日本の離婚率が高すぎて驚いた!夫婦生活がうまくいく秘けつは

スポンサーリンク

最近日本では3組に1組が離婚していると知って驚きました。私の周りでも離婚した夫婦が何組かいてなんでわかれるのか疑問に思っていたので記事にしてみたいと思います。

日本の離婚率は高すぎでないのか?

現在日本では3組に1組が離婚しているというデーターがあります。データー的にはかなりの高確率ですよね、33.3333‥%、野球なら打率3割3分かなりの1流選手になります。いつの間にか日本も西洋のような離婚大国になってきたんですね。

男女の離婚理由

 男性女性
1位性格の不一致性格の不一致
2位異性関係暴力をふるう
3位精神的に虐待する生活費を渡さない
4位家族・親族と折り合いが悪い精神的に虐待する
5位性的不調和異性関係

男女とも性格の不一致が原因ですね。これは他人だから自分と違うのはしょうがないと理解するしかないんですが、一緒に暮らしていると我慢できなくなるんでしょうか。

暴力をふるったり、精神的に虐待する相手なら、さっさと別れた方が賢明でしょうね。そういう相手はその場では誤ったり改心した気持ちを表しますが、いつかまた同じことを繰り返しますから。

生活費を渡さないというのも一緒に生活を営む意思がないのと同じですから、さっさと別れることが必要になります。

スポンサーリンク

男性の4位、家族・親族と折り合いが悪い

夫婦間がうまくいっていても、嫁姑間の問題など他の家族が関わると問題が複雑化して泥沼になり、最終的に夫婦関係も悪くなり離婚に至ってしまうこともすくなくありません。同居なら離れてみるとか、付き合いを減らして距離をとることも必要ですし、考えた方が、離婚するよりもいいかもしれません。

いい夫婦関係を続ける方法

  • 夫婦でも他人だということを常に意識しておく
  • お互いの距離感を尊重する
  • 相手に求めすぎない

好きになって夫婦になっても、結局は他人だということを理解する必要があります。どんなに分かり合っていても別々の環境で暮らしてきた男女が大人になってから、ある日婚姻という書類を出して一緒に暮らします。そんなにいつまでも恋愛感情だけでは続きません、愛情が薄れてくると嫌な面が気になってきますから、他人である異性と暮らしているという意識を持っていた方がうまくいくでしょう。

夫婦でもお互いの距離感は大事にするべきです。人間はプライベートな空間が大事です。そこには他人がはいってほしくないものですから、狭い家でもお互いの距離感を意識して生活することが必要です。

相手に何かを求めすぎることも、相手への依存度を高めてしまいうまくいかなくなってしまいます。人間は自分を変えることも難しい生き物です。自分なら少しずつ変えていく事ができることもありますが、夫婦でも相手を変えていくことは難しいです。

私の家でも奥さんといろいろ話し合ってきたことがありましたが、結局は奥さんは変わらなかったことが多いです。他人を変えようとして幻滅して怒ったりするよりも、相手に求めすぎずにいれば平和に暮らせます。

まとめ

いかかでしょうか。最近離婚率が高いという話を聞いてこの記事を書いてみました。せっかく結婚したのだから離婚しないでいてほしいと思いますし、結婚式に高いお金を出してんだし、休日を使って出席しているんだから別れんなよ!と思い記事にしてみました。

夫婦関係がうまくいかないのは自分たちだけの問題ではないかもしれないですが、お互いの問題で関係が悪くなっているなら、もう一度お互いの関係を考えて、いい夫婦関係を続けていってほしいと思います。

ここまで読んでいただきありがとうございました。