痩せる体になるダイエットのためにプロテインを購入してみた

スポンサーリンク

メタボ体型を改善するために現在ダイエットにはげんでいます。有酸素運動+筋トレを頑張っていけ属しているのですが、運動効果を上げるには良質なたんぱく質を多く摂取する必要があることがわかり。

色々調べてみるとプロテインを飲むのが余計なカロリーや糖質・脂質を取らずにたんぱく質をとることができることがわかり、プロテインを購入することを決断しました。

この記事ではプロテインを購入した動機、おススメのプロテイン、プロテインを飲んだ感想を記事にしてみようと思います。

プロテインは筋肉をゴリゴリに作るイメージがあって避けていた

プロテインってゴリゴリのボディビルダーがトレーニングの後に飲むイメージがありますよね。

僕は筋肉をマッチョにしたい人が飲むものだという固定観念があったので、ずっと粉の成分には筋肉増強剤みたいなものが入っているんじゃないのかって思っていました。

また今までのダイエットでは有酸素運動+食事制限を中心に行っていたので、プロテインを飲むという発想があまりありませんでした。

一度だけ薬局でウエイトを落としてくれるというプロテイン(たぶんソイ系)を購入して飲んでみたんですが、その時はダイエットをするのにカロリーを取るなんてどういうこと?と考えていたので直ぐに飲むのをやめてしまっていたんですね。

でも、今回食事制限をしないで有酸素運動+筋トレダイエットに挑戦するので、ネットでダイエット関連情報を検索してみると脂肪を燃焼しやすい体を作るのにはプロテインで良質なたんぱく質を摂取するのが大事なことが分かったんです。

粉の中身もたんぱく質が中心で体に害はなく、変な物質も含まれていないことが分かり安心して飲むことができそうです。

プロテインは3種類に分類されている

プロテインは分類すると3種類に分けられます。

  • ホエイプロテイン  牛乳系 吸収が早い プロテインシェアの8割
  • カイゼンプロテイン 牛乳系 吸収が遅い(約7時間)
  • ソイプロテイン   大豆系 吸収が遅い(5~6時間)

プロテインなんてみんな同じだと思っていましたが、3種類も種類があるのは意外でした。ホエイ・カイゼンが牛乳から精製し作られたプロテインで動物系、ソイが大豆から作られているので植物系のプロテインです。

どれがいいのか悩んだのですが、メーカーのホームページの説明だと筋肉を太くしたい人は筋トレ後に素早く吸収できるホエイがお勧めと書かれていました。

ただ、色々調べるとどの種類を飲むかはさほど重要ではなく、どのプロテインの種類を選ぶことよりプロテインを飲むことの方が重要みたいです。

何かダイエットでどの運動をするのかを悩んでいるより、どれでもいいから運動を始めることの方が重要だといわれているのと同じですね。

僕は牛乳が苦手なので、牛乳から精製されたプロテインの粉を飲むことに抵抗があります。それに対して、豆乳はよく飲むので大豆から精製されたソイプロテインはまずくて飲めないということはないんじゃないかと考えました。

ということでソイプロテインを購入することを決めました。

プロテインはどのメーカーのものにするか

Amazonでプロテインを検索してみると色々なメーカーのプロテインが表示されます。SAVASは薬局でも売っているので僕でも見たことがあるメーカーです。

最初は有名な所から購入した方がいいかなと思いましたが、値段が1㎏で3000~4000円と結構な金額です。小遣い制の身としてはプロテインにこれだけの金額を支払うとプライベートで使うお金が無くなってしまいます。

さすがにこの金額はきついので他を探してみると手頃な価格の商品を見つけました。

無添加で余計な着色料、味をつけていない純粋な大豆のプロテインです。ボディビルダーのなかには値段も安いのでこのプロテインだけを飲み続けている人もいるそうです。

筋肉の専門家が選ぶ商品なのだから、間違いないと思いこのプロテインを購入しています。

いっしょにプロテインと水・牛乳をシェークするシェーカーを購入しました。

シェーカーはどれでもいいかと思ったのですが、大手のSAVASのシェーカーがAmazonでベストセラーになっていたのでこちにしてます。フタの色もブラックでかっこいいですから。

プロテインの作って飲んでみた感想

実際にプロテインとプロテインを溶かすシェーカーを購入して届いたので、飲んでみました。

プロテイン購入

裏の栄養成分を見ると大豆成分意外に余計なものは入っていないことが分かります。安心して飲むことができますね。

プロテイン成分

20㏄計量スプーン

僕が購入したプロテインには20㏄の計量スプーンが付属しています。

プロテインは水、牛乳300mlに対してプロテイン20gを入れて飲むのが基本みたいです。20㏄がちょうど20gくらいなので、シェーカーに水を300ml入れた後プロテインを入れシェークしていつも飲んでいます。

ソイプロテインは水に溶けにくく、ダマになりやすいので人によっては飲みにくいと感じるかもしれません。

僕は味の豆乳をよく飲むので、気にならないですがいろんな味のついていない豆乳が苦手な人は味付きを購入した方がいいと思います。

プロテインを飲む注意点

プロテインを飲むと体質によって便秘になることがあります。これはたんぱく質が腸内の悪玉菌の食事となることで、悪玉菌が増殖することが理由です。

便秘になる、ならないは体質によると思うのですが、僕は飲み始めて直ぐに便秘になり、5日間便意が起きなくなってしまいました。

普段は便が緩い方なのでこれにはまいってしまいました。

対策としてヨーグルトを食べると善玉菌が増えるので、便通が良くなるそうです。

僕も便秘になったので直ぐに無糖のプレーンヨーグルトを購入してきて、プロテインを飲むたびに一緒に食べています。

ヨーグルトを食べ始めると直ぐに便通が良くなって、便秘になることはなくなっています。

まとめ

プロテインはボディービルダーが飲むもので、ムキムキの筋肉をつけたい人だけが飲むものだという間違った固定観念を持っている人も多いのではないかと思います。

僕も同じように思っていて今までダイエットでプロテインを飲もうという発想がありませんでした。

でもプロテインのことを調べてみると牛乳か大豆を精製したものだから、体に悪い成分も入っていないし、食事では足りないたんぱく質を補給するには最適な商品だと思いますよ。

筋トレする人も、ダイエットで食事制限している人にもお勧めだと思うので、まだ飲んでいない人はぜひ飲んで見てはどうでしょうか?

僕はこれからずっと飲んでいこうかなと考えていますから。

2018年6月13日追記

現在プロテインを飲むのをやめています。理由としては筋肉をつけるのにそれほどの興味がなくなったことと、飲み続けるコストを考えると別に飲まなくてもいいかな?

と思うようになったからです。

体を鍛え始めは最低限の筋肉くらいはつけたいと感じていましたが、そこまでの胸筋を求めていないことを自覚したのと、あまり頑張りすぎるとケガしやすいので、そこまで頑張ってもなという気持ちもあります。

なのでまた、ムキムキになりたいという願望がわくまではプロテインは封印して筋トレだけ継続していこうと考えています。