浴室暖房機は電気代が高い!使わずに暖かく入浴する方法

スポンサーリンク

我が家には浴室暖房機能が付いているのですが、入浴中つけてもあまり暖かくないし、あまり長時間付けていると、月の電気代が大変なことになります。たいして暖かさは感じないのに電気代は半端ないなんて役に立たない機能なのですが、やはり冬は寒すぎるので他の方法を見つけたので記事にしてみました。

冬に浴室暖房機は必要だろうか?

我が家の築3年のマイホームには浴室乾燥機がついています。24時間換気機能がつけたかったので、浴室乾燥機をつけたのですが、換気扇より6万円ほど値段が上がりましたが、換気機能としては十分満足する機能が付いています。

家が建ってから気づいたのですが、浴室暖房機能もついていて、そんな機能がついているとは思わずにラッキーくらいに思っていたのですが、冬の寒い時期に使ってみると気づいた事がありました。

浴室暖房機能はそんなに暖かくないです

入浴するときにつけても入浴中さほど暖かく感じることはなく、かえって暖かい風が吹き降りてくるので、風が体にあたり寒いです。これなら付けないで入った方がいいのではと思って付けないで入るとさほど寒さは変わらなかったです。

それなら早めにつけておいて入浴したらいいだろうと20分前くらいにつけてはいると、暖かくなっていて寒さを感じることはないのですが、その月の電気代を見ると5,000円も高くなっていてとても使う気になれなくなって、それからは使っていません。

ただ若いうちはいいのですが、年をとった時に寒さでヒートショック(温度差の急激な変化による健康被害で、最悪死亡するときもある)になるのが怖いです。それに寒さを我慢して入浴するのは体にも悪いです。

スポンサーリンク

浴室暖房機を使わなくても暖かく入浴する方法

浴室暖房機能を使わないで、電気代はかからず、冬入浴中寒くない方法はないものか色々試してみると1番寒くない方法が見つかりました。

  • 入浴中換気機能を停止させる

換気機能を停止させて入浴するとお風呂のお湯、シャワーの湯気が浴室中に広がって寒さを感じなくなります。浴室暖房機能で浴室を温めた時よりは体感的には寒いですが、湯気の暖かさで寒さを感じることはなく入浴することができますし、何といっても電気代がかからないのがいいです。

換気扇を停止させるので湿度がかなり上がってしまいますが、我が家には隣の洗面所にも換気扇があり、そちらを常時運転させているので、カビなどの心配はないと思います。入浴が終われば直ぐに換気扇も運転させてもいます。

まとめ

浴室暖房機能を冬にひんぱんに使うとかなりの電気代がかかってしまいます。電気の力だけで温めているからそりゃ電気代もかかるのは当たり前ですが、それだと家計が苦しくなります。

それからは浴室暖房機能を使わなくなりましたが、冬の入浴は寒いので我慢するのはきついので他の方法はないかと考え、入浴中だけ換気機能を停止させると湯気で体感的に暖かくなり、寒さを感じずに入浴することができるようになりました。

冬の浴室の寒さに悩んでいる皆さんも入浴中換気機能を停止させて入浴してみてはいかがでしょうか?電気代もかかりませんし、手間も換気扇を停止させるだけです。これだけで、冬の浴室が暖かくなりますので、一度試してみてはどうでしょうか?

ここまで読んでいただきありがとうございました。