子どもの習い事のランキングはどうなってるの?我が家の選択

スポンサーリンク

他の家庭の子どもが習い事に通っているので気になってランキングを調べてみた

我が家は子どもが保育園のときに友達が英会話スクールに通っているから行きたいといわれたことがありました。

ただ、家計が苦しいことや、私自身が幼児保育で英会話を習うことにたいして疑問を持っていたので通わせることはなかったです。

その後小学校にあがると、近所の子どものほとんどが何か習い事に通っているので、子どもの成長の為にも何か習わせた方がいいのかな?と思いなおしてどんな習い事が人気なのか調べてみました。

習っている習い事

  1. 水泳
  2. 英語・英会話
  3. ピアノ
  4. 体操
  5. 学習塾・幼児教室
  6. サッカー
  7. 書道
  8. ダンス
  9. 空手
  10. そろばん

習わせたい習い事

  1. 英語・英会話
  2. 水泳
  3. 書道
  4. ピアノ
  5. そろばん
  6. 学習塾・幼児教室
  7. ダンス
  8. 空手
  9. 体操
  10. パソコン関連

ケイコとマナブ.netより

2016年、ママ900人に調査した結果です。

私の子供の頃は英会話教室なんて周りになかったし、習っている同級生もいなかったですが、今は国際化だから子供にも早くから習わせておきたい親御さんが多いようですね。

スポンサーリンク

私が子供の頃に通っていた習い事

私は子供の頃、いくつかの習い事に通わせてもらっていました。

  • 書道
  • そろばん
  • 水泳教室

ランキングに入っている人気習い事ですが、大人になって考えてみると習っておいて非常に役立ったのではないかと感じています。

書道は字を綺麗にかけるようになるだけではなく、文字を書くときに集中力するので、物事に集中する力が養われます。

そろばん

そろばんは計算に強くなり、習っていたころは3桁の掛け算、割り算を頭の中で計算することができるようになります。

普通は暗算なんて難しいのですか、そろばんを習うと頭の中にそろばんをイメージでき、それを使って計算ができます。

子供の頃に計算力が付くのはその後の、受験で有利になりますので、そろばんを習うメリットは大きいと思います。

昔に比べるとそろばん教室は少なくなりましたが、習ってもものになるのか定かでない英会話よりもよっぽど子どもの将来に役立つと思います。

水泳を習うと、泳ぐ基本が身につきます。泳ぎは習わなければ身につきませんが、1度習えば自転車と同じように体が覚えていますから忘れることはありません。

それに、泳ぎは運動効果が高くダイエットになりますし、今の子どもは体を動かす機会が少ないためいい運動になると思います。

家の子どもに習わせた習い事

うちの子は肥満気味だったこともあり、スイミングクラブに入会しています。

同級生や近所の子どももスイミングを習っている子どもが多く、子どももやってみたいと希望しています。

入会金、専用の水着、その他もろもろで1万5千円程かかり、月額7千円かかり負担になります。

ただ泳ぐことで運動効果があり、泳ぎを覚えられるので入会したことはよかったと思っています。

子どもがある程度泳げるようになったら、本人の希望を確認して退会してもいいかと考えています。

まとめ

子どもの習い事はお金がかかりますが、子どもの成長、勉強になれば無駄なお金にはならないと思います。

どの習い事が1番いいのかは子供によっても違いますので、一概には言えませんが、もし迷っているなら、私は水泳、そろばんをお勧めします。

水泳は習わなければ泳げるようになるのは難しいですし、そろばんは計算に強くなり勉強の役に立ちます。