子供の思い出は絶対にビデオカメラで撮ったほうがいい理由

スポンサーリンク

子供が保育園・幼稚園に行くようになると、運動会など色々な行事がありますよね。皆さんはそんな時にデジカメそれともビデオカメラで映像をとっていますか?我が家でも子供が生まれた時にどちらにしようか悩んで価格の安いデジカメにしたんですが、今ビデオカメラを買っておけばよかったと後悔しているのでその理由とともに記事にしてみました。子供の小さいときの映像は子供のために撮るんじゃなくて自分たち大人のために残しておくものなんですよ。

子供が生まれるとデジカメかビデオカメラを買うのか迷う

結婚して子供ができると、子供をちゃんと取りたくてデジカメかビデオカメラを買おうか悩みませんか?私はどちらかにしようかかなり迷ったんですが、ビデオカメラだとかなり値段がすることもあったので安いデジカメを買ってそれで子供の成長を記録していました。

デジカメでもきれいに撮れて、子供の可愛い笑顔や少しづつ成長していく様子も残していけて満足していましたが、保育園に通うようになって運動会、学芸会があるとデジカメの静止画ではなく、動画で思い出を残しておきたくなり、思い切ってビデオカメラを買ってしまいました。

ビデオカメラを買って子供の成長を記録していくと、なぜ最初からビデオカメラにしなかったのか?と後悔することが多かったのでその理由を上げてみようと思います。

ビデオカメラで子供の成長を記録した方がいい理由

  1. 静止画より圧倒的に動画で残した方が思い出も残る
  2. デジカメよりは高いと思いがちですが、本格的なデジカメ・一眼レフよりは安い、静止画も撮れる
  3. イベントに参加できない、お父さん、おじいちゃん・おばあちゃんに見せるため
  4. スマホで撮ってもいいのだが、ビデオカメラの方が圧倒的にきれいな動画がとれる

1.静止画より動画で残した方が思い出も残る

デジカメでも子供の可愛い映像を残すことはできます。子供の赤ん坊のころの写真を見れば、あの頃はこんなことがあったな、あんなことがあったなと思いだすことも多いでしょう。ただビデオカメラの動画で残した方が圧倒的に思い出は残ります。

初めてハイハイしたころの映像、お風呂の入れた時の様子、立ってよちよち歩きをしたときの姿、子供がもうすぐ小学校にあがるいまでも、動画で残していた方がよかったなと思いますので、子供が大きくなるとなおさら後悔するんじゃないかと思います。初めての子供で、まだ赤ん坊だったので育てるのに一生懸命でそこまで考えがおよばなかったのですが、かなり悔やんでいます。

2.ビデオカメラはデジカメより高いと思いがちだが、それほど高額でなく、静止画も撮れるので割安

格安のデジカメはビデオカメラより圧倒的に安くなります。ただ、そういうデジカメは画素数が低くきれいに撮れなかったり、ズームが低くて遠くの子供は全然撮れないです。実際5年前に私が家電量販店で買った1万6千円のpanasonicのデジカメは3倍ズームなので、運動会、学芸会では子供が遠くにいるのでズームアップしても全然アップで撮れなかったです。それが悔しくて次の年はビデオカメラを買ってしまいました。

今は12倍ズームはありますので、ここまでひどくないと思いますが、それでももっときれいに撮りたいと性能の高いデジカメや、一眼レフにするとかなり高額になりますので、それなら格安デジカメよりは少しだけ割高になりますが、標準的なビデオカメラを買った方が実は割安感があります。標準的なビデオカメラでも70倍ズームはあるし、ビデオカメラでもデジカメのように写真も撮影することができます。

ビデオカメラは動画だけという先入観がありましたが、普通に静止画も撮影できます。つまりビデオカメラは2つの使い方ができるお得な製品だという事なんです。そしてパソコンがあれば編集で動画の気に入った画像を写真としても印刷できますから、動画で取りあえずとっておき、気に入ったショットだけ写真として印刷という手法も取れます。反対にデジカメの写真を動画にはできません。

3.イベントに参加できないお父さん、おじいちゃん、おばあちゃんに映像を見せれる

保育園の行事をお父さんは見たくても仕事をしていると、どうしても休めない時もあります。そんな時デジカメだと写真としてしか見れないですが、動画なら頑張っている、楽しそうに笑っている姿をしっかり見れます。

おじいちゃん、おばあちゃんも遠方に住んでいるとなかなか孫の姿を見ることができないですが、ビデオカメラなら動画をDVDに保存して送れるので孫の成長を見てもらえます。

4.スマホでも動画は取れるがビデオカメラの方がいい映像が撮れる

今のスマホは性能が上がっていますのできれいな画像を撮影できます。ただ、スマホというのは電話・メール・ネット・写真・動画と小さい本体にすべての機能がつまっていますので、どうしても写真撮影、動画撮影に特化した機器に比べると性能は落ちてしまいます。日常の撮影ならそれでもいいですが、イベント時に可愛いわが子の写真、動画をしっかり撮りたいとなると性能は見劣りしてしまいます。

スポンサーリンク

私はそして皆さんは、なぜ子供の映像を残すのでしょうか?

  1. 親や、おじいちゃん、おばあちゃん、大人のために映像を残しておく
  2. 子供が結婚したとき、孫が生まれたのときに見せるために残す

1.大人のために子供の映像を残す

子供の映像を残していても、子供は大きくなってもそんなに自分の小さいころの映像は見ないものです。動画を残すのは親や、祖父母が思い出に残すためのものだと思います。子供が大きくなって独立したり、結婚したりすればなかなか会えなくなります。

自分が高齢になって愛する子供の小さいころの映像を、自分の子育をしてきた記憶を思い出しながら懐かしむために必要なのではないかと思っています。

2.子供の結婚式、孫が生まれた時に見せるために残す

結婚式に写真映像を流すことはよく行われることですが、動画映像を残しておけば動画を流すこともできます。また孫が生まれたときに孫に親の小さいころの映像を見せてあげることもできます。

私は自分の子供の頃のアルバムなど見ないのですが、この前、母親が孫に見せるために引っ張り出してきて見せていました。自分の小さいころの写真がいっぱい残されていてそれを見ると親に愛されていたんだという事を実感することができました。

子供はそんなことでもないと親が自分を愛してくれていることを感じていても、実感しないものですから、映像を残しておくことで親子のきずなが深まるのではないかと思っています。

ビデオカメラはどこで買うのが一番お得なのでしょうか?

買う方法としては家電量販店の店頭で購入するか、通販で購入するかの2つがあります。どちらかが正しいという事はないと思いますが、ほとんどの方は店頭で店員に相談して購入を決めると思います。ただそれが一番いい方法なのか考えてみたいと思います。

家電量販店でビデオカメラを購入するということ

メリット

  • 店員に商品の説明を受けて購入することができる
  • 限られた商品の中から選ぶことができる
  • 故障した時に何となく安心

ビデオカメラを購入するときは商品に対しての知識もあまりないでしょうから、店員から説明を受けて購入を決めた方が安心です。ビデオカメラはデジカメに比べるとそんなに多くの種類が並んでいるわけでもないので、限られた製品の中から値段、デザイン、機能で選択します。人は多くの製品があると迷って選べないものですから、限られた製品の中の方が選択しやすい事情があります。

近くの家電量販店で購入すれば故障した時に修理に出しやすいという安心感もあると思います。

デメリット

  • 実は割高な製品が並んでいる
  • 特売の製品は内蔵メモリがないものが多い

店頭のビデオカメラは新製品が並んでいることが多くいので、値引きも小さく割安感はあまりないです。ビデオカメラは親が購入することが多いので、一定のニーズがあります。そのため、店も割安な製品を置くよりも性能のいい高めの製品を購入してもらった方が利益率がいいという事情があります。

時々、家電量販店が特売として割安な製品を販売していることがありますが、この製品は内蔵メモリがないことで価格が安いですが、一緒にSDメモリを購入しないと使えないですし、性能的にも落ちるので実際は性能はいまいちで、たいして安くもない製品とも言えます。

割高な製品なら性能が高くて安心という考えもありますが、素人が使いこなすにはあまりに機能がありすぎてなかなか使いこなすことは難しいです。そうなると必要のない機能を無駄に高いお金を払っているともいえるかもしれません。

実際、私はそこそこの性能の製品を購入していろいろ使っていますが、そこまで使いこなせていないです。

通信販売でのビデオカメラの購入はどうだろうか

メリット

  • 家電量販店より安く購入できる
  • いろんな製品から選べる

家電量販店より値段はかなり安く購入することができます。新製品でも1〜2割、型落ち品なら3〜4割は安く購入できるものもありますし、店頭だと決まった製品しかありませんが、豊富な選択肢から自分が欲しい性能、デザイン、メーカーを選ぶことができます。

デメリット

  • 店頭で購入しないので不安がある
  • 故障したときに不安がある

ネットで製品を購入することにたいして大丈夫かと不安になるかたもいるかと思いますが、きちんとした会社から購入すれば心配はいりません。有名な「価格コム」などに出てくるような会社なら、きちんとした会社ですので、購入した製品が故障していてもきちんと対応してくれます。

ネットで購入するときに気をつけないといけないのは安さにつられて、聞いたこともないような会社のホームページから製品を購入することです。白物家電やテレビなど大型の製品は購入したら長く使うものですのでどちらかというと通販には向いていないと思います。実際、故障などが起きた時に修理するにも家電量販店を通さずメーカーに連絡しなければいけないので手間もかかります。

それに比べると、デジタル機器であるデジカメやビデオカメラはどんどん新製品が出るので、数年たつと故障を修理するより新しく買った方がいい場合も多いです。そのため、値段が高い製品を購入するよりはそこそこの性能の製品をはじめは購入するのがいいのではないかと考えます。

私は家電量販店をいろいろ回ったり、ネットで検索したりしてどの製品をどこで購入するのが一番いいのか比較してから、購入を決めました。

家電量販店は品ぞろえが少なく、性能は高いが値段も高額なものばかりでしたので、ネットで低予算でも性能がいい商品を探して購入しています。

ちょうどアマゾンに格安で新品のビデオカメラが販売されていて、値段も1万6千円程と手ごろだったので購入しました。

製品自体も家電量販店の特売品と同じくらいの値段で、内蔵メモリもついていて性能も店頭品より良かったです。購入して1年たちましたが今のところ故障もなく、性能にも満足しています。

まとめ

私は子供が保育園の年中組のときにビデオカメラを購入していますが、生まれた時に購入して赤ん坊の時の姿を撮影しておけばよかったなと今後悔しています。初めてハイハイした姿、よちよち歩きをした様子を動画で撮影できるのはその時だけです。

家電量販店でデジカメを買ったとき1万6千円でしたが、ビデオカメラは4〜5万円はするので、その当時どうしても手が出なかったんです。ネットで買うという選択肢が思いつかなかったのもあり、今ならネットだと2〜3万出せば、性能のいい物が購入できます。あの頃に気づきたかったです。

皆さんも子供がこれから生まれてくる、生まれたばかりなら、また保育園、幼稚園、小学校低学年でもビデオカメラを購入することを検討してみてください。絶対に将来、思い出の映像になると思いますよ。

私のように後で後悔しても遅いことになりますから。過去は取り戻せないので、私はこれから必死に思い出を撮影していこうと思っています。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

https://misaki7.com/no-toy/