プロ野球クライマックスシリーズの必要性について思うこと

スポンサーリンク

今クライマックスシリーズの真っ最中ですが、毎年この時期になるとクライマックスシリーズの必要性につい考えてしまいます。私は応援しているチームが3位から、勝って日本一になっても今の方式だと心から喜べないのではないかと思い納得できるルールについて記事にしてみました。

プロ野球クライマックスシリーズの必要性について考えてみる

はじめはパリーグが採用しましたが、シーズン終盤に盛り上がることからセリーグも導入して今に至りますよね。
詳しくない方に説明すると、シーズンが終わった時点での1・2・3位チームでもう一度試合をして日本シリーズに出れるチームを決めましょうというルールです。リーグの優勝チームは決まっていますので、日本シリーズに行ける権利を争うだけすよね。これって優勝が決まった後にも消化試合をなくすことには役立ちますが、3位同士の日本シリーズなんて誰が見たいと思うのでしょうか?

私はそれで日本一と言われてもどうしても冷めた目で見てしまい、日本一のチームだとは思えないです。つまりこの方式は戦っている間は盛り上がり興業的にも儲かるのですが、日本シリーズが終わると何か腑に落ちない気持ちにさせるんですよね毎年、恐らくそう思っているのは私だけではないはずです。評論家の仲にも否定的な意見を言っている方は多いです。有名なのは張本氏ですが、毎年テレビで批判しています。

スポンサーリンク

クライマックスシリーズのルールを変更したらどうなのか?

クライマックスシリーズはやらない方がいいと思いますが、やるならやるで上位チームをもっとリスペクトしたルールに変更するべきでないかなと思います。今の方式だと上位になった利点が感じられません。今のクライマックスシリーズの方式は

  1. 2位・3位のチームが戦い先に2勝すれば1位のチームと戦える
  2. 1位のチームには1勝の権利があり、先に3勝したチームが日本シリーズに進める

これだとまず2位と3位の違いがありませんし、リーグ優勝しても1勝のビハインドではメリットが少ないのではないかと思います。それに2位・3位が今年のパリーグのようにゲーム差が圧倒的にはなれているのはどう思いますか?10ゲームも離れていて、そのチームが日本シリーズで勝って日本一になってそれで誰がうれしいのでしょうか?私がそのチームのファンならうれしさも少しはありますが、それ以上に恥ずかしい気持ちになってしまいます。

ファンが日本一になって恥ずかしいと感じるルールはやはりどこかおかしいのではないかと思います。もしクライマックスシリーズを続けるのであれば、もう少しルールを変更して誰もが納得する方式にするべきです。例えば

  1. ある程度のゲーム差がついたチームはシリーズには進出できなくする(例えば10ゲームなど)
  2. 1位のチームは2勝のビハインドを与える(つまり1勝すればOKにする)
  3. 2位のチームにも1勝のビハインドを与える

これならリーグ優勝したチームが圧倒的に有利になりますから、それでも下位のチームが勝っても誰もが納得すると思います。2位のチームにも有利な条件を与えることは必要だと思います。今の方式だと2位になろうと3位になろうと差がありません。順位が上のチームには有利な点を与えることが勝負では必要なことであると私は考えています。このルールにすれば最後まで3位のチームも2位になろうとしますし、ゲーム差を縮めようと努力します。

まとめ

ちょうどクライマックスシリーズをやっている時期ですが、毎年この頃になると、クライマックスシリーズに対する不満というか納得いかない感を感じてしまい、今年はブログをやっていることもありここで記事を書いてみました。

せっかくするのだからクライマックスシリーズはすっきりした形でやって欲しいと思います。勝ったチーム、負けたチームのファンも敗退しても納得できる方式ならいいのですが、現状は何かすっきりした感じがしないなら心から試合を楽しむことができないし、それで日本一になっても胸をはって日本一のチームだと思えません。どうせやるなら多くの人が納得する方式でやって欲しいと願っています。

今回はクライマックスシリーズについて書いていますが、もう一つの不満の原因となっているオールスターゲームについて機会があれば書いていきたいと思います。ここまで読んでいただきありがとうございました。