職場の人間関係に悩んでいるなら、うつ病になる前に転職活動をしましょう

スポンサーリンク

最近会社の人間関係に悩んでいて、自分は組織の中で働くことに向いていないんだなとつくづく考えてしまったので、そのことについて書いてみました。あなたが人間関係に悩んでいるなら同じように迷っている人間がいることで少しは勇気づけられればと思います。

組織では必ず自分が嫌いな・苦手なタイプの人間がいる

会社組織には必ず自分の嫌いな、あるいは苦手なタイプがいます。これは友人関係でないのでしょうがないといえばしょうがないのです、そこは社会人として割り切って付き合うようにしていますが、困るのがこちらを一方的に嫌ってくる人です。嫌いならそれでいいから、仕事で最低限のコミュニケーションだけは取って欲しいですが、そういう人は理性より感情が強いので仕事と割り切って付き合ってくれません。

そういう状態が続いていくと、小心者の私は自分が悪いのかな?と思い悩むようになって、それなら無理にこの職場にいることはないので、やめて他の仕事を探してみようかなと考えるようになってしまいます。人間関係でどちらかが一方的に悪いという事はないとほとんどないと思っていますが、相手が悪意や嫌悪をもって接していれば、必ずこちらも嫌悪やその人を避けようという気持ちが出てしまって関わり合いにならないようにしてしまいますね。

人と争わないようにしてもあなたを嫌う人は必ずいる

私は小心者で人と争うことが嫌いなタイプなので、人ともめることはしないように過ごしてきました、それでもたまに一方的に嫌ってくる人が必ずいて、毎回嫌な思いをすることがありました。自分を冷静に分析すれば、悪いところもあると思っていますが、本心としては「俺はあんた何かとかかわりたくないんだから、あんたも俺にかかわらないでくれよ!その方がお互い気持ちよく過ごせるだろ」といいたいんですが、いつも不満を飲み込んで過ごしています。

人が10人いれば1人くらいはあなたに好意を持つ人がいますが、1人くらいはあなたを嫌う人が出てきます。魅力的な人は好意の人数が増えますが、人に誤解されやすい人、嫌われやすい人は嫌いな人が増えていきます。これはある程度の努力で変わる部分もありますが、人間の本質は変わらないのである程度あきらめて割り切るしかない所もあります。

スポンサーリンク

あなたを嫌う人よりあなたを思ってくれる人のことを考えよう

私を嫌う人はわずかな人間です。会社でも他の人は悪意を持っているわけではないですし、その状態に対して同情してくれる人もいます。まして私の家族や、周りの人は私のことを好きでいてくれています。自分の悪いところは改めて、それでも私を嫌ってくる人に対してはあきらめるしかないと感じています。

私を嫌う人の心は変えることができません、それは私にはどうしようもないことですから「知らねえよ」と思うくらいにしないと、私の心が参ってしまいます。

人間関係で悩んでいるあなたも、周りのあなたを大事に思ってくれる人のことを一番に考えて、嫌ってくる人のことはあきらめてください、そうしないとあなたの心が壊れてしまいます。

会社組織の人間関係は改善が難しい

そうはいっても仕事の人間関係だと、その人と毎回顔を合わせて仕事をしなければいけないので難しいものがあります。プライベートならその人と会わなくすることができますが、仕事だとそうはいきません。

上司に相談して部署を変えてもらえるならそれが一番だと思いますが、許可してもらえなかったり、大きくない職場なら移動もできないと思います。そうなると、割り切って付き合っていくしかないと思いますが、自分とコミュニケーションを取ろうとしない人だと仕事にも支障が出てしまうので、そのまま仕事をしていくのは困難です。まして、相手が上司や先輩だと最悪です、こちらの立場が弱いので一方的に言われることも多いと思いますので、耐えるしかなくなります。

心が病んでしまう前に仕事を辞めるべきです家庭があるから、仕事は辞められない。嫌なことがあっても仕事は辞めるべきじゃないと考えて我慢していると、いつか心が壊れてしまいます。日本の自殺者は毎年3万人もいてその6割はうつ病の人だというデータがあります。健康問題からのうつ病の方もいますが、人間関係からうつ病を発症している方も多いです。

うつ病を発症するまで我慢していると、病気で仕事は続けられなくなってしまい、治療してからでないと次の仕事を探すことができなくなります。苦しい思いをして仕事をして、さらに心の病気になるという目も当てられない状態になります。

それなら、元気なうちに次の仕事を探して転職するべきです。次の仕事を探す行動に移せば、次にチャレンジするという気持ちになりますので、職場の人間関係も耐えることができると思います。もう少しで辞めると思えれば、気持ちも楽になるものです。

もしうつ病になってしまうと気持ちがふさぎ込んでしまい、他の仕事を探そうという気持ちまでもなくなってきます。そして症状は悪化していきます。そうならないためにも、どこかで気持ちを切り替えて、勇気をだして踏み出すことが必要になってきます。

人間関係で仕事を辞めると次も続かない?

人は何かから逃げるために仕事をやめると、次の職場でも嫌なことがあればやめたくなるといわれています。嫌なことで逃げるとネガティブな感情なので、次に嫌なことがあっても逃げたい気持ちになるのが理由だと思いますが、私は逃げることも必要だと思います。

ほとんどの人はお金のために仕事をしています、つまりお金があれば仕事なんかしたくないと考えているんです。私も宝くじでもあたって大金が手に入れば、迷わず速攻でやめると断言できます。その程度の仕事の人間関係でうつ病になってしまうのは馬鹿らしいと思います。世の中にはもっと大事なことはたくさんあります。あなたの家族、友人関係、周りのことを大事にするべきです。

仕事を辞める選択をしてみてはどうでしょうか?

人間関係を理由に仕事を辞めることをためらっているなら、一度落ち着いて今の職場の環境(収入面、将来性、仕事が自分にとって満足するものなのか)を考えてみて、転職する理由になることをノートにでもかき出してみてはどうでしょうか?そうすることで、今の仕事がそこまでこだわって続けることではないことに気づくと思います。

私自身は今の給料では子供が大きくなると生活が困窮する可能性がありますので、どっちにしても副業するか転職するかは将来的に考えていかなければいけない問題になります。今働いている職種自体が離職、転職率が高いので他に移りやすい環境であるという事もあり仕事をやめるハードルは低いと思っています。

転職活動はどうしますか?

私は平日休みが多いこともあり、転職活動で職安を利用しやすい環境にあります。実際の面接も平日にあることが多いですが、調整もしやすく無理なく受けることができます。

ただこのように平日に時間の取れる人はごくわずかで、ほとんどの方は土日休みなので、なかなか転職活動もままならず、したくてもできないという環境なのではないのでしょうか?

また、社会人なので急にやめるということもできません。辞めるという意思表示をしてから引き継ぎなどを行ったり、次の人員を補充しないといけない職場もありますので、ある程度の期間は働かないといけない状態になります。そうすると働きながら、転職先を探すという行為はなかなか難しい部分があります。

職場を辞めてから転職先を探すことはリスクが高いです

仕事を続けながらの転職が難しいなら、一度辞めてから就職活動を始めようかと考えがちですが、やめてからだと今まで入ってきた収入が途絶えますし、次の転職先が直ぐに見つかるという保証もありません。

1年働かなくてもいい貯金があれば、大丈夫と思うかもしれませんが、1年で自分が納得する仕事が見つかる保証もありませんし、辞めてみると思ったよりお金というのは出ていくものです、社会保険料・年金は今の倍はかかると思わなければいけないですし、今まで気にしてなかった住民税なども貯金から払うのはかなりの出費です。

転職活動がうまくいかないのならプロに任せてみてはどうだろうか

自分で次の転職先を探すのは色々と難しい問題があり、なかなか踏み出せないのが現状だと思います。かといってこのまま、今の職場に残り続ければ、心を病んでしまって結局は仕事を辞めることになるでしょうからどちらを選択してもうまくいかにということになってしまします。

これは全部、一人で何とかしようとするから難しくなっているのです。仕事をしながら探すという事はスケジュール的にも難しいですし、企業との面接日の調整、実際にいつから働けるのかの交渉なども自分でやるという事は大変です。

それなら、転職サイトに登録して、専門スタッフに相談しながら次の就職先を探すという選択も考えてみてはどうでしょうか?これなら休みの日に相談できますし、自分がやめて次にどんな職場がありそうなのかニーズを知ることもできます。

企業側との面接の調整、実際に働ける時期などの交渉もスタッフが行ってくれますので、余計なことを自分でやらなければいけにという手間を省くことができます。転職サイトで自分が希望する仕事が見つからない可能性もありますが、転職のプロに相談することで転職するときに必要な情報を得ることができますので、自分で探すときの力になります。

転職サイトに登録するのは面倒だな、専門スタッフに相談するのはおっくうだと感じるかもしれませんが、自分一人で悶々と悩んでいるとどんどんネガティブになってしまいますし、袋小路に入り込んでしまいます。相談することで気分も違ってきますし、違う視点で見ることができますので新しい発見にもつながると思います。

私が早く行動に移した方がいいと勧めるのは、心が病んでしまってからでは転職活動をすることができなくなってしまい、無理にやろうとしても、そんな精神状態で面接をしても採用されないからです。

気軽な気持ちでもいいので「ちょっと話でも聞いてみようかな」と考えてみてはどうでしょうか?その相談が新しい扉を開くかもしれません。

まとめ

この記事は、今私自身が人間関係で転職を考えていますので、同じように悩んでいる方がいると思い書いています。一時悩みすぎて精神状態がおかしいときがあり、寝ているときに体全体が虫がはっているように感じるときがあり、自分が病んでいるんだなと気づかされました。

私が救いなのは、同じ人間に嫌われている同僚がいて愚痴を言い合えたり、過去にその人間に嫌われていた人が何人かいて話を聞くことができたので少しは助かっています。ただ人間関係が良くなったわけではないのでどこかで辞めるという選択をしないといけないと考えてはいます。

今は取りあえず副業に力を入れていて、サイトの作成に力を入れていてそれが少しでも利益が出てくれれば転職活動のときにもし1〜2か月くらい仕事がない期間があっても何とかなるのではないかと頑張っています。

今転職に悩んでいる皆さんも、取りあえず行動に移すことが一番だと思います。人は何かに夢中になっているときだけ人間関係の悩みから解放されると思いますし、行動することで道が見えてくると思います。あなたの転職活動がうまくいくことを願っています。

ここまで読んでいただきありがとうございました。