アフェリエイトサイトを作るなら図書館を上手に活用しよう

スポンサーリンク

以前の記事にも書いていますが、サイトを2つ作ってみたんですが、記事を作るときの情報を集めることに苦労して、お金をかけずに図書館で本を借りてみたら思いのほか役だったので記事にしてみたいと思います。毎回本を購入するのも大変なのでお勧めですよ。

サイトを作るときみんな情報はどこから集めるのか?

皆さんはサイトを集めるときにどこから情報を集めますか?自分の趣味の好きなことでもそれを実際に記事にするなら、ちゃんとした情報を載せなければいけないので、資料が手元になければいけないですよね。すべてをネットから集めることもできますが、それだと他のサイトの情報をつぎはぎに集めるだけの中途半端なサイトが出来上がってしまいます。

私が作った1番最初のサイトがこんな感じで、仕事に関係するサイトだったので資料は多量にあったんですが、その本があまりに抽象的過ぎて記事にしづらかったことがあり、他のサイトやウィキペディアからの情報をまとめて書いてしまいました。

自分なりの言葉にして作りましたが、つぎはぎだらけの情報のためにできたサイトもぼやけた感じになってしまい失敗だったと思います。2つ目のサイトは悩み系の小さなサイトを計画して、候補が2つあったのですが、どちらも病気系なので知識が全くないのでネットの情報だけでは心もとなく、本を買うにも数冊も買うのは金銭的に負担だなと迷っていました。

スポンサーリンク

図書館は専門的な本が多くて以外に使える

そこで街の図書館にちょっと行ってみると1つの候補の資料はなかったけれど、もう一つの方は数冊本がありそれを読んで、サイトを作ることができました。やはりきちんとした資料が手元にあるときちんとしたサイトが作りやすいなと感じたので、次に作るときも資料があれば、図書館を利用したいと思いました。

図書館を使うメリットとしては

無料で本を借りることができ、それを元にサイトを作ることができます。「それくらい自分で買えよ」って言われそうですが、使えるかどうかわからない本にお金を出すのは無駄ですから、私が今回借りた3冊のうち1冊は全く役に立たない内容でした。

使える内容なら、Amazonで中古を買ってもいいですしね。レンタル期間がありますが、使える内容の所だけコピーしてもいいですし、プリンターでスキャンしてパソコンに保存してもいいですから。

まとめ

今回はサイトを作るなら資料は図書館で借りれば安上がりですよと言いたかったんです。中古本でも何冊も買うとお金がかかりますし、使える本か確認してからじゃないと無駄にもなります。また、まだサイトにするかわからないジャンルでも図書館で本を借りて読んでおけば勉強にもなりますし、知識深めておけば稼げるアイディアが浮かんでくるかもしれません。

せっかく無料の施設ですから積極的に利用してアフェリエイトに役立てていきましょう。私は次のサイトに何のジャンルを作ればいいのか思いつかないので、明日でも図書館に行って本を見ながら考えてみます。ここまで読んでいただきありがとうございました。