田舎のスーパーがプリンを1000個売った方法、知りたくないですか?

スポンサーリンク

こんにちは、じょんのびです。

他の方のブログを見ていた時に紹介されていた本の帯に「田舎の田んぼが広がるような地域の小さなスーパーが月に1,000個もプリンを売った方法あなたは知りたくないですか?」と書いてあって、気になって直ぐに取り寄せ読んでみました。

アフェリエイト、ブログで悩んでいる私が直ぐに買ってしまった本

「買いたい!」のスイッチを押す方法-この本のタイトルです。帯にかいてある1,000個もプリンを売る方法にもひかれ直ぐにamazonで検索してみると中古ならわずか3円、送料と合わせて260円で売っています。これなら小遣いの少ない私でも買わない手はないな!と思い、直ぐに注文しています。

この本の内容がわかれば、adsense、amazonアソシエイト の収益がまるっきりで、ましてブログのアクセスが低空飛行で伸びない私にヒントを与えてくれるのではないかとまだかまだかと待ち続けていて、届くと直ぐに一気に読んでしまいました。私が期待した以上の内容が書いてあり、これはアフェリエイトにも使えるのではないかと考えています。次に本の内容をかいつまんで紹介してみようとおもいます。

私がアフェリエイトにいかせると思った言葉

この本の中にはアフェリエイトで成功するためのヒントがたくさんつまっています。その中でも私がためになったと思う言葉をいくつか書いていこうと思います。この本の内容はそのままではアフェリエイトで使うことはできないかもしれないですが、自分の中でしょうかしてそれをブログの記事の中で使うことができればアフェリエイトで成功する助けになると思います。

スポンサーリンク

人が「買う」までには2つのハードルがある。

      ①買いたいか買いたくないかのハードル
      ②買えるか買えないかのハードル

これは自分に置き換えてもわかると思います。例えばつりが趣味の人なら有名な釣竿があれば高くても買いたいと思います。ですが、釣りに興味がない人は9割引きと表示していても欲しいとは思わないでしょう。アフェリエイトに当てはめれば買いたい読者に対しての記事を書いていけばいいでしょうし、買いたくない人も買いたいと思わせることは高度な技術が必要で、まして買いたくない人は記事を最後まで読むことも少ないでしょうから。

この本では①のハードルは高いとのべています。それに比べれば②のハードルは低いです。これはリスクのハードルで特に懐具合や、不況などで高くなったり低くなります。①は情動であり、②は理性なので

情動は理性に勝る

どんなに理性で高いからやめておこうと思っても、情動(欲しいという気持ち)は抑えられないです。そしてそう思えば人はどんな理由、手段を使ってでも手に入れようするでしょう。

消費者は「未来の私」を買う

その商品の良さばかりを説明しても読者は買うというスイッチをなかなかおさないでしょう!ですが、それを買った「未来の私」を想像することができればそのスイッチを押す行動を起こすでしょう。

売れない椅子を売る

ある家具店では人が長時間座っても疲れない人間工学を使った椅子を1脚10万円で売っているが、高額なため1年に1脚しか売れなかった。この店の店主はこの椅子にほれこんでいて、何とかお客さんに座ってもらえればこの椅子の良さがわかり売れるのではないかと考えある行動を起こした。するとその月に12脚売れしかも、観光スポットの近くにあるためふらっと立ち寄った観光客までが、どんどん購入するようになった。

この記事を読んだあなたはその理由を知りたいと思います。普通10万もする椅子なんてなかなか売れないですよね。今ならネットで格安で売っていますから、でもこの店長は座れば良さがわかってもらえると確信していたから、あとはお客さんに座るという行動を起こさせる手段を考えればよかったのだと思います。

私もこのブログで自分が良かったと思える商品をamazonアソシエイトを通して紹介していますが、クリックまでは行動を起こしていますが、購入につながっていないので商品の良さやそれを持った「未来」を読者の方に想像させることができていないのがわかります。

まとめ

「おいおいプリンの話はどうなったんだよ」「結局家具は何で売れたんだよ」と突っ込まれそうですが、これは私が中途半端に説明するより、実際に本を手に取って自分で読んでみた方が深く理解できると思いあえて書いていません!他にも購入者の行動を徹底的に分析する。これはブログの記事を検索して⇒記事を読み⇒商品を買いたくなって購入する。までの流れを分析することにつながります。入り口から出口までの流れがスムーズになっていないと読者の購入意欲がそがれ他のサイトに流れてしまうことにもなります。

これ以外にもアフェリエイトで使える情報がつまっている本だと思います。

  • 「アフェリエイトの基礎が学べる本が今なら定価843円が、何と中古本で260円です。」
  • 「アフェリエイトで成功する秘密がつまった本が定価843円が、数量限定で中古本で260円です。買うなら今」
  • 「田舎のスーパーが1,000個のプリンを売った方法知りたくないですか?定価843円の本が、中古本で260円です。売れ切れ確実です」
  • 「10万円もする椅子がふらっと立ち寄った観光客にも売れるわけ知りたくないですか?定価843円の本が、中古本で260円です。数量に限りがあります。」

この中であなたが本を買おうと行動を起こすタイトルはありますでしょうか?ネットではアフェリエイトで成功する方法などの情報商材が売られていますが、その9割は意味がない内容かネットで集められる程度の情報だといわれています。

人は簡単に成功できる情報があるのではないかと思ってしまいがちですが、実際成功している人は日々良質な記事を書くという努力を重ねられる人だけだと思います。

「努力に勝る王道なし」という有名な言葉もあります。この本を読んで内容を深く理解し実績出来れば、日々努力し続けているあなたの成功の手助けになると思います。この記事があなたのブログの手助けになれれば幸いです。

ここまで読んでいただきありがとうございました。