い取り金額を高くしても利益を上げることが可能になっています。

店舗型と買い取り金額が変わらないのなら、わざわざ通販を利用する人は少ないですから買い取り金額をあげる必要があるのも実情だと思います。

どちらにせよ売りたい人にとっては高い金額で購入する通販リサイクルショップは利用価値が高いです。

送料もリサイクルショップが負担してくれることが多いので、興味がある人は利用してみてはどうでしょうか?

古本、絵本、ゲーム、DVD、CDならこちらのリサイクルショップで送料無料で買い取りをしてくれます。

本は30点、ゲーム・DVDは5点から、CDは20点からと必要な数が決まっていますが、まとめて送るなら便利だと思います。

まとめ

今回リサイクルショップでいらないおもちゃ、ベビー用品を買い取ってもらいました。

売れた金額は大した額にはなりませんでしたが、物を整理したいと思っていたので処分出来てお金が手に入ったので満足しています。

家にいらないおもちゃ、本、衣類などがあると場所をとり部屋が雑然としています。

使わないものならリサイクルショップに売った方が、その商品を欲しい人が格安で購入でき、売った人はわずかでもお金が手に入り、家も整理できるメリットがあります。

今回はリサイクルショップで売ったのですが、今度は通販やオークションを利用して出来るだけ高く販売してみたいと考えています。