ベットからの子どもの転落、心配ならベット柵がお勧めです。大人にも使えます

スポンサーリンク

我が家の子どもは寝相が悪く、寝てる間に動き回ってしまうので何度かベットから落ちてしまい、たんこぶを作ることもありました。そのうちケガをするのではないか?と心配になって転落防止の対策をしたので記事にしてみようと思います。

ベットに寝ている子どもの寝相に困っていないだろうか?

お子さんとベットで寝ていると寝ぞうに困ったことはないでしょうか?子供は寝ている間にあっちこっちへ転がって気づいたら頭と足が反対になって眠っていることもあります。

寝ぞうが悪いのはいいのですが、ベットから落ちるのではないかと心配してしまいます。実際に何度かベットから落ちたことがあり、たんこぶを作って大泣きしたこともありました。たんこぶくらいならいいのですが、落ちるときの体制が悪くて腕を折ったりしたら大変です。

ケガをしたら大変だと考え子どもが寝る側を壁につけようと考えましたが、それだと部屋が使いづらくなってしまいます。どうしたもんか?と悩んでいた時に、独身のときに私がネットで購入したベット柵があることを思い出しました。

スポンサーリンク

ベッド柵をつければ子どものベットからの転落を防止できます

車庫に片づけてあるベット柵をを引っ張り出して使ってみると、それ以降1年以上ベットから落ちることなく親としても安心して眠ることができています。

私が購入したものは金属製なのですが、全体的に丸みがあるので、子どもがぶつかってもケガをする心配もなく、寝ている間にぶつかってもケガやあざができることもなかったです。

どうしても心配な方は柵にタオルを巻けば子どもがぶつかってもケガをする心配はないと思います。

ベット柵は子どもだけでなく大人がつかっても便利です

大人の方でベットから落ちる人はあまりいないと思いますが、あまり飲みすぎた時、寝ぼけて落ちることもあるかもしれません。子どもに比べて体が硬く体重が重いので、大人が落ちるとケガをしてしまう危険もあります。

特に年齢が高い方は骨が弱くなっているので、落ちで骨折してしまった。という可能性が考えられます。親ごさんが高齢になっているなら、ベット柵をつけてみるのも安全かもしれません。

私がベット柵を購入した理由は実はベットからの落下防止ではありません。私は寝ている間に布団や毛布がベットの下に落ちていることが頻繁にあり、暖かい季節はまだいいのですが、真冬だと体が冷えきってしまうことが何度もありました。

寒さに目覚めて布団をかけなおしても、冷えた体は暖まらずに朝寒い思いをするので、何とかならないか?とネットで検索してみて、ベット柵なら布団が落ちることはなくなるのではないかと思い購入しています。

ベット柵を設置してからは布団が落ちることはなくなり、睡眠中に寒さで起きることなくぐっすり熟睡できるようになりました。寝相で布団が落ちてばかりいる人なら、ベット柵は便利ですので購入した方がいいと思いますよ。

まとめ

今回はベット柵の便利さについて紹介しました。子どもの寝相に困っている親ごさんは、一度使ってみてはどうでしょうか?ベットから落ちるのは危ないですし、落ち方によってはケガの心配があります。そんなに高いものではありませんから、怪我を心配するなら設置した方が安心です。

大人でも布団が落ちて困っているなら、使ってみると意外に便利ですよ。

格安な製品がいいのなら、こちらの製品がいいです。値段も手ごろで購入しやすいと思います。

こちらの製品はダークブラウンでベットに設置していても違和感なく、オシャレに見えます。

赤ちゃんの時期から使うのなら、ネット製で子どもがぶつかっても痛い思いをしないものを使いたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする