家族の健康を守るため食事の塩分を減らそう、減塩のポイントとは

スポンサーリンク

日本人の多くが食事から塩分を取りすぎているという調査結果が出ています。

塩分の取りすぎは将来、重大な病気を引き起こすことにつながります。

家事をするお母さんが、料理のときに減塩を意識することで、家族の健康を維持することになります。

今回は簡単に減塩する方法について記事にしてみたいと思います。

減塩

日本人は食事で塩分を取りすぎている

日本人の食生活は世界に比べて食事に含まれる塩分量が高すぎると言われています。

世界保健機関(WHO)は1日の目標塩分摂取量を5gに設定、厚生労働省は日本人の目標塩分量を男性8g未満、女性は7g未満に定めています。

これに対して2015年の調査では男性が10.9g、女性が9.2gと塩分を取りすぎていることがわかります。

人間は健康に生活していくためには最低限の塩分摂取が必要になりますが、取りすぎるのも健康を害し、将来の成人病を招いてしまう恐れがあります。

塩分の取りすぎは万病のもとになります

塩分を取りすぎると高血圧になってしまいます。

高血圧になると何が問題なのかというと、高血圧は多くの病気を引き起こす可能性があるのです。

高血圧の人は動脈硬化になりやすく、症状が進むと脳梗塞、脳出血、心筋梗塞、腎不全にかかるリスクも健康な人より高くなってしまいます。

食事で塩分を減らすのはちょっとの工夫で可能になる

外食が多いとどうしても塩分の高い食事が中心になってしまいます。

何も考えずに食べていると直ぐに塩分過多になってしまい、それを長年継続していると高血圧になる可能性が高いです。

食事のときに塩分を控える意識を持つことで塩分の摂取量を控えることも可能なので、健康に不安があるなら塩分摂取に注意してみましょう。

  • ラーメンなどの汁物は飲まないようにする
  • ソース、しょうゆはおかずに直接かけずつけて食べる
  • たまには塩分が低いヘルシーなメニューを食べる

ラーメンなどの麺類の汁物には塩分が多量に含まれています。意識的に残すことで塩分摂取量を減らせますので、飲む量を抑えましょう。

揚げ物にソース、しょうゆをたっぷりかけると美味しいですが、調味料は塩分濃度が高いのでさらに入れ、おかずを付けて食べた方が塩分を控えることになります。

外食のメニューは塩分濃度が高いものが多いですが、たまにはヘルシーなメニューを選ぶことで塩分の摂取量を抑えることができます。

料理をするお母さんなら、家族の塩分摂取量を減らして健康にできる

外食ではどうしても塩分の高いメニューが多く減塩を達成するには難しい部分が多いです。

それなら、一番食事する回数の多い家庭の食事のなかで、減塩をすればいいのではないでしょうか。

家庭の料理を作るお母さんが、塩分を控える料理を作ることで家族全員の塩分摂取量を減らすことが可能です。

ちょっとの工夫でできることが多いので、家族の健康の為に試してみてください。

  • 塩分の量を少しずつ減らす
  • ダシを使って調味料の量を減らす
  • 酢やコショウを使って調味料の量を減らす

調理に使う塩分量を急に減らすと、味が薄いと家族からクレームが出てしまいますが、毎日少しづつなら、気づくことなく徐々に薄味になれて行きます。

ダシを効果的に使うとしょうゆ、みその量を減らしてもうまみ成分によって、薄いと感じないものです。

うまみ成分が豊富に入っていると減塩でき、料理もおいしいと感じて一石二鳥です。

ダシの作り方がわからないのならこの動画を参考にしてください


煮干しのだしの取り方です。

昆布とカツオのダシの取り方です。

健康効果が高い、酢やコショウを効果的に使いましょう

酢やコショウは塩分が含まれておらず、食材に使用すると塩分が少なくても味が薄いと感じなくなる素晴らしい食材なので積極的に取り入れるようにしましょう。

酢は昔から健康やダイエット効果があると言われています。

  • メタボ抑制
  • 血圧を下げる効果
  • 血糖値の上昇を抑制
  • 疲労回復
  • 殺菌効果
  • 骨を強くする
  • 食欲増進
  • シミを防いで美肌になる

ダイエットのために黒酢、りんご酢を飲んでいる人もいるくらいなので、食事に積極的に取り入れたいです。

コショウはスパイスなのであまりに過剰に摂取すると胃の粘膜を痛める可能性がありますが、普通にとる分には問題なく、酢と同じように食材に使用すると味が引き立ち、塩分が少なくても気にならなくなります。

以前、日本の長寿1位に長野県が輝きましたが、コショウを使うことで塩や味噌の摂取量を減らす運動を運動を長年続けてきた結果だとテレビで紹介されていました。

このように酢やコショウを積極的にとることは減塩につながり、健康に生活することができます。

酢、コショウはキッチンの調味料置き場に置いておくだけでなく、食事に使用できるようダイニングテーブルにも置くようにしましょう。

ダイニングテーブルに商品名の入った調味料では見栄えが悪いです。

日常的に食事をとるスペースなので、オシャレなものをいつもおいて食事をとりたいものですね。

まとめー減塩で健康な生活を手に入れましょう

外食中心の生活をしていると、どうしても塩分濃度の高い食事をとってしまいます。

短期的には健康には問題ないと思うかもしれませんが、長期的には健康に影響が出てくる可能性が高いです。

高血圧からの病気や糖尿病になってからでは遅いので、若いうちから塩分を控える意識を持って生活をしていきましょう。

特に家庭のお母さんが、減塩の意識を持っていると家族全員が健康に生活することができます。

料理を作るときに減塩を意識することで、家族の塩分の取りすぎを防止できます。