30kg痩せた私が出会った理想の体になれる本

スポンサーリンク

こんにちは、じょんのびです。

今回は私が子供のころから挑戦し続けているダイエットに関することを書いていきたいと思います。子供の時代から太っていた私がいかにダイエットに取り組み痩せることができたのか、またなぜリバウンドをして太って痩せてを繰り返してきたのか?

その経験を通してダイエットを成功させる秘訣を得ることができたので皆さんに知っていただきたいと思います。

私が痩せるまでの道のり

私が痩せた方法を知っていただくためにいかに私が、どのように太っていったかを知っていただきたいと思います。「そんなのいいから早く痩せ方を教えろよ!」という突込みもあると思いますが、まあしばらくお付き合いください。

子供の頃から祖母に好きなものを好きなだけ食べさせてもらっていたので、小学校入学時には肥満体になっていました。その後も太り続け小学生で70㎏大になり、中学3年生で90kg、高校2年生にはMAXの106kgになってしまいました。

思春期になると何とか痩せたいと思い食事制限をしましたが、子供の頃から好きなだけ食べる食生活をしていたので食欲を我慢することができず、家での筋トレはこまめに続けていましたが、減量には結びつかなかったです。

痩せたいという思いが強かったですので、ランニングを何度かやろうかと思いましたが、朝早く起きることができず三日坊主になっていました。ランニングを続けることができず、落ち込み食事制限も続かず段々インドアになり、運動量も減ってきてまた太ってしまうという悪循環に陥っていました。

スポンサーリンク

それならなぜ30kgも痩せられたのか?

MAX 106kgになりさすがにまずいと思い、ただ「どうすれば痩せれるのか方法がわからない」という絶望的な気持ちになっていた時に、歩いて痩せたという人の話を聞きわらにもすがる気持ちにとりあえず始めてみようと思いました。

30~1時間くらい普通に歩くだけなので、運動不足の人間でも続けることができ食事制限と合わせて行うことで卒業時には20kgの減量に成功していました。

大学に進学しても歩きと食事制限を続けていたので一番痩せた時で68kgまで落とすことができました。もうこれで太ることもないから過去の自分ともおさらばだと喜んでいましたが、このダイエットには恐ろしい弱点があったのです。

歩くのをやめると太り続けてしまう!

大学3年から車で通学するようになると、電車で行ってた時のように歩かなくなりました。自分の中でもう太らないだろうという油断もあり気づくと88kgまで太っていました。

あせってまた運動と食事制限で74kgまで落としましたが、その後も社会人になっても油断すると太って82kg位になってあわてて痩せるのを繰り返していました。自分でも何で太ってしまうのか?疑問に思いながら生活をしてきました。

目からうろこが落ちた、太る理由がわかる本との出会い!

この本の中で人間は 

  • 1日で食べる量<消費するカロリー ⇒痩せる
  • 1日で食べる量>消費されるカロリー⇒太る 

と説明しています。消費するカロリーは運動や通勤で使うカロリー+基礎代謝(生活しているだけで使うカロリー)です。本の内容は

  1. 有酸素運動だけだと減量は難しい
  2. 食事制限だけをすると筋肉量が減りリバウンドしやすい体になる
  3. 筋トレをすると基礎代謝が上がり日常生活をしていても消費カロリーが上がるので痩せやすく、太りにくくなる
  4. 年齢とともに基礎代謝が落ちるので同じ食事をしていても太りやすくなるので筋トレで基礎代謝を上げないといけない
  5. 筋トレと有酸素運動を組み合わせて行うとダイエット効果が高くなる

まとめ

この本に出合うことで、いつも感じていた不安がなくなり事実その後は忙しくて有酸素運動ができなくても毎日少しづつ筋トレを行うことで体重の増加があまりなくなり、食事が増えても少しづつ元の体重に戻るようになりました。

この記事を書いたのは昔の私のように太っていることで、落ち込んだり自分を嫌いになって、やりたいことともできなくなっている、あなたが少しでも自分の理想の体型に近づき楽しい生活をしていただきたいと思ったからです。

この記事があなたのダイエットの一助になれれば幸いです。ここまで読んでいただきありがとうございました。

どんなハウツウ本も手元に持っていていつでも見ることが必要になります。ダイエットは長い道のりです、体重が減らないと悩んだり、誘惑に負けそうになることもあります。その時にハウツウ本を手元に持っていることが重要になります。何かに迷ったときに手元にあり直ぐに、内容を見直すことで悩みや誘惑に打ち勝つことができます。