痩せるか?実験したくて糖質制限ダイエットに1年間挑戦してみました

スポンサーリンク

数年前ダイエットのために糖質制限ダイエットに挑戦してみました。よくテレビでダイエット番組をやっていますが、だいたい数か月の企画が多いので、1年間糖質制限ダイエットをやってみたらどうなるのか?実験の意味もあり挑戦してみました。その時の結果を記事にしてみようと思います。

糖質制限ダイエットとは効果があるのか?

糖質制限ダイエットという名前を聞いたことがあるでしょうか?数年前から話題になっているダイエット方法なのですが、人間が食事をとると血糖値が上昇し、インシュリンという物質が体の中で分泌され、血糖値の上昇を抑える働きをしますが、抑えきれない部分が中性脂肪として体に蓄積され太ってしまいます。

特に糖質を摂取すると血糖値が上がりやすいので、糖質を含んでいる食べ物を制限しようというのが糖質制限ダイエット法です。私は太りやすい体質で、仕事が終わるのが遅い時間だったときは、仕事後の食事は炭水化物をできるだけ食べないようにしていました。

炭水化物を控えると体重の増加が抑えられることが多いので、確かに糖質制限は効果ありそうだと思い、それなら完全に炭水化物を抜けば劇的に痩せるのではないか?と考えたのでやってみました。

糖質制限ダイエット(炭水化物を完全に抜いてみる)をやってみた

糖質が含まれてる食べ物の代名詞である、炭水化物を完全に抜いてみようと思いたち挑戦してみました。ただ、仕事中の食事はさすがに炭水化物を抜くのはきついと考え、それ以外の食事は炭水化物を抜いき、そのかわりたんぱく質は必要だろうと毎回豆腐一丁を購入してかわりに食べる、おかずは普通に食べるというルールでやってみました。

結果をいってしまいますが、5日で仕事中も頭がぼ〜とした状態になり、それでも頑張ってみたのですが、次の日には頭痛がしてきてこれはまずいだろうと考えやめています。体重もほとんど変わらず、カロリー計算をして食事していたわけではないので、必要なカロリーを摂取できていないことが体調が悪くなった原因ではないかと思います。

炭水化物のかわりに、大豆や肉を取ればいいかと思いましたが、お金もかかるし、毎食分の大豆・肉を購入し調理するのも大変だと考えあきらめました。

一日一食炭水化物制限を1年間やってみようと思いたった

元々仕事のある日は夕食のときは炭水化物をとらないようにしていたので、休みの日も1食は炭水化物をとらないようにすれば痩せるのではないかと考え自分なりのルールでやってみました。

  1. 毎日1食は炭水化物は抜く
  2. 栄養をとるため、たんぱく質である豆腐を一丁食べる
  3. 他の糖分も極力とらない
  4. 最低1年間は継続する
  5.      

  6. 運動・筋トレは極力しない

運動・筋トレはした方がいいのはわかっていたのですが、運動・筋トレをすると糖質制限ダイエットで痩せたのか分からないので、それなら糖質制限だけでやってみようと考えました。

実際毎日1食炭水化物を抜いてみると、おかずや豆腐だけだとお腹は満たされるのですが、何かかけているような気分になるときがあり、正直きついなと感じるときもありました。

ただ、実験としてやっているので1年間は継続してみたいという思いだけで続けていきました。

1年間糖質制限ダイエットを継続した結果は?

はじめて1月くらいで1㎏減ったのでこのまま順調に体重が減っていくのだろうと期待しましたが、その後は体重が減ることはなく1年間継続しましたが、―1㎏だけしか減量できませんでした。

私としてはかなり痩せれるのかと期待したのですが、糖質制限ダイエットだけでは痩せることは難しく、やはり運動・筋トレと組み合わせるのが大事なんだと気付かされました。

やっぱり運動・筋トレは必要だということが分かったのはよかったですが、それなら並行してやっておけばよかったと後悔しました。ただ大変だったのはこの後だったのです‥

糖質制限ダイエットをやめたら体重の増加がとまらない

糖質制限ダイエットも1年間続けてあまり効果がないのがわかったので、もうやらなくていいだろうと毎食炭水化物をとるようになりました。今までは仕事終わりの食事は炭水化物を抜いていましたが、それもやめて普通に食べるようにしました。

元々炭水化物がそれほど好きではないので、食事のときご飯1杯食べれば十分という感じで腹いっぱい食べる方でもないので、太ることもないだろうと油断していました。

4か月くらいたったときに久しぶりに体重計に乗ると、4㎏も太っていたのです。その後も体重は増え最終的に7㎏も太ってしまいました。体重が増えたのに気付いた時点で食事には気を付けたのですが、体重の増加をとめることができませんでした。原因として考えられるのは‥

  • 糖質制限ダイエットで摂取カロリーが少ないのに体が慣れていた
  • 運動・筋トレをしていなかったので消費カロリー、筋肉が減少していた
  • ダイエット前から仕事終わりは炭水化物を抜いていたがそれをやめてしまった
  • 摂取カロリーが少ないのに慣れていた体に、普通に炭水化物が入ってきたことから体重が増加してしまったのだと思います。筋肉がついていれば、ここまでの増加はなかったのかと思いますが、1年間も運動・筋トレをほとんどしていなかったので筋肉も落ちてしまい消費カロリーも減っていたのが原因だと思います。

    今までも体重増加は何度かあり、運動・筋トレ、食事に気を付けることで減量できていたので、少しづつ減せればいいやと安易に考えていました。ただその後いくら努力しても年をとって消費カロリーが減少したせいなのか減量がうまくいくことはなく3年が過ぎてしまいました。

    まとめ

    3年前の糖質制限ダイエットの失敗経験を記事にしてみました。1年間も頑張ったのにその後の体重増加を招いてしまい、結果的にはやらない方がよかったですが、検証ができたことはやかったと感じています。

    ダイエットに楽な方法はなく、安易に食事制限だけで痩せようと思ったことが原因なので、やはり運動・筋トレ・食事制限を組み合わせてやらなければいけないことを実感しています。

    私の場合はカロリー計算をしっかりやって、必要な食材をとるようにしていたわけではなく自己流でやっていましたので、糖質制限ダイエットが全く効果がないとは思いません。

    あなたが糖質制限ダイエットをするなら、ぜひ運動・筋トレは組み合わせてほしいと思います。私のように1年間も糖質制限ダイエットをやって大失敗しないように‥